ソニーからニューコンセプト・イヤホンのLinkBudsが登場

イヤホン・ヘッドホン

当ブログでも何度か紹介しているワイヤレスイヤホンですが、SONYから新しいコンセプトのイヤホンが発売されます。
その名も、LinkBuds(型番WF-L900)。
発売日は、2022年2月25日です。

この記事では、LinkBudsの概要を解説します。

ソニーからニューコンセプト・イヤホンのLinkBudsが登場

公式サイトを見ればわかりますが、SONYは基本的にイヤホンに型番しか付けません。
そのため「LinkBuds」と商品名が別に付くのは、とても珍しいです。

LinkBudsの型番はWF-L900。
WF-Lは新しく付与しているナンバリングです。
そのことからも、LinkBudsが新しいラインナップと推測できます。

外観の特徴

SONY公式サイトより

LinkBudsのいちばんの特徴は、その形状です。
イヤホンと聞いて多くの人が想像するのは、ドライバーにイヤーピースの付いた形でしょう。

ところがLinkBudsには、イヤーピースがついていません。
振動するドライバーの中央部は、ドーナツのようにぽっかり穴が空いています。

一見、「どうやって着ければいいのか…」とイヤホンを手に固まってしまいそうです。
着け方は穴の空いた部分を耳の穴にフィットさせ、逆サイドのフックを耳上部の内側に引っ掛けます。

SONY公式のYouTubeがわかりやすいです。

耳の上部内側に引っ掛けるフックは、「XS・S・M・L・XL」の5種類が付属しています。
実際に着けてみないとわかりませんが、それだけのサイズがあればフィットしないことはなさそう。

イヤーピースの苦手な人は、この特殊な形状だけでも試してみる価値がありそうです。

操作方法

LinkBudsは小型化して話題になったWF-1000XM4より、さらに形状が小さいです。
そのためボタンはおろか、WF-1000XM4のように指先でタップするパッドもありません。

ではどうやって操作するかといえば、傾きを察知するジャイロスコープが付いており、LinkBuds本体もしくは周辺の皮膚をタップします。
すると振動を感知して、再生/停止や音量調節ができる仕組み。

形状だけでなく、操作方法も斜め上をいっています。
変化球の好きな、SONYらしい製品です。

環境音を自然に取り込める

WF-1000XM4にしろAppleのAirPodsにしろ、ワイヤレスイヤホンのトレンドは「静寂での音楽体験」です。
そのためノイズキャンセリング機能がついており、音を遮断する耳栓タイプのカナル型が主流。

一方、LinkBudsは、その方向性の真逆をいきます。
穴の空いた形状で、静寂よりむしろ環境音を積極的に取り込むのです。
その構造からノイズキャンセリング機能はついておらず、音楽に没頭するというより、部屋のスピーカーで聴いているようなナチュラルな体験です。

コンセプト

つまりLinkBudsのコンセプトは、「日常生活に自然と音楽を取り込む」 です。

「ならスピーカーでいいじゃないか」という意見もあると思います。
もちろん一人暮らしで、ずっと家にいるならスピーカーで好きな音楽を鳴らせばよいですね。

しかし家族や同僚と一緒の空間にいるなら、そうもいきません。
部屋にかける音楽は全員が不快に思わないものにしないといけないし、好きな音楽を聴きたいからと密閉したイヤホンを着けているとコミュニケーションが遮断されます。
こういった「お気に入りの音楽を聴きつつ、会話も自然に楽しみたい」を満たすのが、LinlBudsです。

コンセプトは、SONYの開発者インタビューから汲み取れます。

我々は既存製品でも「外音取り込み」機能で外の音を聞き取りやすくしているのですが、それよりもさらに進んだ、まるで耳を塞いでいないように聞こえるようにするにはどうすれば良いのかを開発初期に設計、デザイナーと深く検討しました。結果、行き着いた答えがドライバーユニットに穴を開けて外音を直接耳に届けるという形状だったのです。

SONY公式サイト「開発者INTERVIEW」より

実際、プロモーション・ビデオでも、着けたまま同僚と話をしたり買い物したりするイメージが映されています。

カナル型イヤホンにはない、3つのメリット

といったことで、LinkBudsのメリットをまとめると以下の3つになりそうです。

  1. 環境音を自然に取り込める
  2. 音楽を聴きながら会話できる
  3. 疲労感が少ない

1. 環境音を自然に取り込める

環境音は、カナル型のノイズキャンセリング・イヤホンでも取り込めます。
しかしその場合は外側に設置したマイクで環境音を拾い、それを内側のスピーカーで鳴らすという、いわば不自然な形を取ります。

一方、LinkBudsは穴が開いているため、直接耳に環境音が入ります。
街なかで着けながら歩いても、違和感なく周囲の音を取り込めそうです。

2. 音楽を聴きながら会話できる

環境音と同じように、話しかけられた際の音声も耳に自然に届くようです。
イヤホンを外さずとも音楽を切らなくても、そのままの状態で会話したりレジで買い物したりができる。
これはイヤホンをずっと着けている人にとって、想像以上に快適に思えます。

またカナル型は耳の穴に隙間なく押し込んで密閉させるため、不自然な感覚が生じます。
着けたまま内蔵マイクで電話に応じると、自分の声が水の中にいるようなくぐもった感じに聞こえますね。
開放型のLinkBudsは穴のあいた部分から自分の声を聞き取れるため、そういった不自然な感覚も出ないでしょう。

3. 疲労感が少ない

この製品のコンセプトは、「イヤホンを着けたまま、日常生活を自然に送る」です。
そのため形状は、これまでのソニーのイヤホンのなかで最も小さく、また軽いです。

その小さな形状とイヤーピースのない独特な構造で、着けているときの疲労感が少なそうです。

発売は22年2月25日

このようにLinkBudsは、これまでにない形状で新しいコンセプトの製品となっています。
ノイズキャンセリング機能が付いていないからか、価格は23,100円とWF-1000XM4より1万円ほど安いです。

発売は2022年2月25日。
早速、予約してみたので、製品が到着したら開封や使用感を改めて記事にしてみます。

他のイヤホン・ヘッドホンの記事は、以下からどうぞ。
>> イヤホン・ヘッドホンの記事一覧

タイトルとURLをコピーしました