iPhone13 Pro Max開封レビュー【スクロールが快適】

公開日 2021-09-27 最終更新日 2021-10-24

2021年9月24日に、iPhone4機種が発売しました。
ラインナップは12と同じ、「mini・無印・Pro・Pro Max」の4つです。
ぼくの手元にもiPhone13 Pro Maxが届いたので、開封レビューと少し触ってみた印象を写真とともに書いてみます。

SPONSORED

iPhone13 Pro Max開封レビュー【スクロールが快適】

購入したのは、iPhone13 Pro Maxのシルバー・128GBストレージモデル。
Proモデルの中で128GBが唯一、新しく加わった動画形式ProResの4K撮影ができません(1080p、30fpsまで)。
ProResはデータ容量が大きいため、128GBモデルではすぐに足りなくなるからでしょう。
ProResで4K動画を撮りたい人は、256GB以上を購入する必要があります。

ぼくはiPhoneでほぼ動画を撮らないので、例年通り最小ストレージを選択しました。

開封レビュー

では、開封していきます。
まずはパッケージから。

箱がよりエコに

iPhone13 Pro Max レビュー
iPhone13 Pro Maxのパッケージ

箱の大きさや質感は、iPhone12 Pro Maxと変わりません。
iPhone13 Pro Maxはカメラ性能がアップしているため、パッケージにはカメラの入った裏面をプリントしています。

箱の変化として、ビニールのシュリンクがなくなりました。
その代わり裏面の矢印を引っ張ると、上蓋を開けられます。
去年からのパッケージの小型化といい、環境に配慮しているAppleの姿勢がうかがえます。

iPhone13 Pro Max レビュー
裏面の矢印を引いて、上蓋を開ける

iPhone12 Pro MaxとiPhone13 Pro Maxの箱を並べてみました。
大きさは、ほぼ同じです。

iPhone13 Pro Max レビュー
箱の比較。左がiPhone13 Pro Max。右がiPhone12 Pro Max

iPhone13 Pro MaxとiPhone12 Pro Maxの比較

早速、iPhone13 Pro Maxを取り出しました。
見たところ、iPhone12 Pro Maxとそっくり。
ぼくは去年もシルバーを買っているので、一台だけでは12か13か見分けがつかないかもしれません。

iPhone13 Pro Max レビュー
iPhone13 Pro Maxの裏面

そこでiPhone12 Pro Maxを横に置いて、比べてみました。
左がiPhone13 Pro Max、右がiPhone12 Pro Maxです。

iPhone13 Pro Max レビュー
左がiPhone13 Pro Max、右がiPhone12 Pro Max

こうして並べてみると、色はiPhone13 Pro Maxのほうが少し黄色っぽいです。
一方、iPhone12 Pro Maxは、少し青みがかっています。
好みがあると思いますが、ぼくはiPhone12 Pro Maxの色味が好きでしたね。

明確な相違点に、カメラレンズの大きさがあります。
iPhone13 Pro Maxは、12に比べ一回りほど大きいです。
カメラレンズのサイズが変わったため、iPhone12 Pro Maxのケースは使えません。

iPhone13 Pro Max レビュー
カメラレンズの大きさが明らかに違う(左がiPhone13 Pro Max)

ノッチが約25%小さくなった

ディスプレイ面です。

iPhone13 Pro Max レビュー
iPhone13 Pro Maxのディスプレイ面

iPhone13 Pro MaxはiPhone12 Pro Maxよりも、上部のノッチが25%ほど小さくなりました。

iPhone13 Pro Max レビュー
ノッチが約25%小さくなった(左がiPhone13 Pro Max)

サイド面は前作から変わらず

サイド面を順番に確認していきます。
サイドの素材は、iPhone12 Pro Maxと変わらずステンレススチールを採用しています。
ボタンの配置は、変わっていません。

右サイドには、電源ボタンがあります。

iPhone13 Pro Max レビュー
右サイド。電源ボタンがある

上部には何もなし。

iPhone13 Pro Max レビュー
上部はスッキリしている

左サイドには、音量ボタンとマナーボタン。
SIMカードスロットルも、左サイドにあります。

iPhone13 Pro Max レビュー
左サイド

底面には、Lightningコネクタとスピーカーが配置されています。

iPhone13 Pro Max レビュー
底面はコネクタとスピーカー

簡素な付属品

付属品はSIMピンとAppleのステッカー、取扱説明書。
あとは、Lightning-USBCケーブルが付いていました。
アダプターはなし。

簡素な方が好みなので、少ない付属品は個人的に歓迎します。

iPhone13 Pro Max レビュー
ステッカー、取説、SIMピン
iPhone13 Pro Max レビュー
Lightning-USBCケーブル

リフレッシュレート120Hzのヌルヌル感

実際に起動して、少し触ってみました。
起動画面の文字は、丸みのあるフォントで親しみやすいです。

iPhone13 Pro Max レビュー
起動画面の“hello”の文字

セッティングを終えて、Safariでしばらくブラウジングしてみました。
iPhone13 Proシリーズの売りのひとつは、ディスプレイのリフレッシュレートが最大120Hz対応になったことです。

iPhone12 Pro MaxとiPhone13 Pro Maxとのスクロールを比べると、やはり明確に感触が違いました。
13のほうが滑らかなのはもちろん、スクロール時のちらつきを感じません。

iPhone12 Pro Maxを使っているときも、当然ながらちらつきなど感じませんでした。
しかしiPhone13 Pro Maxと比べてみると、12はディスプレイの挙動がぎこちなく感じます。
「リフレッシュレート120Hzに慣れたら、60Hzには戻れないな…」と思いました。

ディスプレイのリフレッシュレートは、使っているときの快適さに直結します。
今回のアップデートはカメラ機能よりリフレッシュレートの方が、個人的には大きいと思いました。

まとめ

わずかな進化にとどまった、iPhone13 Pro Max。
そうは言っても、やはり「現時点での最高のiPhone」と呼ぶにふさわしい感触でした。
しばらく使ってみてから、改めて気づいた点などレビューしてみます。

関連記事

iPhone13 Pro Maxは、前作に比べカメラと動画性能が向上しました。
動画の形式はProResに対応し、よりProの称号にふさわしいスペックになっています。
以下の記事で、 iPhone13 Pro Maxをスペック面からレビュー しました。

SPONSORED