Sonosの増強を検討【One SLとSub Gen3 or Five×2台】

スピーカー

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が長くなり、「音楽環境をよくしたい」と考えています。

現状は、Sonos One SLを2台組み合わせてのステレオサウンド。ここからSub Gen3を加えるか、Five×2台にかえてしまおうかと超絶に悩み中

そこで自分の考えを整理するため、それぞれのメリットをまとめることにしました。

スポンサーリンク

Sonosとはアメリカのスピーカーメーカー

Sonosとは2002年に創業したアメリカの企業です。スマートスピーカーや、アンプ、ウーファーなどを開発・販売しています。

Sonosの特徴は、大きく以下2つです。

  1. Wi-Fiにつなげて、すべてスマホから操作できる
  2. スピーカーを増強できる

特徴1. Wi-Fiにつなげて、すべてスマホから操作できる

Sonosのスピーカーは、Wi-Fiにつなげて使用します。同じネットワークのスマホやタブレットから、アプリを通し操作可能です。

ブルートゥース接続は端末ごとにつなぎ直す手間がありますが、SonosはWi-Fi接続なので常につながったまま。

ブルートゥース接続に比べ、操作が楽で安定しています。

特徴2. スピーカーを増強できる

Sonosのスピーカーは、増強できます。

例えばSonos Oneを2台買えば、ステレオスピーカーとして使えます。

そこにウーファーのSub Gen3を加えると低音が強化され、テレビ用のサウンドバーArcを加えれば、Sonos Oneをリアスピーカーとして使えます。

環境に合わせて、スピーカーシステムを自由に構築できる。これがSonosの大きな魅力なのです。

現状の音楽環境

最初にSonosを購入したのは、2019年秋。選んだのはエントリーモデルのSonos One SLでした。

Sonos One SLのレビューは、以下の記事にまとめています。

>> Sonos One SLレビュー【未来を感じる良音質スピーカー】

小さいながらも音質の良いことに感心し、2020年春にSonos One SLをもう一台購入してステレオにしました。

Sonos One SL×2台をステレオにしたレビューは、以下の記事にまとめています。

>> Sonos One SL×2台でステレオ化【圧倒的な音の広がり】

Sonosの増強を検討【One SLとSub Gen3 or Five×2台】

「現状のSonos One SL×2台からどう増強しようか」と考え、以下の2つが浮かびました。

  • 最上位機種のSonos Fiveにかえる
  • 低音を補強するSubを追加する

最上位機種のSonos Fiveにかえる

Sonos Five
Sonos公式サイトより

Sonos FiveはSonosのラインナップで最上位に位置するスピーカーです。

3つずつのツイーターとウーファーを内蔵しており、迫力とクリアさを兼ね備えています。Sonos One SLと同様、2台購入すればステレオ再生が可能です。

エントリー機のSonos One SLを最上位機のSonos Fiveに置き換えれば、満足度が一気にアップしそうです。

低音を補強するSubを追加する

Sonos Sub3
Sonos公式サイトより

Sub Gen3はスピーカーではなく、ウーファーです。Sonosのどのスピーカーとも連動させることができ、低音域をサポートします。

Sub Gen3とスピーカーとをペアリングすると、スピーカーは自動的に中高音域を担当します。

低音が強化されるだけでなく、スピーカーとウーファーとが連動し、全体の音質を底上げするのです。

Sonos One SL×2台にSub Gen3を組み合わせた状態が想像できないため、「どんな風に音が変わるのか」と好奇心があります。

まとめ

以上、Sonos One SLの増強の候補をまとめてみました。

こうして書きながらも考えてみましたが、決めるのが難しい…。

Sonos Five×2台にしてもSub Gen3を加えたとしても、One SL×2台だけより音楽環境が豊かになるのは確実でしょう。

もうしばらく考えてみて、どちらかに決めようと思います。

【追記】
悩んだ結果、Sonos One SL×2台をSonos Five×2台に置き換えることにしました。

以下の記事で、Sonos Fiveのレビューをまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Sonos Five レビュー【最上位機種をペアリングでステレオに】

created by Rinker
Sonos(ソノス)
¥72,545 (2023/01/31 23:29:36時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました