【Kindle Oasisの売却を決定】電子書籍はiPadやiPhoneで良かった

公開日 2021-10-10 最終更新日 2021-10-24

電子書籍リーダーのKindle Oasisを、ちょうど去年の今ごろ購入しました。
丸一年間、所持しましたが、ほぼ使わなくなったので売却を決定。

この記事では、Kindle Oasisを使わなくなった理由を書いてみます。
Kindle Oasisの購入を検討している人は、参考にしてみてください。

SPONSORED

【Kindle Oasisの売却を決定】電子書籍はiPadやiPhoneで良かった

Kindleとは、Amazonが手掛けている電子書籍サービスです。
Amazonはスマホやタブレット、パソコン用に、Kindleのアプリを提供しています。
同じアカウントでログインすれば、どのデバイスからも購入した電子書籍を読めて便利。
書店を持ち歩いているような、とても良いサービスです。

Amazonはアプリだけでなく、自前の電子書籍リーダーを販売しています。
Amazonのタブレットは、大きく2種類に分けられます。
カラー液晶のFireと白黒の電子ペーパー(E ink)を用いたKindleシリーズです。
その中でKindle Oasisは、白黒の電子ペーパーのKindleの中で最高級機種の位置づけです。

Kindle Oasisを購入するならプライムデーを利用すべし

最高級機種といっても、電子書籍リーダーなのでそれほどバカ高くはありません。
Kindle Oasisは最もスペックの高いもので、40,980円(執筆時点)です。
「バカ高くない」といいつつ、電子書籍リーダーで4万オーバーは高額。

そこでぼくは、8GBのWi-Fiモデル(広告なし)をプライムデーに購入しました。
購入価格は、21,980円と比較的安価でした。
AmazonのFireシリーズ・Kindleシリーズを購入するときは、プライム会員限定のセールを狙うのがおすすめです。

Amazonプライム会員のメリットは、以下の記事にまとめてあります。
入会していない人は、参考にしてみてください。

>> Amazonプライム会員の感想。配送料無料やプライム・ビデオなどメリットを解説

買った当初は「かなり良い」と満足した

Kindle Oasisの購入時は、「良い買い物をした」と思いました。
第一印象は、ともかく「軽い」です。
電子書籍リーダーはその性格上、片手持ちでの使用が多いです。
そのため軽いのに越したことはない上、Kindle Oasisは片側に比重を掛けたデザインで持ちやすい。
さらに良いことに防水等級IPX8のため、お風呂に入りながら使用できます。

最高の電子書籍リーダーだと思い、買った当初は積極的に利用していました。
一年前に書いたKindle Oasisのレビュー記事は、以下をどうぞ。

>> Kindle Oasisレビュー。読書特化デバイスの最上位モデルの感想

操作のもっさり感がネックに

しかし一年後の今は、ほとんど使わなくなりました。
その理由はいくつかありますが、シンプルに書けば「iPadとiPhoneの方が快適」。
これに尽きます。

Kindle Oasisは、iPadともろに競合する

もしiPadがなく、スマホも6インチ以下を使っているなら、Kindle Oasisはとても使い勝手が良いでしょう。
本を読むのに、最も適したデバイスになると思います。

しかしiPadを持っていると、書籍リーダーとして使うときにKindle Oasisともろに競合します。
iPadとKindle Oasisであれば、iPadの画面が鮮明で読みやすいです。
また操作も、iPadの方が圧倒的に快適。
iPadでページ送りしても、ちらつきや引っ掛かりはほぼありません。

特に2021年モデルのiPad Proは、M1チップ搭載でこれまで使ったiPadの中で一番操作感が良いです。
2021年モデルiPad Proのレビューは、以下からどうぞ。

>> iPad Pro 11インチ2018年モデルと2021年モデルとの比較。買い替えるべきか、結論は「1年待とう」

もっさりした操作感から、Kindle Oasisを手にしなくなった

一方、Kindle OasisはE inkのため、画面表示がもっさりしています。
ページ送りの際も画面全体が一瞬点灯してページが変わり、サクサクな操作感とは程遠いです。
iPadだけでなく大きいサイズのiPhoneを持っていると、それで過不足なく本を読めてしまいます。
わざわざ専用の電子書籍リーダーを手に取るモチベーションが、起こらないのです。

お風呂では最強の読書リーダーだと思うが…

Kindle Oasisは防水仕様のため、「入浴中に本を読める」をメリットに感じてはいました。
しかし夏場は湯船にお湯をはることもなくなり、Kindle Oasisの出番は激減。

寒くなればまた入浴中の読書にKindle Oasisを使いたくなるかもしれないませんが、となると実質的に使うのは11月~4月のお風呂に入っている時間のみ。
そのためだけにKindle Oasisを持ち続けるのは、ちょっとムダのように思ってしまいました。

まとめ

最後にフォローしておくと、Kindle Oasis自体は良い製品に違いないです。
「電子書籍を集中的に読みたい」というニーズには、ほほ100%答えてくれるでしょう。
何しろ軽くてE inkは目に優しく、本を読むことしかできないため読書がものすごく捗ります。
ただiPadや大きいサイズのスマホを持っているなら、どうしても競合してしまいます。

Kindle Oasisを検討している人は、まずは1万円強で購入できるKindle Paperwhiteで様子を見たほうが良いかもしれません。
ちなみにKindle Paperwhiteも防水仕様のため、お風呂での読書が可能です。

関連記事

本を読む手段のひとつに、オーディオブックがあります。
AmazonはAudibleという、オーディオブックサービスを運営しています。
Audibleの使い方やメリット を、以下の記事にまとめました。

SPONSORED