PR

【スマホで高音質】IKKOのDACアンプ・Zerda ITM03

その他イヤホン

Amazon Music UnlimitedApple Musicは、どちらも高音質で音楽を聴けるストリーミング・サービスです。

ただスマホだけで最高音質を引き出すには、DACアンプと有線イヤホンが必要です。

この記事では、最高音質を聴けるポータブルDACアンプ・IKKO Zerda ITM03をレビューします。

この記事で紹介している「IKKO Zerda ITM03」は、生産中止になりました。同じIKKOのDACアンプは、「Zerda ITM01」が現行機種で販売されています。

スポンサーリンク

スマホで高音質を聴くにはDACアンプが必要

Amazon Music UnlimitedApple Musicは、ストリーミング再生で最高「24bit/192kHz」のハイレゾを楽しめます。

ただしスマホで音楽を聴くには工夫が必要です。

スマホのDACは限界がある

例えばiPhoneを音楽プレーヤーとしてブルートゥース・イヤホンで聴くと、「24bit/192kHz」でも「16bit/44.1kHz」に変換されます。

では、iPhoneと有線イヤホンだとどうか? こちらも「24bit/48kHz」が限界です。

その理由は、iPhoneのDACに限界があるからです。

そこでDACアンプの出番です。DACアンプを用いれば、スマホでも「24bit/192kHz」のハイレゾを体験できます。

DACアンプとは?

DACとは「Digital to Analog Converter」の略です。DACはデジタル音源を、アナログ音源へ変換できます。

CD以降、曲はアナログ音源からデジタル音源へ変換され、販売されています。

デジタル音源をイヤホンやスピーカーなどで再生するには、デジタル化された音源を、再びアナログへ変換する必要があります。

最大限の情報量で出力

スマホやパソコンにも、もちろんDACは内蔵されています。ただ音楽専用ではないため、それほど高性能ではありません。

そこでスマホとイヤホンとの間に、最高音質まで対応したDACアンプを挟む。その結果、最大限まで曲の情報量をアップできるというわけです。

IKKOのポータブルDAC・Zerda ITM03

ではここから、DACアンプ「IKKO Zerda ITM03」を紹介します。

DACアンプは据え置きからスティック・タイプまで、さまざまな種類があります。

「IKKO Zerda ITM03」は、手軽に持ち運びできるコンパクトサイズです。価格も1万円程度と、DACアンプの中では安価な部類に入ります。

開封レビュー

パッケージには、キャラクターが描いてありました。

IKKO(アイコー)とは、福岡県のオーディオメーカー・株式会社IC-CONNECTが運営しているブランドです。

キャラクターの描かれた箱
キャラクターの描かれた箱

箱を開けると、DACアンプ本体と取扱説明書が入っています。

中には、本体と取扱説明書
中には、本体と取扱説明書

DACアンプは、再生機とイヤホンを接続して使います。全長5センチほどで、持ち運びに適しています。

重量12グラムの小型で軽量なDAC
重量12グラムの小型で軽量なDAC

35mmジャックに有線イヤホンを接続し、もう片方を音楽プレーヤーに接続します。今回はiPhone用に、ライトニング端子モデルを購入しました。

光デジタル端子にも対応しており、iPhoneに接続すると35mmジャックが赤く光ります。

35mmジャックに有線イヤホンを差し込む
35mmジャックに有線イヤホンを差し込む
ライトニングケーブル端子。USB-C端子のモデルもある
ライトニングケーブル端子。USB-C端子のモデルもある

使い方はヘッドホンの35mmジャックを、イヤホン端子に接続します。もう片方をスマホに接続。これで完了です。

イヤホンケーブルとiPhoneの間に、DACをつなぎ入れる
イヤホンケーブルとiPhoneの間に、DACアンプをつなぎ入れる

DACアンプとLightningアダプターで音質比較

実際にDACアンプを用い、音質比較をしてみました。

使用した再生機器は、iPhone13 Pro Max。有線イヤホンはfinal・E3000、ストリーミングはApple Musicを使いました。

Apple純正のLightning – 3.5mmアダプタを使って接続した場合と、DACアンプ・Zerda ITM03で接続した場合とで聴き比べです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,324 (2024/06/15 19:04:17時点 Amazon調べ-詳細)

DACアンプを使用した方が明らかに良い音

前提として、純正アダプタと有線イヤホンだけでも良い音質です。派手さはないものの、フラットで癖がありません。

しかしDACアンプ・Zerda ITM03で聴いてみたところ、曲の印象がわかりやすく変わりました。

高域・中域・低域のそれぞれの音の輪郭がくっきりし、音の鳴る領域が広がりました

好みによるかもしれませんが、多くの人がDACアンプを通して聴いた方を「良い音だ」と感じると思います。

まとめ

高音質ストリーミングで音楽を聴いても、環境を整備しなければ魅力は半減します。高音質にこだわるなら、DACアンプは手に入れたいところです。

今回、紹介したようなIKKO Zerda ITM03は、価格も安く、最高音質を試すのに適しています。

DACアンプの使用を検討しているひとは、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました