良質な情報はSNSではなく有料メルマガから【おすすめ3つ】

公開日 2021-11-09 最終更新日 2021-11-14

言うまでもなく、現代は情報があふれています。
ひと昔前は新聞全紙に目を通す人もいたでしょうが、ウェブの情報をすべて網羅するのは、現実的に不可能です。

特にTwitterなどSNSは、信憑性の低い情報が多々あります。
そんな玉石混交の中で、良質な情報をいかに効率よく得るかは悩みの種。

そこでこの記事では情報取得において、SNSより有料メルマガが信頼できる理由を書いてみます。
記事の後半では、ぼくが購読している有料メルマガのうちおすすめ3つを紹介します。

良質な情報はSNSではなく有料メルマガから

SNSからでも、良い情報を得ている人はいるでしょう。
一方ぼくは、基本的にかなり距離を置いています。
その理由は、SNSに流れる情報はアテンションが過剰だからです。

SNSは注意をひくため過剰な表現にならざるを得ない

アテンションは日本語で、注意や注目といった意味です。

広告の理論に、AIDMA(アイドマ)があります。
趣旨から外れるので詳しく解説しませんが、AIDMAのAはアテンションです。
広告を見てもらうには、まず注目されなければなりません。

SNSも広告と同じで、拡散やいいねをもらうには注目される必要があります。
そのためSNSでは実際より盛って表現したり、刺激的な部分だけ切り取ったりと、事実と離れたものが見られます。

それら過剰なツイートが拡散され大きなエネルギーを持つと、あたかも本当のように思えてきます。
SNSは気をつけないと、自分自身がフェイクニュースに踊らされます。
広告のように無料で簡単に読めるだけに、SNSは良質な情報を見極めるのが難しいのです。

有料メルマガは、過剰な表現をすると読者の信頼を損なう

その点、有料メルマガは、そもそもアテンションを集める必要がありません。
なぜなら金銭を払った購読者へ届けられるため、読んでくれることが前提としてあるからです。

むしろ注意を引こうと裏付けのないフェイクニュースをメルマガに書いては、信用を失い、購読者は離れます。
発信者にとって、SNSと有料メルマガとは生存戦略が真逆。

読者にとって有料メルマガは金銭の掛かるデメリットはありますが、良質な情報を手に入れられるメリットもまたあるというわけです。

有料メルマガで得られるのは新しい視点

情報と言っても、有料メルマガはニュースや新聞でないため、信憑性の高い情報をたくさん羅列してはいません。
社会で話題になっていることを、「私はこういう視点で見ていますよ」と視点の共有をしてくれます。

そのため「ともかくたくさんの情報を得たい」といった人には不向き。
「この人の物事を見る視点は、自分のためになる」と思った場合に、購読するメリットが発生します。

おすすめの3つのメルマガ

「情報取得は有料メルマガがよい」と言っても、やはり有料のものは手を出しにくいです。
その点、メルマガスタンドの まぐまぐ夜間飛行 などは、初月購読無料の特典を設けています。
無料期間を利用して、色々なメルマガを試し読みするのが良いと思います。

ではここから、ぼくの購読しているメルマガのうち3つを紹介します。

  1. 高城未来研究所『Future Report』
  2. 中島聡氏『週刊 Life is Beautiful』
  3. ちきりん氏『Voice of ちきりん』

1. 高城未来研究所『Future Report』

高城未来研究所『Future Report』は、作家であり、映像や写真のクリエイターである高城剛氏が発行しているメルマガです。

発行頻度は、毎週金曜。
価格は、月額880円です。

>> 高城未来研究所『Future Report』

人気コンテンツはQ&A

メルマガの内容は、高城剛氏の近況や世界情勢の解説、読者からのQ&Aなど。
いちばん人気あるコンテンツは、おそらく読者からのQ&Aです。
文字通り読者からの質問や悩みに、高城剛氏が答えています。

情報に振り回されず、自分自身と向き合うことの重要さに気づく

このメルマガの魅力を説明するのは、正直難しいです。
一言でいうなら、「自分と向き合うことの大切さ」を学べること。

ぼくたちは普段、あらゆる情報に振り回されて生きています。
コンビニで何気なく購入した商品は、テレビCMの影響かもしれません。
今日、会社の同僚と雑談した内容には、信憑性の低いTwitterの情報が混じっていたかもしれません。
ぼくを含め多くの人は情報にコントロールされており、またそれに気づいてすらいません。

高城剛氏は「情報に振り回されず主体的に生きよう」などストレートに書くわけでなく、そういった生き方を押し付けるでもありません。
ただQ&Aの回答を読むと、その根底には「外の刺激より自分の内側が大切」と共通のメッセージを汲み取れます。
そのため毎週読んでいると、「情報に左右されず、自分の心の声に耳を傾けよう」と思えてきます。

抽象的な解説になって恐縮ですが、たくさんの情報に疲れ気味の人は、高城剛氏のメルマガは「効く」かもしれません。

2. 中島聡氏『週刊 Life is Beautiful』

作家であり、ITエンジニア、投資家でもある、中島聡氏のメルマガです。

発行頻度は、毎週火曜。
価格は、月額880円です。

>>『週刊 Life is Beautiful』

右クリックやダブルクリックを生み出した人

中島聡氏はWindowsに入社し、Windows95の開発に携わったことで有名です。
現在、当たり前に使われている右クリックやダブルクリック、ドラッグ・アンド・ドロップなどは、中島聡氏の開発と知られています。

タイトルの『Life is Beautiful』とは、もともと 中島氏が運営していたブログ のタイトルです。
ブログのエントリーがはてぶなどで拡散し有名になり、2011年より有料メルマガ化しました。
(ブログも2018年までは、断続的に続いていたようです)

難しい内容をわかりやすく解説してくれる

メルマガの内容は、ITを中心とした話題のトピックの深堀りや、ニュース記事の解説、読者からのQ&Aです。
著者自身の物理工学や高等数学の知見をベースに、ITの技術的なトピックやトレンドをわかりやすく解説しています。

ぼくは完全な文系人間で、物理や数学の素養は中学レベルで止まっています。
そんなレベルの人間が読んでも、中島聡氏のメルマガをおもしろいと感じます。
「なるほど、そういうことか」と毎回、深く感心させられるのです。

これは、とてもすごいことだと思います。

難しいことをわかりやすく書くには、高度なテクニックがいる

簡単なことを、さも難しく伝えるのは容易です。
意味不明な言い回しや、難解な言葉を選択すればよいからです。

しかし難しいことをわかりやすく伝えるには、高度なライティング技術が必要です。
中島聡氏はそのことを自覚しており、難しいものをわかりやすく噛み砕いて伝えています。

ITに関心がない人が読むとついていけないかもしれませんが、ぼくのように理系の素養がなく、それでもITの状況や背景を知りたい人は、得るものが多いと思います。

まずはヒットした書籍から読んでみてほしい

ぼくが中島聡氏のメルマガを購読したきっかけは、ヒットした書籍『 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか 』を読んだことでした。

この本については、以下の記事にレビューを書いています。
書籍はKindle Unlimitedで読めるので(執筆時点)、興味を持ったらページを開いてみてください。

>> 中島聡 著『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』レビュー

3. ちきりん氏『Voice of ちきりん』

最後の『Voice of ちきりん』は、メルマガでなく音声プラットフォームの Voicy です。

配信頻度は、毎日。
価格は月額1,100円ですが、そのうち2/3は無料で聴けます。
(無料配信部分は、一定期間を経ると有料になります)

>> 『Voice of ちきりん』

ちきりん氏は、人気ブロガー

ちきりん氏は、膨大なPV数を集めるブログ『 Chikirinの日記 』の著者です。
書籍を何冊か発行しており、いずれもベストセラーになっています。
ちきりん氏のTwitter のフォロワーは、執筆時点で36万人。

ブログや書籍の内容は、社会問題の解説と物事に対する考え方の指南です。
特に社会問題の視点が鋭く、一つの現象や事件をその背景や周辺への影響を含め、俯瞰的に捉えます。
ブログや書籍ではその視点を、わかりやすく読みやすい文体で書いています。

配信のうち1/3は有料会員が聞ける

『Voice of ちきりん』では、ブログと同じように社会問題や、コンテンツクリエイターがやるべきこと・やってはいけないこと、プライベートな事柄などを話しています。

配信の3回に1回が、有料会員のみ聞けます。
有料配信では、かなり踏み込んだ内容を伝えてくれます。

俯瞰した視点を知ることができる

ぼくは、物事を俯瞰的に見るのが苦手です。
何か現象があったら、目に見える部分だけで納得した気になりがち。
そのためちきりん氏の俯瞰した視点はとても参考になるし、自分の狭い視野を広げる手助けになります。

ちきりん氏のコンテンツのうち、ブログとTwitterは無料で読めます。
『Voice of ちきりん』も、配信のうち2/3は無料で聞けます。
(繰り返しになりますが、無料配信部分は一定期間を経て有料会員限定に変わります)

無料のコンテンツを読んだり聞いたりした上で、ちきりん氏の視点に共感できるなら、『Voice of ちきりん』の有料会員を検討してみて良いかなと思います。

メルマガは固定費なので、購読し過ぎに注意

ぼくの購読しているのは、すべて月額課金のメルマガです。
このように定額課金モデルをサブスクリプションと言いますが、増やしすぎると固定費が増えて家計を圧迫してしまいます。
メルマガはそのまま固定費になるので、自分で上限を決めて購読するのをおすすめします。

ちなみにぼくの登録しているサブスクを、以下の記事で紹介しています。
参考になれば幸いです。
>> 登録中のサブスクを紹介【固定費を把握し無駄な出費なくす】

まとめ

以上、有料メルマガの良さの解説と、おすすめ3本の紹介でした。

有料メルマガが流行りだしたのは、2010年台の初頭です。
その後、SNSが台頭してからは、「メルマガは廃れる」と言われました。

しかしぼくの印象ではSNSと違い、価値のある可能性が高く、また書籍より鮮度の高い媒体として定着したと思います。

これまで有料メルマガを読んでいなかったひとは、まぐまぐや夜間飛行、noteの月額マガジンなど、ウェブで手に入る有料の発行物にも目を向けてみてください。