ジョギングを長く続けるために決めた3つのルール

習慣

ジョギングを始めて、1ヶ月が経ちました。
ジョギングは三日坊主の代表選手のようなもの。
これまでに何回か始めてみるものの、文字通り3日ほどでやめた経験が何度もあります。

それが今回は1ヶ月以上、続けられているわけですが、そのために3つ決めたことがあります。
この記事では、ジョギングを続けるために設定した3つのルールを紹介します。

ジョギングを長く続けるために決めた3つのルール

決めたルールは、以下です。
順に紹介します。

  1. 晴れの日しか走らない
  2. よいシューズを買う
  3. ゆっくり走る(無理しない)

1. 晴れの日しか走らない

自分の住んでいるのは、石川県金沢市です。

金沢市は、日本で最も雨の日の多い都市です。
なんとその割合は、約50%。
2日に1回は雨が降るのです。

雨の日に走るのは苦行

以前、ジョギングを始めたときは、律儀にも「雨の日も走ろう」と思っていました。
毎日つづけないと、習慣化しないと思ったのです。

そのため、雨具まで購入。
準備万端にしたものの、結局、三日坊主で終わりました。
なぜならいくら雨具を用意しても、雨の中ジョギングするのは大変だからです。

体は濡れないにせよ、シューズと靴下はびちょびちょになります。
お分かりだと思いますが、シューズと靴下が濡れると非常に不快です。
しかも翌日も濡れたシューズで走る羽目になり、まったくモチベーションが上がりません。
また自分はメガネを掛けているので、雨粒がレンズに付着しこれまた不快指数をアップします。

こうして朝起きて雨が降っていると、「走りたくないな…」と思って走らない日が生まれ、そのうち続かなくなる。
そんなことを何回か経験しました。

晴れても雨でもうれしい

その経験から、今回は最初から「雨の日は走らない」と決めました。
こう決めると、なんと気が楽なことか。
雨が降っていれば走るのを休めてうれしいし、晴れている日は気持ちよく走れるのでこれまたうれしい。
どちらにせようれしいので、気分のアップダウンが少なくなります。

続けるには、気持ちを上げる努力より下げない仕組みが大切。
気持ちが下がらなければ、習慣が途切れることはありません。
「雨の日に走らない」と決めたのは、続ける上で効果的でした。

2. よいシューズを買う

それまで思いつきでジョギングを始めても、手持ちの適当なスニーカーで走っていました。
今回はそれを改め、「きちんとしたジョギングシューズを買おう」と決意。
ニューバランスのFRESH FOAM 1080を購入しました。

たまたまタイミングよく現行の最新モデルが出たばかり。
15,000円弱くらいで買いました。
ジョギングシューズにそれだけの費用を掛けたのは、人生で初めてです。

シューズに投資して良かった

このシューズの購入がとても良かった。
なにしろクッションがよく効いて、弾むように走れます。
楽に走れるようになったのと、膝など足を痛めにくいのもよいです。
専用のシューズのおかげで、フォームも良くなっていると思います。

基本的にジョギングは、お金のかからないスポーツのひとつです。
ただ「ショーズだけは、それなりによいものを買った方が続けられる」と今回思いましたね。

3. ゆっくり走る(無理しない)

「自分の体を、生涯で一台しか乗れない車のように大切にしなさい」

これは投資家バフェットの言葉です。
実際にはもう少し長いフレーズではありますが、ポイントは「与えられている体は替えの効かない唯一のもの」というメッセージ。

バフェットの言葉に影響を受けた

もし生涯にたった一台しか車を与えられないとしたら、誰もがその一台を大切に扱うはずです。
無駄な走行はなるべく避け、質の高いガソリンを入れ、急発進・急ブレーキはしないでしょう。
かといってガレージに停めっぱなしでは返って傷んでくるので、適度に走行もすると思います。

一人一人に与えられている体は、まさに「たった一台の車」という表現がぴったりきます。
このバフェットの言葉を知ったときに「確かにそうだ。体をもっと大切にしよう」と考え、ジョギングを始めることにしたのです。

無理して体を壊しては元も子もない

大切な体ですから、無理して膝や足首を痛めては元も子もありません。
そう思い最初の1ヶ月は、1キロ7分〜8分ほどとゆっくり走ることにしました。
この程度の速度なら体に負担がかからず、どこも痛くなりません。

ジョギングを始めてすぐは、モチベーションが高くて無理したくなります。
無理すると反動が来て、その結果、三日坊主で終わるのはすでに経験済みです。
「速く走りたい、もっと走りたい」とはやる気持ちをグッと押さえ、意識的にゆっくり走った結果、特に体に違和感なく快適に走れています。

距離と速度を上げるのは、もう少し体が慣れてきてからにします。

続けることを一番に考える

ということで、今のところはジョギングを続けられています。

気温の暖かいうちは大丈夫だと思いますが、問題は秋の寒くなってから。
「気温の低い朝の時間帯でも、ジョギングを続けられるだろうか?」と今のうちから心配ではあります。
まあ寒くなってきたら手袋を着けたりニット帽をかぶったりして、防寒対策すればいいか。

ジョギングすると体だけでなく、メンタルの調子も良くなります。
体のために始めたジョギングでしたが、むしろ今はメンタル面のために続けたい感じです。
ジョギングのメリットは、以下の記事にまとめています。
>> 朝のジョギングを始めてみて気づいた、効果とメリット

今後も「継続を最優先事項」に、ジョギングを楽しんでいこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました