Gmailを自動で整理してくれる神機能、メールの自動振り分け設定

公開日 2019-08-15 最終更新日 2021-04-15

Gmailを使っているひとは多いかと思います。

Gmailで特に便利だと思うのは、メールの自動振り分け設定です(※ PCからのみ設定が可能)。
便利な機能でありながら、使っているひとは少ないのではないでしょうか。
この機能を使えば、メール処理がかなり楽になります。
覚えておいて損はない機能です。

この記事では、Gmailの自動振り分け設定について解説します。

SPONSORED

Gmailを自動で整理してくれる神機能、メールの自動振り分け設定

自動振り分け設定とは、その名の通り、届いたメールを自動で振り分けてくれる機能です。
やり方は簡単です。
例えば、「毎週、届くメルマガを、自動的にスターを付けて、受信箱からアーカイブしたいな」と思った場合。

該当するメールを選んで、右上の縦の三点リーダーをクリックします。

Gmail

上から三番目に「メールの自動振り分け」の項目があるのでクリック。

Gmail

右下の「フィルタを作成」をクリックすると、「このメールが届いたときの自動振り分け」を設定できます。

Gmail

今回の場合なら、「□ 受信トレイをスキップする(アーカイブする)」「□ スターを付ける」の2つにチェックを入れるとOK。
右下の「フィルタを作成」をクリックして完了です。

Gmail

この設定の後、該当メールはすべて自動的にアーカイブされスターが付きます。
これを庭の雑草取りみたいな感じでコツコツと設定すれば、一週間くらいで受信トレイは自動的にスッキリします。

必要なメールのみ受信トレイへ入れ、その他は削除する

この自動振り分け機能は、もっと細かく設定することが可能です。

先日も楽天から広告メールが頻繁に届いて、困りました。
楽天のクレジットカードを持っているため、月に1回、明細が届きます。
ところが、この明細を届けてくれるアドレスから広告が届くようになったのです。

このアドレスを迷惑メールに設定すると、明細を確認できません。
かといって今のままでは、興味のない広告を見る羽目になる。
どうしたものかな…、と思っていましたが、この自動振り分け設定で解決しました。

楽天のアドレスを選んで自動振り分け設定をクリックし、「『請求』を含まない」と条件を付けました。

Gmail

その後、フィルタへ進み「削除する」にチェックを入れて設定を完了すれば、請求の文字がついた明細以外、すべて自動的に削除されます。

まとめ

メール処理は非クリエイティブな作業なので、なるべく自動化して時間を生み出したほうが良いです。
Gmailを使っているひとは、ぜひこの「自動振り分け設定」を利用してみてください。
脳に余計なノイズがたまらず、スッキリした状態で仕事に取り掛かれると思います。

迷惑電話を遮断する方法

メール処理と同じように無駄な時間を取られるのが、携帯にかかってくる営業電話です。
iPhoneの設定を利用して、迷惑電話を排除する方法を以下に書いています。
参考にしてみてください。

SPONSORED