iPhone・リマインダー通知は長押しで処理【手早く実行済みに】

公開日 2021-12-27 最終更新日 2021-12-27

このブログではApple純正アプリの、リマインダーとカレンダーの活用を何度か提案しています。
iPhoneには様々な機能がありますが、リマインダーとカレンダーは生活のペースをつかむのにとても便利なアプリです。

これら2つのアプリから通知が来たとき、すぐに消去しているならもったいない。
長押しすることで、次のアクションにつなげられます。

そこでこの記事では、リマインダーとカレンダーの通知機能の便利な使い方を紹介します。

iPhone・リマインダー通知は長押しで処理【手早く実行済みに】

本題の前に、スマホの悪口をちょっと書きます。

スマホはメールやSNSなど、コミュニケーションを取るのに優れたツールです。
そのためスマホがそばにあるだけで、そちらに意識を取られます。
「意識を取られる」とは、わかりやすく言うと「脳の処理能力が低下する」です。
もっとわかりやすく言うと、スマホがそばにあるだけでバカになります。

詳しくは、書籍の『スマホ脳』が参考になります。

そのため作業中はスマホを遠ざけたほうが良いですし、メールやSNSの通知はオフにしたほうが集中力を保てます。

リマインダーとカレンダーは通知をオンに

ただリマインダーとカレンダーアプリに関しては、ぼくは唯一、通知をオンにしています。
リマインダーはタスクを忘れず完了するため、カレンダーは生活のペースをつかむために必要だからです。

それぞれのアプリから通知が来たとき、おすすめのアクションがあります。
それがこの記事の本題である、通知の長押しです。

特にリマインダーは通知を長押ししよう

iPhoneに来た通知は、以下の方法で消去できます。

ロック画面 → 項目を右スワイプして「消去」をタップ
ホーム画面 → 下から上へスワイプ

通知が来たとき、反射的に消去するのが癖になっていないでしょうか。
特にリマインダーに関しては、消去せず通知を長押しするのをおすすめします。

長押しで4項目を選択

リマインダーの場合は、長押しするとポップアップから以下の4項目を選択できます。

  • 実行済みにする
  • 1時間後に再通知
  • 今夜再通知
  • 明日再通知
通知を長押しすると、ポップアップが現れる
通知を長押しすると、ポップアップが現れる

通知時にすぐリマインダーを処理できるなら、「実行済みにする」をタップします。
するとリマインダーアプリを開かずとも、タスクが完了状態になります。

すぐ処理できないなら、再通知のいずれかをタップ。
すると選んだ項目に応じて、リマインダーが再通知されます。
忘れる心配がなくなりますね。

消去の前に自分の意志を挟む

長押しタップの優れた点は「実行済み」や「再通知」を押した後、通知が消去されるところです。
同じ消去でもタスクに対する意志を間に挟むため、リマインダーのやり残しが少なくなります。

カレンダーの通知も長押しに対応

同じようにカレンダーも、ロック画面やホーム画面の通知に長押しが対応しています。

カレンダーの通知を長押しすると、「地図」か「再通知」の二択が現れます。
カレンダーに移動先を入力していれば、「地図」をタップするとルートが出て便利です。

カレンダーの予定をすぐ実行できないときは、リマインダーと同じ要領で忘れないよう「再通知」をタップすると良いでしょう。

タスクを主体的に処理する

通知の長押しのメリットは、「今すぐに対応する」のか「後で対応する」のかを主体的に決定できる点です。

iPhoneに通知が来ると、反射的に消去してしまいがち。
リマインダーを消去するとやり残しのタスクが溜まり、ますます処理が面倒になります。
通知の長押しでタスクを主体的に処理し、快適な毎日を過ごしましょう。

>> リマインダーの関連記事はこちら
>> カレンダーの関連記事はこちら