Evernote有料プラン・PersonalとProfessionalの違い

仕事ツール

Evernoteには無料プランのほか、有料プランが2種類あります。その2種類とは、PersonalとProfessionalです。

有料プランを検討している人は、この2つの違いが気になると思います。

そこでこの記事では、有料プランのPersonalとProfessionalの違いを紹介します。

スポンサーリンク

Evernote有料プラン・PersonalとProfessionalの違い

まずは気になる料金から。以下の表のとおりです。

FleePersonalProfessional
月額0円680円850円
年額0円5,800円8,500円
各プランの料金

PersonalとProfessionalの月額の料金差は、170円です。

そのくらいなら、機能によってはProfessionalを選んでも良いように思えます。

では機能の比較を見ていきましょう。

PersonalとProfessionalの機能の比較

ではここから、機能の比較をします。大きく4つあります。

  1. 月間アップロードの容量
  2. タスク機能に差がある
  3. ホーム画面をよりカスタマイズできる
  4. ノートブックをPDFでエクスポートできる

1. 月間アップロードの容量

最も大きな違いは、月間のアップロード可能な容量ですね。

ちなみにEvernoteは、トータルの容量に制限はありません。その代わり一度にアップできるノートの大きさと、ひと月にアップできる容量に制限を設けています。

プラン別の容量は以下の通りです。

FleePersonalProfessional
ノートの上限25MB200MB200MB
月間アップロード容量60MB10GB20GB
各プランの容量の比較

一度にアップできるノートの容量は、有料プランのどちらも200MBまでと変わりません(FREEは25MBまで)。

一方、月間の容量はPersonalの10GBに対し、Professionalは20GBまで可能です。

ノートアプリなら、月間10GBで十分に足りる

ただし20GBもの容量を、果たしてEvernoteに使うのかと疑問がありますね。

Dropboxやグーグルドライブなどと違い、Evernoteはあくまでノートアプリです。ファイルそれ自体の保存を目的に、Evernoteを使うことはないと思います。

容量アップが目的なら、10GBのPersonalで十分だと思います。

2. タスク機能に差がある

2つ目は、タスク機能の使い勝手です。

Professionalでは、タスクを他の人へメールで割り当てる機能が使えます。

タスク機能をよく使い、「チーム全員の進捗を効率的に管理したい」と思うなら、Professionalを検討して良いと思います。

タスク機能については、以下の記事に詳しく書いています。合わせて参考にしてみてください。

>> Evernoteタスク機能の使い方【プロジェクトを進めるツール】

3. ホーム画面をよりカスタマイズできる

3つ目は、ホーム画面のカスタマイズです。

Personalでもカスタマイズは可能ですが、Professionalはカスタマイズの幅が広がります。

具体的には、以下のウィジェットを複数個、置けるようになります。

  • 固定表示ノート
  • フィルタ済みのノート
  • スクラッチパッド

ホーム画面からスタートするなら、利便性が高まる

Evernoteのホーム画面は、スマホのウィジェットのような役割をします。

ショートカットやよくアクセスするノートを固定できて、Evernoteの利便性を高められます。スクラッチパッドも、さっとメモ書きしたいときに便利です。

毎回、Evernoteを使うときにホーム画面から始めるなら、より使い勝手が良くなるPersonalを検討して良いかもしれませんね。

4. ノートブックをPDFでエクスポートできる

4つ目は、エクスポートについてです。

他のプランでもノートのPDFでのエクスポートは可能ですが、Professionalはさらにノートブック全体をPDF化できます。

ひとつのノートブックに関連する項目を書いていき、それをまとめてPDFにできれば資料作りがはかどります。

まとめ

以上、EvernoteのPersonalとProfessionalとの比較でした。

主な機能の違いは、以下の通り。

  1. 月間アップロードの容量
  2. タスク機能に差がある
  3. ホーム画面をよりカスタマイズできる
  4. ノートブックをPDFでエクスポートできる

差額は月額にして170円とそれほど大きくないので、機能的に魅力を感じたらProfessionalの導入も検討してみてください。

また、無料プランとPersonalの違いは、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Evernoteプラン・有料と無料の違い【PersonalとFlee】

タイトルとURLをコピーしました