FUJI WifiのSIMプランの1年の感想。ほぼデメリットなしなので、継続して使用します

公開日 2020-08-26 最終更新日 2021-05-03

スマホの通信環境は、月々の支払いに直結します。
ぼくは2019年9月から、FUJIWifi を使用し始めました。
執筆時で丸一年が経過しましたが、今のところとても満足に使えています。

そこでこの記事では、1年使ってみてのFUJI Wifiのメリットをまとめてみます。
もちろん良いところばかりでなく、デメリットも同時に書きます。

ちなみに一年前の導入当初のことは、以下に書きました。
設定の仕方など記載しています。

SPONSORED

FUJI WifiのSIMプランを丸1年使った感想は、デメリットほぼなし

ではここから、メリットをご紹介します。
大きく分けて3つあります。

  1. 低価格
  2. 速度が出る
  3. 手続きが楽

1. 低価格

ぼくが加入した2019年9月時点の料金は、50GB(ソフトバンク回線)で月額3,100円でした。
50GBで3,000円を越えるなら、それほど値ごろ感はありません。

ただ当時のFUJI Wifiには、「おまとめ支払い」があったんですよね。
この支払い方法にすると、13ヶ月の先払いで月額換算2,480円で使えることになります。
50GBが月2,480円(税別)なら、安いです。
「おまとめ支払い」にすると、13ヶ月間が終わったあとも、50GB月2,480円で使えます。

新たに「デポコミコース」が登場

ちなみに執筆時点では、「おまとめ払い」の代わりにデポコミコースが登場しています。

FUJI Wifi
FUJIWifi 公式サイトより

デポコミコースは保証金5,000円を預けると、月500円割引されます。
デポジットの5,000円は、12ヶ月後に返却されます。

FUJI Wifi
FUJIWifi 公式サイトより

つまり5,000円を預けることで、1年間、他社へ乗り換えられないようにしているわけですね。
それでも、50GBで月額2,400円(税別)は魅力的な価格だと思います。

2. 速度が出る

ネットを見ると「FUJI Wifiは速度が出ない」と情報を見たりもしますが、自分の環境では「それなり」でした。
地方都市(金沢市)在住で、平日正午のラッシュ時で下り10〜20MB弱くらいです。
それ以外の時間帯では、下り50MB〜くらい出ます。

実際に測ってみたところ、平日正午過ぎの1番のラッシュで8MB。
落ち着いた12時30分ごろで、16MBです。

FUJI Wifi
FUJI Wifi

下り10MB前後は「遅い」と感じる人がいるかもしれません。
スマホで検索やエンタメ消費するには、支障のない速度かなと思います。
ちなみにテザリングも、問題なく使用できます。

3. 手続きが楽

FUJI Wifiの安さの理由は、実店舗を持たないことにあります。
手続きは、すべてネットで完結。
店舗がないからネットで手続きができ、コストが掛からない分、料金も安い。
とても良いサービスだと思います。

デメリットは、先払いだとプラン変更に損失が出る点

メリットばかりではなく、もちろんデメリットもあります。

前述したように、ぼくは料金を「おまとめ支払い」で13ヶ月分先払いしました。
途中でプランを変更したり他社へ乗り換えると、先払いした分は返却されずに損失となります。
現状のデポコミコースの場合、保証金の5,000円は12カ月以内に解約した場合は返却されません。

つまりお得な料金プランを選ぶと、ある程度の縛りが発生するんですね。
これがデメリットと言えば、デメリットです。

自分にとってのベストな選択を

以上、FUJIWifi を丸一年つかっての感想でした。
大容量で安く使えているので、自分にとってはメリットの高いSIMカードとなっています。

これから加入するなら、デポコミコースで500円割引のものをおすすめします。
そして保証金の戻る一年後に、他のプランで良いものがないか再度検討するのが良いでしょう。

音声通話付きSIMの最安

FUJI WiFiはデータ専用のため、音声通話付きSIMと併用して使う人も多いと思います。
音声通話付きSIMの最安プランを以下にまとめました。

SPONSORED