「気になること・悩みごと」は、すぐ解決すると精神的に良い

最終更新日 2022-05-27

毎日、暮らしていると、気にかかることが出てきます。
それらを放置していると、心配ごとや問題にまで発展します。
何か気になることが出てきたら、どんな小さなことでもすぐ解決する。
そんなふうに心がけると、生活のクオリティは向上します。

この記事では、「小さなことでも、すぐ解決する利点」を書いてみます。

「気になること・悩みごと」は、すぐ解決すると精神的に良い

先日、佐々木俊尚さんのVoicyを聞いていたら、次のようなことを話されていました。

気になることがあったら、すぐに解決したほうが良い。
例えば車の傷。
車に乗るたび目に入って、精神衛生的に良くない。
だったらすぐ板金屋さんへ行って直してもらえば、それ以降は気にならなくなる。

どの回の放送だったか探してみましたか、見つけられず…。
ただこの話は、自分にとってすごく参考になりました。

時間とお金のかかることは放置しがち

自分は何でも先送りする癖があります。
特にすぐには問題にならず、さらに解決に費用のかかることは放置しがちです。
しかしこの放送を聞いて、「確かにそのとおりだ」と考えを改めました。

以来、何かしら気にかかることがあれば、すぐスマホでメモを取るようにしています。
そのメモを、毎朝、ほぼ日手帳の「懸案事項」のスペースに転記します。

自分のほぼ日手帳の使い方は、以下の記事に書いてあります。
>> 【何を書く?】ほぼ日手帳の使い方がようやく決まり定着

転記したら、次に「その懸案事項を解決するため、今日できることは何か」と考え、行動を手帳のto doに書きます。

頭で考えるだけでは億劫に感じますが、「問題はすぐに解決する」と決めてしまえば、あとは行動へ移すだけ。
手帳に書くと自分との約束が成立するので、実行の確率が上がりますね。

重い腰を上げ、車のバッテリー交換をすることに

例えば最近では、車のバッテリーを交換することにしました。

今の車を中古で買って以来、車検を通すたびに、「バッテリーを買い替えたほうが良いですよ」と言われていました。

しかし車に乗っていてもエンジンの掛かりにくいことはなく、パワーウインドウやヘッドライトなど問題なく動作します。
「車屋さんがセールスで言っているのだろう」と考え、そのまま乗り続けていました。

それを佐々木俊尚さんの放送を聞いたことで、重い腰を上げることに。
車屋さんに見てもらったところ、バッテリーは6年前のものを使用しており、「これまでトラブルがなくラッキーでしたね」と言われました。
いつトラブルが起きても、おかしくない状態だったようです。

小さなことでもすぐに解決して生活の質を上げる

車のバッテリーは「費用がかかるし、時間も取られるしな…」と放置しつつも、ずっと気にかかっていたことでした。

交換することで、心の引っかかりが取れて気分がすっきりしました。
懸案事項を抱えたままでいるより、時間とお金がかかってもすぐに解決したほうが良い。
改めてそう思った次第です。

気にかかることは、ただ普通に生活しているだけで何かと発生します。
それらを放置したままでいると、重大な問題を引き起こす可能性がある。
起こさないとしても、心に抱えたままでいるのは精神的に良くないです。

どんな小さなことでも、気になることはすぐ解決する。
これが日々を心穏やかに暮らす、ポイントのひとつだと思いました。