Evernote複数ノートを速く削除する方法【マージがおすすめ】

公開日 2021-12-25 最終更新日 2021-12-26

Evernoteを長く使っていると、ノートブックに不要なノートがたまってきます。
それらを複数選択して削除すると、完了までかなり時間がかかります。

そこでこの記事では、ノートブック内の複数ノートを速く削除する方法を紹介します。

複数ノートの削除はすごく時間がかかる

Evernoteのノートは、一つでも複数でも削除できます。
ただノートブックで複数ノートを選択して削除すると、完了まで時間がかかります。

そもそも一度に選択できるノートは、上限が50と決まっています。
削除したいノートが数百、数千とあれば50ずつ選択し、その都度、削除が終わるまで待っていなくてはなりません。
いつ終わるか、想像するだけでぞっとしてしまいます。

50以上削除するなら、待ち時間がもったいない

おそらく削除に時間の掛かる理由は、一つのノートが削除されるたびリスト内のノートを新しく並び替えるからだと思います。

遅い理由はともかくとして、削除したいノートの数が50以内なら、そのまま放置しておけばよいです。
しかし、同じノートブック内に削除したいものが50以上あるなら、完了しないと次の50ノートを選択できません。
この待っている時間が、何ともかったるいのです。

Evernote複数ノートを速く削除する方法【マージがおすすめ】

「何か速く削除する方法はないか」と思い、以下のようなフローを考えました。
削除したいノートをマージで一つにすると、複数選択で削除するより速く完了できます。

  1. ノートブック内の削除したいノートを選択(上限50ノート)
  2. 削除せずにマージする
  3. マージしたノートを削除
  4. マージしたノートが複数になったら、さらにそれらをマージして削除
  5. 少しでも重くなってきたら、Evernoteを再起動

1つずつ解説します。

1. ノートブック内の削除したいノートを選択(上限50ノート)

まずはノートブック内の、削除したいノートを複数選択します。
ノートの複数選択は続いているノートなら、シフトキーを押しながら始まりと終わりのノートをそれぞれ選択。
飛び飛びのノートなら、⌘キー(WindowsはCtrlキー)を押しながら選択します。

2. 削除せずにマージする

ノートを選択し終わったら、マージします。
マージとは複数のノートを、一つのノートに統合する機能です。

マージのやり方は、複数ノートを選択した状態で右クリックします。
すると「ノートをマージ」の項目があるので、それをクリック。
ポップアップ画面が登場するので、右下の「○個のノートをマージ」をクリックすれば、選択したノートが一つに統合されます。

3. マージしたノートを削除

ノートが統合されたら、それを削除して完了です。
マージに多少時間が掛かりますが、複数選択して削除するよりかなり速く完了できます。

4. マージしたノートが複数になったら、さらにそれらをマージして削除

削除したいノートが50以上あれば、マージしたノートは複数になります。
マージが複数になるなら、それらを選択してさらにマージします。
最終的に一つのノートに統合して、削除します。

ゴミを小さな袋に入れて、最後に大きなゴミ袋にひとまとめにして捨てるイメージです。

5. 少しでも重くなってきたら、Evernoteを再起動する

こうした作業は、ほとんどの人がパソコンのEvernoteアプリで行うと思います。
Evernoteは、作業するうちに重くなります。
特にノートを複数選択して動作すると、どんどん処理スピードが落ちてきます。

マージのスピードが落ちてきたと思ったら、マージ後にEvernoteを再起動しましょう。
再起動すると、Evernoteはまた動作が軽くなります。

再起動せず次のマージへ移るより、適度にリフレッシュさせたほうが結果的に速く終わります。

この方法で2500ノートを削除した

ぼくのEvernoteには、全部で8000のノートがあります。
それもあって、Evernoteの表示がもっさりしています。

そこで不要なノートを削除しようと思いました。
特に「資料・備忘録」と名付けたノートブックには、ノートが4500もあります。
その中には一時期、行っていた、レシートのスキャン画像が大量に入っています。
それらをすべて削除するだけで、少しはEvernoteが軽くなりそうです。

マージも時間がかかるが、複数選択して削除よりかなり速い

そこでノートブック内の複数ノートの削除をやってみましたが、ものすごく時間がかかって「これは厳しい」と思いました。
「何か速く終わらせる方法はないか」といろいろ試し、マージしてから削除する方法を思いついた次第です。

マージでもそこまでサクサクとは進みませんが、複数選択して削除するよりかなりましです。
結果的に3時間半ほどで、「資料・備忘録」に入っていたノートを4500から2000にまで減らせました。

ノートブックを削除すれば中のノートはすべて削除される

Evernoteはノートブックを削除することで、中にあるノートを一括削除できます。
スキャンしていた大量のレシートも、その都度、ひとつのノートブックにまとめておけばよかったです。
そうすれば、そのノートブックを削除するだけで話は終わりました。

大枠のノートブックに特定の種類のノートが増えてきたら、削除の可能性を考え、新たにノートブックを作りそちらに分けたほうがよいですね。

年に一度チェックして不要なノートを削除

Evernoteは便利なだけに、ノートをどんどん入れてしまいます。
しかしノートが多くなりすぎると、動作が重くなるという何とも歯がゆい面があります。
少なくとも一年に一度はノートブックを整理し、不要なノートを削除したほうがよさそうです。

ということでこの記事では、Evernoteの複数ノートを速く削除する方法を紹介しました。
参考になれば幸いです。