スターバックスで還元率が最も高いのは、リワードのチケット獲得。スマホアプリを使わないのは単純に損失

スターバックスのリワードチケット

公開日 2021-09-01 最終更新日 2021-09-03

スターバックスへ行ったとき、レジで会計している人を観察すると、意外と現金で払っている人が多いように思えます。
それは、すごくもったいない。
普段、ほとんどスタバを利用しないなら良いですが、年間13,500円以上を使うなら、公式アプリで払ったほうが断然お得です。

そこでこの記事では、スターバックスのリワードでスタバをお得に利用する方法を書きます。

SPONSORED

スターバックスで還元率が最も高いのは、リワードのチケット獲得。スマホアプリを使わないのは単純に損失

スターバックスとは、言わずとしれたコーヒーの世界的メガチェーンです。
自宅でも職場でもない「サードプレイス(第三の場所)」として、なにより居心地の良さを追求しています。

スターバックスの日本進出は、1996年の「銀座松屋通り店」。
以来全国に店舗を増やし続け、執筆時現在では1655店を数えます。

スタバは公式アプリで決済できる

そんなみんな大好きスターバックスは、現金以外にもクレジットカードや電子マネーなど多彩な決済方法を用意しています。

そのひとつが、スターバックスカード。
スターバックスカードはプリペイド式カードで、事前にチャージして使います。
このスターバックスカードをスマホでも使えるようにしたのが、スターバックス公式アプリです。

スマホアプリにスターバックスカードを登録すれば、レジでQRコードを読み込んでの決済が可能。
スターバックスカードをスマホに集約できるので、カードの管理が楽になります。

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

Starbucks Coffee Company無料posted withアプリーチ

アプリで払えばポイントがもらえる

決済できるだけでも便利なのに、公式アプリはさらに決済時にスターというポイントをもらえます。
スターを150個まで貯めると、Reward eTicket(リワードチケット)を1枚獲得。
リワードチケットは、スタバの店内で利用できるバーチャルの商品券です。
この公式アプリの決済でリワードチケットをもらうのが、スタバをお得に使う肝となります。

リワードの仕組み

Reward(リワード)とは、日本語で「報酬」を意味します。
スタバでお金を使うと、文字通り報酬をもらえるのです。
その報酬をもらうためには、「スター」を貯める必要があります。

54円で1スターもらえる

スターは54円使うごとに、1スターもらえます。
54円で割り切れなくても、小数点以下までの換算が付与されます。
このスターが150個集まると、最高770円までの商品との交換が可能となります。

交換できる金額のスターバックス公式サイトの説明は以下です。
「ビバレッジ・フードは756円/770円(持ち帰り価格/店内価格)、その他の商品は756円まで交換が可能となる」
正直、ちょっとわかりにくいのですが、以下のような理解で良いかと思います。

  • 飲み物と食べ物(店内) 770円まで
  • 飲み物と食べ物(テイクアウト)、コーヒー豆など 756円まで

8,100円でリワードチケット1枚と交換

150スターを集めるのに必要な金額は、「150スター×54円」で8,100円。
毎回、スターバックスラテのトールサイズ(418円)を注文するなら、20杯飲めばチケット1枚もらえる計算です。

気になる還元率は、「770円÷8,100円」で約9.5%。
チャージでクレジットカードを使うならクレカのポイントも付くので、現金払いに比べ10%以上もお得です。

公式アプリを使わない理由

こんなにお得な公式アプリですが、使わない人がたくさんいます。
その理由はおそらく、前払いのチャージに抵抗があるのだろうと思います。
それでも現金よりプリペイドの決済のほうが楽ですし、リワードを受け取らないと単純に損です。

ただ後述しますが、リワードの取得権利は2段階の身分制度になっています。
これがまあ、なかなかよくできている制度で、身分を維持するためにスタバに縛られることになるかもしれません。
それがネックと言えばネックです。

リワードチケットをもらうまでの手順

ではここから、リワードチケットをもらうまでの手順を書いてみます。
手順は、ざっくり以下の通り。

  1. スタバの公式アプリを、スマホへダウンロード
  2. アプリで新規会員登録を行う
  3. アプリでスターバックスカードを発行
  4. スターバックスカードにチャージし、スタバで使う
  5. グリーンスターで1年以内に250スター(13,500円分)集める
  6. ゴールドスターに昇格
  7. ゴールドスターで150スター(8,100円分)集める
  8. リワードチケットを発行

ちなみに新規会員登録とスターバックスカードの発行は、公式ウェブサイトでも行えます。

スターバックスカードへのチャージ方法

スターバックスカードへのチャージ方法は3種類あります。

  1. 店舗
  2. オンライン
  3. LINE Pay

1つは、店舗でのチャージです。
店舗で公式アプリを見せ「チャージをお願いします」と言えば、対応してもらえます。
チャージ金額は、1000円以上から1円単位で可能です。

