iPhone歴8年のぼくがGalaxy Noteで便利に感じる機能

公開日 2019-09-19 最終更新日 2021-10-21

2019年8月下旬に、ハイスペックAndroidスマホのGalaxy Note 10 Plusを購入しました。
開封とレビューは、以下の記事をどうぞ。

8年間iPhoneを使ってきましたが、Galaxy Noteで「これは便利だな」と感じる点がいくつかあります。
いずれもiPhoneにはない機能なので、余計に便利に思えますね。

3つあるので、1つずつご紹介します。

  1. エッジパネルで、やりたいことがすぐできる
  2. Sペンで、書きたいと思った瞬間にすぐメモできる
  3. YouTubeを見ながら、別のことができる

SPONSORED

iPhone歴8年のぼくがGalaxy Noteで便利に感じる機能

1. エッジパネルで、やりたいことがすぐできる

Galaxy Noteには、どの画面からも開けるエッジパネル画面があります。
エッジパネルとは、よく使うアプリを最大10個まで並べられるサブ画面。
ディスプレイの右端から、中央へスワイプすると出現します。

Galaxy Note 10

普段、使うアプリは、だいたい10個ぐらいに落ち着くものです。
よほどのことがない限り、この10個で事足ります。

しかもどの画面からも、スワイプひとつで出現するのが良いです。
やりたいことが、スピーディーに行なえます。

2. Sペンで、書きたいと思った瞬間にすぐメモできる

Galaxy Noteの特徴は、なんといってもスタイラスペン(Sペン)が内蔵されていることです。
Sペンはジェスチャーでカメラのズームイン・ズームアウトができたりと多機能なのですが、やはり文字を書くオーソドックスな使い方がいちばん使い勝手が良いです。

スリープ状態でSペンを抜くと、即、メモ帳のモードになります。
わざわざアプリを立ち上げずとも、すぐにメモをとれます。

Galaxy Note 10

この機能は、アイデアを思いついたときに重宝します。
メモ帳を起動してフリック入力するより、ちゃっちゃっと手書きしたほうが思考をスムーズにアウトプットできる。
しかも文字が光るため、映画館の上映直後など、薄暗い中でも書くことができます。

メモを書いたらPDFでも画像でも、好きな形式で共有ができます。

先日、映画館で作品を見た直後に、感想をGalaxy Noteへ走り書きしました。
家へ帰りブログに書こうと思って、手書きメモをDropboxへ入れ、Macから取り出してエディタの横に並べて文章を書きました。

すぐに手書きでメモできて、それをデータ化できる。
このフローは、思った以上に快適です。

3. YouTubeを見ながら、別のことができる

最後の機能は、おそらくGalaxy Note特有のものではないと思います。
Androidなら、どれでもできるでしょう。

普段、YouTubeを良く見るのですが、例えばiPhoneだとアプリを閉じれば音声しか聞こえません。
しかしGalaxy Noteは、YouTubeを閉じると小さなワイプに変化するんです。

Galaxy Note 10

YouTubeを見ながらTwitterをできますし、Gmailでメールも打てます。

最も便利だと思ったのが、車に乗っているときでした。
グーグルマップをメイン画面に起動して、ワイプでYouTubeを見れます。

YouTubeは、アンドロイドを開発しているグーグルのアプリです。
そのため自由度が高いのかなと思いますが、いずれにせよ便利な機能です。

良い機能は、今後も紹介していきます

まだGalaxy Noteを使い始めてひと月経っていませんが、便利と思うシーンがたくさんあります。
使っていない機能はたくさんありそうなので、また良い感じのものを見つけたら記事にしたいと思います。

Androidの画面分割で、マルチタスクがはかどる

Android10から、画面を分割して使用できるようになりました。
Android10の画面分割のやり方と、効果的な使い方を以下の記事に書きました。

SPONSORED