【ヘルシンキ市立博物館】無料で入れて観光の拠点にできる

ヘルシンキ市立博物館

公開日 2019-07-04 最終更新日 2021-10-24

ヘルシンキに来て突然の雨に襲われました。
そこで雨宿りがてら、無料で入れるヘルシンキ市立博物館へ行ってみることにしました。

SPONSORED

【ヘルシンキ市立博物館】無料で入れて観光の拠点にできる

場所はメトロのヘルシンキ大学駅から徒歩5分。
ヘルシンキ大聖堂のすぐ近くです。

入り口はいくつかありますが、いずれも表に紫地に黄色の文字で「HELSINKI CITY MUSEUM」と書いてあります。
わかりやすいですね。
その下には「ALWAYS FREE ENTRY(無料で入れます)」と記載されています。

ヘルシンキ市立博物館

施設の一階は、椅子がたくさん置かれているラウンジスペース、ショップ、カフェがあります。
無料で使えるロッカールームまで設置しています。
さすが市の施設です。いたれりつくせり。

ヘルシンキ市立博物館

ショップの奥にあるカフェスペース。
大きな窓で日当たり良いです。

ヘルシンキ市立博物館

こちらも無料で使えるロッカールーム。

ヘルシンキ市立博物館

喉が渇いたらカフェに入ってもいいですし、ラウンジで足を休めてもいいですね。
観光はどうしても歩く距離が長くなります。
無料でくつろげる屋内スペースは本当にありがたい。

2階は街の歴史を知れる展示スペース

2階にはヘルシンキの歴史を駆け足で見られる展示スペースがあります。
1930年台の街並みみや海水浴の様子を知れて、「なるほどー」と感心します。
一角には1950年台の一般的な住宅の一室を再現してあり、当時のリアルな生活を感じられます。

ヘルシンキ市立博物館

昔のバーも再現しています。

ヘルシンキ市立博物館

おそらくこの展示の目玉は、1878年の街の様子を再現した巨大ジオラマでしょう。
タブレットがいくつか備えてあり、ARを使ってクイズに答えながらヘルシンキの歴史を知れるようになっていました。
子どもが夢中になって使っていましたね。

ヘルシンキ市立博物館

当時の海岸でくつろぐひとびとの様子。
ランプやランチボックスも展示されています。

ヘルシンキ市立博物館

まあ全般的に珍しいものがあるわけでなく、市の施設らしいこぢんまりとした感じです。
見応えは期待しないほうがいいですが、一通り見るとヘルシンキへの造詣が深まることは確か。
休憩がてら見に行ってみてください。

詳細情報

住所:Aleksanterinkatu 16, 00170 Helsinki
開館:土曜〜日曜11時〜17時、月曜9時〜17時、火曜〜金曜9時〜19時
休み:なし
料金:無料
電話: 09 31036630

フィンランド・ヘルシンキの関連記事

SPONSORED