Evernote内部リンクの作り方【目次を作ってジャンプ】

仕事ツール

Evernoteを使っていると、ノート同士をリンクでつなぎたいときが出てきます。

例えばノートブックにノートが増えてきたら、目次のページを作ると使い勝手が良くなりますね。

そこでこの記事では、Evernoteの内部リンクの作り方を解説します。

スポンサーリンク

内部リンクの使用例

Evernoteは検索を使えるので、ノートを探すこと自体は難しくありません。

ただ、以下のようなとき、ノート同士をリンクでつなげたい場合が出てきます。

  • 関連するノートをリンクしたい
  • 議事録に時系列の目次を作りたい
  • いくつかのノートブックを横断して、特定のテーマでノートをまとめたい

そんなときに内部リンクを活用すると便利です。

Evernote内部リンクの作り方【目次を作ってジャンプ】

ではここから、Evernoteの内部リンクの作り方を解説します。

ノートをドラッグすれば、リンクになる

いちばん簡単な方法は、ノートをドラッグしてリンクにする方法です。

ノートブックからリンクしたいノートを選んで、内部リンクを入れたいノートへドラッグします。すると内部リンクを作れます。

ノートをドラッグして内部リンクにする

同じノートブック内に内部リンクするなら、これがいちばん簡単です。

内部リンクをコピーして、ペーストする

別々のノートブックでリンクするには、内部リンクをコピーしてペーストします。

内部リンクをコピーする方法は、2つあります。

1つ目は、リンク元のノートを開き右上の「…」をクリック。

展開したメニューの「内部リンクをコピー」をクリックし、さらに展開した「アプリのリンクをコピー」をクリックします。

「アプリのリンクをコピー」をクリック

もう一つは、ノートブックのリストからの方法です。

ノートブックに並んでいるリストからリンク元のノートを右クリックし、展開したメニューから「内部リンクをコピー」→「アプリのリンクをコピー」とクリックします。

ノートを右クリックし、「アプリのリンクをコピー」をクリック

これでノートのリンクをコピーできたので、リンクを貼りたいノートを開きペーストします。

ペーストするとタイトルにリンクが付いた状態で表示される
ペーストするとタイトルにリンクが付いた状態で表示される

これで内部リンクが完了です。リンクをクリックすると、そのページにジャンプします。

一度に複数ノートも内部リンクできる

同じノートブック同士であれば、複数のノートをまとめてリンクできます。

ノートブックのリストから、リンクしたいノートブックを複数選びます。それをリンクさせたいノートへドラッグ。

すると、ドラッグしたノートが内部リンクになります。

ドラッグすると内部リンクになる

もしくは、複数のノートを選び右クリックし、展開したメニューから「内部リンクをコピー」→「アプリのリンクをコピー」をクリック。

「アプリのリンクをコピー」をクリックする

内部リンクしたいノートへペーストすれば、リンクになります。別のノートブックへ複数のノートを内部リンクするときは、こちらの方法を取ることになりますね。

まとめ

以上、Evernoteの内部リンクのやり方の紹介でした。

目次作りやノートブックを横断してまとめたいときなど、内部リンクを活用すると便利です。

内部リンクを使って、Evernoteを使いやすくアレンジしていってください。

また、Evernoteがカオス化している場合、整理するにはコツがあります。以下に整理の方法をまとめたので、合わせて参考にしてみてください。

>> Evernote整理の仕方のコツ【スタックとノートブック活用】

タイトルとURLをコピーしました