WordPressの画像非表示を日本語名から英語名へかえて修復

公開日 2021-10-17 最終更新日 2021-11-25

WordPressでブログを書いていると、色々トラブルに見舞われます。
先日は過去記事の画像が、表示されていないのを発見しました。
原因は、画像名が日本語だったため。
英語表記にかえて再アップしたら、無事に修復されました。

そこでこの記事では、画像が表示されなかったときに直した経緯を紹介します。

WordPressの画像非表示を日本語名から英語名へかえて修復

ブログには、よく読まれる記事とそれほど読まれない記事があります。
ブログ運営している多くの人は、よく読まれる記事を定期的にメンテナンスしていると思います。

先日、当ブログでトップ5くらいに読まれている記事の画像が、表示されていないことに気づきました。
イメージ画像ならまだしも、とあるサービスの手順を解説している記事の画像です。
画像が表示されないと記事として成立しないので、早急に直すことにしました。

URLは間違っていないのに、画像が表示されない

WordPressにアップロードした画像は、サーバの「/wp-content/uploads」に格納され、すべてにURLが付けられます。
そのURLが何かしらの理由でかわってしまったのかと、ライブラリから同じ画像を探して再配置してみました。
しかし、それでも画像は表示されず。

画像に付いているURLをブラウザに入力すると、きちんと表示されます。
URLを入力すると表示されるのに、画像配置では表示されない。
理屈に合わないと思い、原因がしばらくわかりませんでした。

日本語表記を英語表記にして、無事解決

その後、調べるうちに、表示されない画像が日本語表記なのに気づきました。
「ひょっとして、原因は日本語表記だから?」と思い、サーバの「wp-content/uploads」内に格納されている画像をダウンロードし、英語表記にリネーム。
記事の編集ページに戻り、英語表記にした画像をアップし直すと、無事に表示されました。

画像のリネームはプラグインが便利

画像名はすべて英語にしていたつもりが、日本語名のものが混じっていたようです。
日本語名の画像は文字化けするなど、トラブルのもと。
気づいてよかったです。

ちなみにWordPressでアップロードした画像の名前は、デフォルトの管理画面では変更できません。
名前を変更した画像を記事内に配置し直すか、プラグインを利用します。

画像名変更のプラグインは、Phoenix Media Renameが便利なようです。
(ぼくのテーマでは、なぜか相性が悪くてうまく動かなかったです)

WordPressで使っている画像の名前を変更したい人は、試してみてください。

まとめ

画像が表記されないと不親切なだけでなく、「きちんと管理していないサイトなのか」と読者に不信感を与えてしまいます。
表示されていない画像があれば、すぐに対応したいですね。

WordPressで画像が表記されないトラブルにあった人は、画像名が日本語になっていないか確かめてみてください。