PR

iPhoneの「クイックメモ」と「メモ」の違いと使い方を解説

iPhone

iPhoneのSafariでメモを共有しようとすると、「クイックメモ」の項目を目にします。

「普通のメモと何が違うんだろう」と気になりますね。

この記事ではiPhone純正メモアプリの、「クイックメモ」と「メモ」の違いを解説します。

スポンサーリンク

iPhoneの「クイックメモ」の作成方法

iPhoneの純正メモには、新規メモに「クイックメモ」と「メモ」の2種類があります。

クイックメモの作成方法は、主に以下2つです。

  • コントロールセンターのショートカット
  • Safariや写真など特定のアプリからシェア

コントロールセンターのクイックメモのショートカット作成は、以下の記事で詳しく解説しています(記事内の該当の箇所にジャンプします)。

>> 【快適に使える】iPhone純正メモの便利な設定を4つ紹介

特定アプリからの作成方法は、この記事の中ほどで解説します。

iPhoneの「クイックメモ」と「メモ」の違いと使い方

「クイックメモ」と「メモ」の大きな違いは、以下2つです。

  1. 保存されるフォルダが異なる
  2. クイックメモはアプリ上に常駐できる

1. 保存されるフォルダが異なる

ひとつ目の違いは、メモが保存されるフォルダです。

クイックメモを書くと「クイックメモ」フォルダが自動作成され、「クイックメモ」フォルダと通常の「メモ」フォルダの両方にメモが保存されます。

2. クイックメモはアプリ上に常駐できる

ふたつ目の違いは、クイックメモが画面上に常駐する点です。

クイックメモをSafariや写真アプリの共有から作成すると、共有した画面上にクイックメモが常駐します。

さらにメモをとりたくなったら、常駐しているクイックメモをタップすればOK。すぐに呼び出せて便利です。

Safariを例に解説

常駐といわれても、イメージがつかないかもしれません。以下、Safariを例に解説します。

ウェブページを見ていて、「メモに共有して、思いついたことを書いておきたい」と思ったとします。そんなときは、「共有ボタン」をタップ。

メモしたい画面で共有ボタンをタップ
メモしたい画面で共有ボタンをタップ

スクロールして、「クイックメモに追加」をタップします。

「クイックメモに追加」をタップ
「クイックメモに追加」をタップ

すると、クイックメモが起動します。共有したウェブのリンク付いており、メモも書くことができます。メモを書いたら、右上の「保存」をタップ。

新規クイックメモの画面が、ウェブのリンクがついた状態で起動する。メモを書いて、「保存」をタップ
新規クイックメモの画面が、ウェブのリンクがついた状態で起動する。メモを書いて、「保存」をタップ

ウェブページのリンク付きのメモが、「クイックメモ」フォルダに保存されました。

「クイックメモ」フォルダに保存される
「クイックメモ」フォルダに保存される

共有したウェブページにクイックメモが常駐

ここでメモへ共有したウェブページを、もう一度開いてみます。すると画面の右下に、小さなクイックメモが常駐しているのを確認できます。

共有したウェブページには、クイックメモが常駐する
共有したウェブページには、クイックメモが常駐する

追加でメモしたいことがあれば、常駐しているクイックメモをタップ。すると先ほど共有したクイックメモが再び開きます。

ワンタップで書きかけのメモを呼び出せて楽です。

常駐しているクイックメモが邪魔であれば、画面の端へスワイプ。するとクイックメモが小さく格納されます。

クイックメモが邪魔なときは、画面の端へスワイプすると小さく格納される
クイックメモが邪魔なときは、画面の端へスワイプすると小さく格納される

Safariで選択したテキストをクイックメモに

iPhoneのSafariでWebページのテキストを選択したとき、クイックメモへ即座にペーストできます。

選択したテキストだけでなく、Webページのリンクもペーストされるので便利です。

やり方はSafariを起動して、Webページのメモしたい部分を選択します。

メモしたい部分を選択
メモしたい部分を選択

表示されるメニューの右端にある「新規クイックメモ」をタップ。

「新規クイックメモ」をタップ
「新規クイックメモ」をタップ

するとメモアプリが開き、新規クイックメモに選択した部分が引用として、Webページはリンクカードとして掲載されます。

右上の「保存」をタップすれば、「クイックメモ」フォルダに保存されます。

選択部分は引用として、リンク付きで保存される
選択部分は引用として、リンク付きで保存される

MacやiPadでもクイックメモを使える

クイックメモは、iPhoneだけでなくMacやiPadでも作成できます。

iCloudで同期すれば、どのデバイスからでもすべて同じ「クイックメモ」フォルダに保存されます。

Macのクイックメモについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

>> Macクイックメモの使い方・使いこなしを解説【素早くメモ】

まとめ

以上、iPhoneの純正メモアプリの「クイックメモ」と「メモ」の違いの解説でした。

特に同じウェブページを参考にしてメモを取りたいとき、クイックメモを活用すればタップの回数を減らせます

デバイスに関わらず、「クイックメモ」フォルダにすべて集約されるのもわかりやすくて良いですね。

メモをよく使う人は、クイックメモを試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました