西出光一郎 / Koichiro Nishide

1973年、石川県加賀市山中温泉生まれ。金沢市在住。
35歳から雑誌編集の仕事を通じて、写真を撮り始める。
2016年10月に写真家の伯父・富岡省三氏が他界。
2017年8月より空き家となった伯父の家で暮らし始める。
2018年7月、伯父が使っていた防湿庫から、中判フィルムカメラのHasselblad 500C/Mを見つけ、フィルムカメラで写真を撮り始める。
2018年12月から2019年1月の2ヶ月間、ヨーロッパへ単身わたり、Hasselblad 500C/M で写真を撮る。
2019年7月、3週間かけて北欧を旅する。
2020年7月、北欧で撮った写真をまとめた写真展『NORDIC LIGHT』を金沢市で開催予定。

 

「なぜ、Hasselbladを使うか?」

撮るまでに時間が掛かるから、ハッセルブラッドは自分に必要なカメラ