【iPhoneリマインダーを手早く登録】ショートカットアイコン

iPhone

iPhoneの純正アプリリマインダーを活用すれば、忘れごとをなしにできます。

「あ、あれをやらなきゃ」「あれを買わなきゃ」と思いついたら、すぐにリマインダーを起動。入力しておけばiPhoneが通知でリマインドしてくれます。便利。

ただリマインダーを入力するとき、時間や場所など細かく設定するのが少し面倒です。

そこでこの記事では、リマインダーのショートカット・アイコンを利用して、手早く登録する方法を解説します。

スポンサーリンク

リマインドしたい事柄を登録するだけ

iPhoneリマインダーの使い方は、とても簡単です。

リマインドしてほしい事柄が発生したら、リマインダーアプリにその項目を登録するだけ。あとは設定した日時などが来ると、iPhoneが通知で教えてくれます。

リマインダーの基本的な使い方は、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> iPhoneリマインダーアプリを使いこなす【忘れごとをナシに】

【iPhoneリマインダーを手早く登録】ショートカットアイコン

便利なリマインダーですが、日時や場所など細かく設定するのは少し面倒です。そこでリマインダーのショートカット・アイコンを使って楽に入力しましょう。

アプリを起動して新規リマインダーを作成すると、キーボードの上にアイコンが表示されます。

キーボードの上部にショートカットアイコンが表示される
キーボードの上部にショートカットアイコンが表示される

これらをタップすると、それぞれの項目をスピーディーに入力できます。項目は左から順番に、以下の通りです。

  1. 日時
  2. 場所
  3. タグ
  4. フラグ
  5. 写真

1. 日時

新規リマインダーを作成した際、最も多く設定するのは日時ですね。日時はショートカットを使えば簡単に設定できます。

タイトルやメモを記入したら、一番左の日時アイコンをタップ。すると以下4項目が表示されます。

  • 今日
  • 明日
  • 来週末
  • 日付と時刻
日時のショートカットをタップすると、日付をワンタップで指定できる
日時のショートカットをタップすると、日付をワンタップで指定できる

日付だけでなく時刻も指定したい場合は、「日付と時刻」をタップします。すると画面が変わり、日時と繰り返しを設定できます。

「日付と時刻」で日時を、「繰り返し」で繰り返し設定できる
「日付と時刻」で日時を、「繰り返し」で繰り返し設定できる

2. 場所

特定の場所に到着したらリマインドしてほしい場合は、ショートカット・アイコンの左から2番めをタップします。

すると以下3項目のアイコンが表示されます。

  • 自宅到着時
  • 乗車時
  • カスタム
場所アイコンをタップすると、3項目から選択可能
場所アイコンをタップすると、3項目から選択可能

自宅に着いた際にリマインドしてほしければ、「自宅到着時」をタップします。

詳細な場所を指定するには、「カスタム」をタップします。すると場所の検索画面へ遷移するので、検索候補から選んで登録します。

検索で場所を指定できる
検索で場所を指定できる

3. タグ

リマインダーはハッシュマーク(#)を付けて、タグの作成もできます。リマインダーのトップ画面から、タグ付きのリマインダーを抽出できて便利です。

タグを付けるとホーム画面で一度に確認できる
トップ画面の「タグ」から、タグ付けしたリマインダーを抽出できる

タグ付けもショートカットで手早くできます。

左から3番めのショートカット・アイコンをタップすると、タイトル下の「タグを追加」にカーソルが移動します。そのままタグの単語を入力すれば、自動的に「#」が付きます。

タグのショートカットをタップで、タグを簡単に付けられる
タグのショートカットをタップで、タグを簡単に付けられる

4. フラグ

重要な項目には、フラグを付けておきましょう。フラグを付けるとトップ画面の「フラグ付き」から、一度に確認できます。

フラグはショートカットアイコンの左から4番目をタップすると、手早く付けられます。

フラグのショートカットアイコンをタップする
フラグのショートカットアイコンをタップする

5. 写真

リマインダーに写真を添付したい場合も、ショートカット・アイコンが有効です。

ショートカット・アイコン一番右のカメラマークをタップすると、以下3項目が表示されます。

  • 写真を撮る
  • 写真ライブラリ
  • 書類をスキャン
カメラのアイコンから写真の添付ができる
カメラのアイコンから写真の添付ができる

その場で写真を撮るかライブラリから選択するかを選べるほか、書類をスキャンして読みやすい状態で添付もできます

まとめ

以上、iPhoneのリマインダーの登録を簡単にできる、ショートカット・アイコンの紹介でした。

忘れて困ることは、どんどんリマインダーに登録しましょう。忘れないで済むだけでなく、脳のメモリーを無駄に使わなくて良くなります。

細かく設定する際は、ショートカット・アイコンが便利です。以下の項目を手早く設定できます。

  1. 日時
  2. 場所
  3. タグ
  4. フラグ
  5. 写真

リマインダーを活用して、生活を快適にしていきましょう。

またiPhoneの純正マップも、シンプルながら機能がたくさんあり良いアプリです。以下の記事にiPhoneマップの高い方をまとめました。合わせて参考にしてみてください。

>> 【iPhone純正マップの便利な使い方】3D表示で目的地へナビ

タイトルとURLをコピーしました