iPhone純正メモを使う前に、やっておきたい便利な4つの設定

iPhone

iPhoneのメモは、そのままでも支障なく使うことができます。ただ初期設定から少し変更させると、さらに使い勝手が良くなります。

例えば「ほんの数タップの節約」であっても、毎日つかうメモの操作は少しでも快適にしたほうが良いですね。

そこでこの記事では、iPhoneメモの4つのおすすめ設定を紹介します。

スポンサーリンク

iPhone純正メモを使う前に、やっておきたい便利な4つの設定

では早速、やっておきたい設定を解説します。以下の4つがあります。

  1. iCloudの設定
  2. コントロールセンターにメモを設置
  3. iPhoneのドックへメモアイコンを設置
  4. 1行目の表示を選ぶ

ひとつずつ解説します。

1. iCloudの設定

iPhoneのほかに、MacやiPadなど複数のアップル製品を使っているなら、iCloudでメモを同期しておくとよいです。

同期させれば、同じApple IDのどのアップル製品からでも最新のメモを見れます。

やり方はiPhoneの設定をタップし、上の自分のアカウント名をタップします。

設定のアカウント名をタップ
設定のアカウント名をタップ

次画面の「iCloud」をタップ。

iCloudをタップ
iCloudをタップ

「iCloudを使用しているAPP」の「すべてを表示」をタップ。

「すべてを表示」をタップ
「すべてを表示」をタップ

次画面の「メモ」をタップ。

「メモ」タップ
「メモ」タップ

「このiPhoneを同期」をオンにします。これで完了です。

「このiPhoneを同期」をオンにする
「このiPhoneを同期」をオンにする

またiCloudの詳しい解説は、以下の記事に書いています。合わせて、参考にしてみてください。

>> iCloudを50GBにするメリット【月額130円で快適になる】

2. コントロールセンターにメモを設置

コントロールセンターとは、iPhoneの画面右上を下にスワイプすると出てくる、補助メニュー機能です。ここにメモアプリを設置しておけば、起動が楽にできます。

ではコントロールセンターに、メモアプリを設置しておきましょう。

やり方は「設定」をタップし、「コントロールセンター」をタップします。

「設定」の「コントロールセンター」をタップ
「設定」の「コントロールセンター」をタップ

「コントロールを追加」で、「クイックメモ」と「メモ」のプラスボタンを押して追加します。

「クイックメモ」と「メモ」を追加する
「クイックメモ」と「メモ」を追加する

「含まれているコントロール」に追加されたら、右の3本線のアイコンをドラッグして、それぞれ上から4番目と8番目に設置します。

上から4番目と8番目に設置する
上から4番目と8番目に設置する

これでコントロールセンターを開くと、右はしの押しやすい位置に「クイックメモ」と「メモ」のアイコンが並びました。

コントロールセンターから、すぐに新規メモを作成できる
コントロールセンターから、すぐに新規メモを作成できる

どちらをタップしても、すぐに新規メモ作成の画面が表示されます。

2つの違いは、保存されるフォルダです。クイックメモで起動して新規メモを作成すると、クイックメモフォルダに保存され、メモアイコンで作成すると、メモフォルダに保存されます。

3. iPhoneのドックへメモアイコンを設置

iPhoneのホーム画面の下4つのアイコンはドックと呼ばれ、スワイプしてもその4つは常駐します。このドックの中にメモアイコンを入れておくと、さらに使い勝手が良くなります。

アイコンの移動はメモアイコンを長押しして、サブメニューの「ホーム画面を編集」をタップ。アイコンが震えだしたら、メモアイコンをドラッグしてドックへ移動させます。

ドックに入れておくと、どのホーム画面からでもメモを起動できる
ドックに入れておくと、どのホーム画面からでもメモを起動できる

4. 1行目の表示を選ぶ

書いたメモは、フォルダの中でタイトルが一覧表示されます。あとからメモを探しやすいように、タイトルはその都度、きちんと書いておくとよいです。

とはいえ、メモの1行目がタイトルの大きな文字になるのは嫌な人もいると思います。1行目の表示は、設定で変更可能です。

1行目の表示の変え方

設定を変えるには「設定」の「メモ」から、「新規メモ開始スタイル」をタップ。

「新規メモ開始スタイル」から1行目を何にするか決められる
「新規メモ開始スタイル」から1行目を何にするか決められる

「新規メモ開始スタイル」から、自分の好きな大きさのスタイルを選びます。

1行目を好みのものに変える

まとめ

以上、iPhoneメモを使う前にやっておきたい4つの設定でした。

  1. iCloudの設定
  2. コントロールセンターにメモを設置
  3. iPhoneのドックへメモアイコンを設置
  4. 1行目の表示を選ぶ

最初に設定を変えておくと、その後の操作が楽になりますよ。この記事を参考に、自分にとってやりやすい設定に変えてみてください。

またiPhoneメモの基本的な使い方を、以下の記事に書きました。合わせて参考にしてみてください。

>> 初心者向け・iPhoneメモ基本的な使い方【シンプルで高機能】

タイトルとURLをコピーしました