2つは、オンラインでのチャージです。
公式サイトと公式アプリで、チャージを行うことができます。
オートチャージの設定もできます。

3つは、LINE Payでの入金です。
スターバックスカードは、LINE内に作成できます。
LINE内に作成したスターバックスカードは、LINE Payでの入金が可能です。

リワードチケットをもらうには、ゴールドスターになる必要がある

公式アプリでスターバックスカードを発行しても、すぐにリワードチケット獲得の権利をもらえるわけではありません。
リワードチケットをもらうには、グリーンスターからゴールドスターへ昇格する必要があります。

この昇格のシステムが、スターバックスの小憎いところなのです。
以下で詳しく解説します。

新規登録は、必ずグリーンスターからスタート

公式アプリでスターバックスカードを登録すると、新規登録者の全員がグリーンスターからのスタートとなります。

グリーンスターでもスターは貯まりますが、いくら貯めてもリワードチケットは発行されません。
リワードチケットをもらえるのは、ひとつ上のランクのゴールドスターのみ。
まずはグリーンスターからゴールドスターへ、昇格しなければなりません。

グリーンスターからゴールドスターへの条件

グリーンスターからゴールドスターへの昇格条件は、たったひとつ。
それは、「1年以内に250スター(13,500円分)貯めること」。

この条件をクリアしゴールドスターへ昇格して初めて、リワードをもらえる権利が発生します。
ゴールドスターになれば、前述の通り54円で1スターが貯まり、150スター(8,100円分)でリワードチケットが1枚与えられます。

ゴールドスターは降格の恐れがある

一度ゴールドスターになったからといって、その地位がずっと保証されるわけではありません。
ゴールドスターになってからも、1年間に250スター以上、獲得しなければ、グリーンスターに降格してしまいます。
降格したら、ゴールドスターで貯めていたスターはすべてリセットされます。
その時点で所持していたリワード発行の権利も消滅します(交換済みのチケットは残ります)。

リワード(報酬)とはよく言ったもので、報酬をもらうためにはせっせとスタバへ通わなくてはならないのですね。

リワードチケットへの交換方法

ではゴールドスターになったと仮定し、チケット発行までの流れを解説します。

スターがどのくらい貯まっているかは、アプリから簡単に確認できます。
アプリを起動すると、トップ画面の一番上に獲得状況が表示されます。
右に「○個のReward」と表示され、タップして開くとスター獲得数の下に「Reward ★」と表示されます。

スターバックスのリワードチケット
スターバックス公式アプリのトップ画面

さらに「Reward ★」をタップするとポップアップが表示され、「スターをチケットと交換しますか」と聞かれます。

スターバックスのリワードチケット
「交換する」をタップするとチケットが発行される

「交換する」をタップすると、最高770円までのスタバ内の商品と交換できます。
チケットへの交換期限は、150スターに到達後から1年間です。

チケットの交換条件

ここで注意が必要です。
発行されたチケットは未来永劫、使えるわけでなく、またチケットでスタバの商品すべてと交換できるわけでもありません。

前述の通りチケットの交換は、ゴールドスターのときだけ可能です。
もしグリーンスターへ降格してしまったら、スターがすべて消滅してしまいます。
グリーンスターへの降格が濃厚なら、早めにチケットを発行したほうが良いです。

また発行したチケットは、使用期限が30日以内と決まっています。
リワードチケットが発行可能になっても慌ててチケットにかえず、スタバのレジの直前に発行するのが良いでしょう。

リワードチケットと交換できるもの

リワードチケットは、カフェやフラペチーノ、フード、コーヒー豆などと交換できます。
タンブラーなどのグッズや、イベントのチケットでは利用できません。

また交換したい商品の合計が770円以内であっても、複数の品物とは交換不可です。
交換は一品のみで、もしその商品が指定金額を超える場合は、差額分を支払う必要があります。

まとめ

以上のようにスターバックスのリワードは、還元率が約9.5%とかなりお得です。
ただゴールドスターとグリーンスターの2段階の身分制度があり、「ゴールドスターを維持しなければ!」とスタバへの執着が増してしまう、そんな諸刃の剣でもあります。

降格といっても、その金額のラインは年間13,500円(月換算1,125円)以上です。
「そのくらいは、普通にスタバへ行くよ」というひとであれば、降格を気にすることなく高還元を享受できますね。

スターバックスの公式アプリのリワードを利用して、お得にスタバを楽しんでください。

関連記事

店舗で飲むコーヒーも良いですが、自宅でも美味しいコーヒーを飲みたいものです。
北欧の有名カフェの淹れ方を参考に、自宅で美味しくコーヒーを作る方法を書きました。

SPONSORED