Apple Watchだけ(iPhoneなし)で、Apple Musicの音楽を聴く方法。GPSモデルでもOK

公開日 2021-09-11 最終更新日 2021-09-17

Apple Watchを、ジョギングやウォーキング中に使いたい人はたくさんいるでしょう。
好きな音楽を聴きながらジョギングやウォーキングすると快適ですが、運動中にiPhoneは邪魔になります。
Apple Watchだけで音楽を聴けるなら、それに越したことはありません。

もちろん、Apple Watchだけでも音楽を聴けます。
セルラーモデルだけでなく、GPSモデルも可能です。
そこでこの記事では「iPhoneなし・Apple Watchだけ」で、音楽を聴く方法を解説します。

SPONSORED

Apple Watchだけ(iPhoneなし)で、Apple Musicの音楽を聴く方法。GPSモデルでもOK

Apple Watchには、以下の2つの仕様があります。

  • セルラーモデル
  • GPSモデル

この2つで音楽の聴き方の範囲が、若干異なります。

セルラーモデル

セルラーモデルであれば、Apple Watch単体で屋外の回線につなげます。
単体でストリーミングでの音楽再生が可能です。
執筆時時点ではApple MusicSpotify(一部の有料会員)が、セルラーモデルのストリーミング再生に対応しています。

もちろんセルラーモデルはダウンロードもできます。
GPSモデルに比べ、Apple Watchだけでより自由に音楽を楽しめます。

GPSモデル

一方、GPSモデルはペアリングしているiPhoneと同じWi-Fi圏内であれば、ストリーミング再生できます。
しかしニーズとしては、「iPhoneを持たず、Apple Watchだけで音楽を聴きたい」が多いでしょう。

GPSモデルのApple Watchを使ってスタンドアロンで音楽を聴くなら、Apple Watch本体へ曲をダウンロードする必要があります。

ちなみにダウンロード可能な音楽サービスは、Apple MusicとSpotify(有料プラン)です。

Apple Watchに曲をダウンロードする方法

セルラーモデルもGPSモデルも、ダウンロードの方法は同じです。
ダウンロードは、iPhoneのWatchアプリから行います。

Watchアプリを起動したら、トップ画面をスクロールして「ミュージック」をタップします。

Apple WatchでApple Musicを聴く
Watchアプリの「ミュージック」をタップする

次画面の「ミュージックを追加…」をタップ。

Apple WatchでApple Musicを聴く
「ミュージックを追加」をタップする

すると、Apple Musicのライブラリ画面が表示されます。
ライブラリに加えた曲から選ぶため、ダウンロードする際は、Apple Musicのライブラリに追加していることが前提です。

Apple WatchでApple Musicを聴く
Apple Musicのライブラリが表示される

ちなみに、曲単位での選択はできません。
ダウンロードは、アルバム単位です。

Apple WatchでApple Musicを聴く
ダウンロードはアルバム単位になる

ダウンロードするアルバムを選んだら、右上のプラスマークをタップします。

Apple WatchでApple Musicを聴く
右上のプラスマークを押すと、アルバムがダウンロードされる

以上でApple Watchに、指定したアルバムがダウンロードされます。

追加したアルバムを削除する

Apple Watchにダウンロードしたアルバムを削除するには、Watchアプリのリストの該当するアルバムを左にスライドします。
すると削除のボタンが現れるので、タップすればダウンロードした曲は削除されます。

Apple WatchでApple Musicを聴く
アルバムのリストをスライドして、削除ボタンをタップする

ダウンロードはApple Watchを充電した状態で

ダウンロードに関して、ひとつ注意が必要です。
ダウンロードは、Apple Watchを充電した状態じゃないとできません。
自宅など、充電できる環境で行うようにしましょう。

聴く際には、Apple Watchにイヤホンをペアリングする

Apple Watchでダウンロードした音楽を聴くには、ブルートゥース・イヤホンが必要です。
Apple Watchには、イヤホンを聴くためのジャックがありません。
曲をダウンロードするだけでなく、ブルートゥース・イヤホンが必須。

ブルートゥース・イヤホンのペアリングは、Apple Watchの設定アプリで行います。
Apple Watchの設定アプリ(歯車アイコン)をタップします。

Apple WatchでApple Musicを聴く
Apple Watchの設定(歯車アイコン)をタップする

スクロールして、「Bluetooth」をタップ。

Apple WatchでApple Musicを聴く
「Bluetooth」をタップする

イヤホンをペアリングモードにすれば、「デバイス」にイヤホン名が出現します。

Apple WatchでApple Musicを聴く
イヤホンをペアリングモードにする

イヤホン名をタップすれば、ペアリングが完了です。

Apple WatchでApple Musicを聴く
イヤホン名をタップしてペアリングする

ダウンロードした曲を聴くには

ブルートゥース・イヤホンのペアリングが終わったら、曲を聴いてみましょう。
Apple WatchのApple Musicアプリをタップし、「ライブラリ > ダウンロード済み」と進みます。

Apple WatchでApple Musicを聴く
Apple WatchのApple Musicをタップする
Apple WatchでApple Musicを聴く
「ダウンロード済み > ライブラリ」と進む

ここで好きなモードを選択すれば、ダウンロードしたアルバムが表示されます。
タップすれば曲がスタート。
iPhoneがなくとも、Apple Watch(GPSモード)だけで音楽を聴けます。

Apple WatchでApple Musicを聴く
ダウンロードした曲が入っている
Apple WatchでApple Musicを聴く
プレイボタンを押せば、再生がスタートする

Apple Watchの容量の確認方法

ダウンロードできる曲数は、Apple Watchの空き容量の範囲内です。
Apple Watchにアプリや写真を入れたところで、使用する容量はたかがしれています。
数百の曲を入れられると思ってよいでしょう。

Apple Watchの容量は、iPhoneのWatchアプリから確認できます。
Watchアプリを起動し、「一般」をタップ。

Apple WatchでApple Musicを聴く
Watchアプリの「一般」をタップする

次画面の「情報」をタップ。
「使用可能」に表示されているギガ数が、Apple Watchの残容量です。

Apple WatchでApple Musicを聴く
「情報」からストレージの残量がわかる

まとめ

以上、Apple Watch単体で音楽を聴く方法の解説でした。
より自由な使い方をしたいなら、セルラーモデルが理想です。
しかしGPSモデルでも、できることはたくさんあります。

Apple WatchとApple Musicの組み合わせで、音楽を存分に楽しみましょう。

関連記事

2021年6月に、Apple Musicのロスレスがスタートしました。
ぼくも早速、Apple Musicを使って、高音質の音楽を楽しんでいます。

Apple Musicのロスレスの聴き方などを、以下の記事で詳しく解説しました。

SPONSORED