iPhoneのリマインダーで絶対忘れない買い物リストを作る

公開日 2021-05-04 最終更新日 2021-10-24

買い物リストを作っても、見るのを忘れてはしょうがない。

定期的にスーパーマーケットへ行く人は、多いと思います。
生活していて、「今度、スーパーへ行ったらあれを買わなくちゃ」と思い立つことが多々あるでしょう。
そんなとき多くの人が、紙やスマホのメモ帳に買い物リストを作ります。
しかし、問題があります。
スーパーへ着いたとき、買い物リストのチェックを忘れてしまうケースがあるのです。

そのため買い物を忘れないようにするには、買い物リストづくりの他に、買い物リストを見返す仕組みが必要です。

  • 買い物リストづくり
  • 買い物リストを見返す仕組みづくり

そこでこの記事では、iPhoneのリマインダーアプリを使って、買い忘れを完全になくす方法を紹介します。

SPONSORED

リマインダーを使わないともったいない

iPhoneには、Apple純正のリマインダーアプリがあります。
皆さんは、リマインダーアプリを使っているでしょうか。
「今ひとつよくわからない」と使わずにいるとしたら、とてももったいない。

リマインダーアプリを使いこなすだけで、忘れ物をかなり減らせます。
基本的な使い方は、別の記事に書きました。

iPhoneのリマインダーで絶対忘れない買い物リストを作る

リマインダーの通知設定には、「日付・時刻・場所」の3種類があります。
この中で買い物リストには、「場所」を使います。

リマインダーに「場所」を設定することで、指定の場所での通知が可能になります。

設定の仕方

ではここから、設定の仕方を解説します。

まずは、リマインダーを起動します。
① 左下の新規をタップ。

iPhoneリマインダー

② タイトルに、「買い物リスト」。
③ メモに、「買うもの」を書きます。
④ 詳細をタップ。

iPhoneリマインダー

⑤ 場所をオンに。
⑥ カスタムをタップ。

iPhoneリマインダー

⑦ 買い物する場所を入力すると、候補が出てきます。
⑧ 行く場所をタップ。
⑨ 詳細をタップし、前の画面に戻ります。

iPhoneリマインダー

⑩ 一つ前の画面の、右上の追加をタップ。これで完了です。

設定した場所へ行くと、通知が来る

位置情報付きリマインダーを設定することで、その場所へ到着したときiPhoneの画面(またはApple Watch)に、買い物リストのリマインダー通知が音やバイブで来ます。

音やバイブの通知に気づかなくても、買い物する場所へ行ったら、一度はスマホの画面を見るはずです。
画面を見ると買い物リストが表示されているので、必ず思い出します。
その結果、忘れることなく買い物ができます。

リマインダーの場所設定で、「買い物リストを見るのを忘れた」といった悲劇は、もう生まれません。

注意点

今回紹介したリマインダーの場所設定は、とても便利な機能です。
ただし、アプリの位置情報がオンになるため、バッテリーの減りが通常より速くなります。
その点は、注意してください。

まとめ

iPhoneには、便利な機能がたくさんあります。
リマインダーアプリも、その一つ。
リマインダーを位置情報と組み合わせると、忘れ物をなくす強力なツールになります。

「お買物リストを見るのを忘れてしまう人」は、リマインダーの場所設定を使ってみてください。

iPhoneメモの便利な使い方を紹介

リマインダーとともに便利なApple純正アプリに、メモがあります。
iPhoneメモの使い方を以下の記事に書きました。
参考にしてみてください。

SPONSORED