グーグルホームの音量調整は、パーセンテージを使えば的確にできる

公開日 2020-01-06 最終更新日 2021-04-19

グーグルホームを使っていると、音量調節したい機会が頻繁にあります。
「OK Google、音量を小さくして」で調整してくれますが、「あれ、小さくなりすぎたな…」とコントロールを難しく感じるかもしれません。

そこでこの記事では、グーグルホームの音量を的確に調整する方法を解説します。
結論から言うと、「10%音量を下げて」など、パーセンテージでの指示が一番調整しやすいです。

SPONSORED

グーグルホームの音量調整は、パーセンテージを使おう

グーグルホームはミニを3台持っていて、毎日フル稼働しています。
特に助かるのが、キッチンなど両手の塞がっているとき。
ニュースや天気予報、音楽と、グーグルホームに話しかけては、情報を取得しています。

ただ問題がひとつあって、音量が一定ではないんですよね。
特にニュースが顕著で、メディアが切り替わるたび、微妙に音量が変わって急にうるさく感じたりします。
声で「OK Google、音量を小さくして」と指示すると小さくなりすぎたり、「OK Google、音量を少し小さくして」と言うと「もうちょっと小さくしてほしい」と感じたり…。
適切な調整を、難しく感じていました。

ところが、解決策は簡単でした。
音量をパーセンテージで指示すれば、一発です。

数値を試して、適正なところを探る

音量調節したいときは、グーグルホームへ「○○%、音量を下げて(上げて)」と言えば、正確にコントロールできます。

自分の感覚では、「音を小さく(大きく)したいな」と思えば、10%きざみ。
「少しだけ、音を小さく(大きく)したいな」と思えば、5%きざみが良い感じ。

ここはそれぞれの感覚になりますので、使いながらベストな数値を探っていくのが良いですね。

そばにあるなら、指での操作も簡単

ちなみにグーグルホームは、手動でも音量の調節ができます。
グーグルホームは、本体上の丸い部分を指で時計回りになぞると音量アップ、逆回りなら音量ダウンです。

ボタンらしきものの見当たらないグーグルホームミニ(ネストミニ)の場合、コードを上にして右はしをトンと叩けば音量アップ、左はしを叩けば音量ダウンです。

グーグルホームミニ

離れていても、声で指示できるのが便利な点

近くにグーグルホームがあって手が空いていれば、指で調節したほうが速くできますが…。
少しでも離れているなら、声の操作のほうが、スピーカーに近寄らなくて良いので楽。

グーグルホームは使っているうちに、生活になくてはならないものになってきます。
機能を使いこなして、より快適な毎日を過ごしていましょう。

グーグルホームを使ってのメモの取り方

便利なグーグルホームですが、メモ機能のないのが欠点です。
カレンダーへ予定を入れるという方法で、メモができます
そのやり方を以下の記事に書きました。

SPONSORED