Apple Watchアクティビティの見方と設定を解説【健康を維持】

Apple Watch

Apple Watchといえば、アクティビティが知られています。

「どのくらい体を動かしたか」を自動計測し、足りなければ「もっと体を動かしましょう」と促してくれる。専属のコーチを腕に着けているような感覚です。

そこでこの記事では、Apple Watchのアクティビティの使い方を詳しく解説します。

「アクティビティって、リングを完成させるやつ?正直よくわからないんだよな…」とあやふやな人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Apple Watchアクティビティは、Appleの純正アプリ

アクティビティは、Apple Watchに始めから入っている純正アプリです。ホーム画面の中に、「赤・緑・青」の3つの円のアイコンがあります。

赤・緑・青の3つの丸がアイコンの目印
赤・緑・青の3つの丸がアイコンの目印

このアイコンをタップすると、アクティビティの画面が表示されます。

Apple Watchの「アクティビティ」

3つのリングの進み具合により、「その日、現時点でどのくらい体を動かしているか」を視覚的に知ることができるのです。

まずは、これら3つのリングについて解説します。

アクティビティの3つのリングの見方

アクティビティは、1日の活動量を3つのリングに集約しています。その3つとは、以下の通りです。

  1. ムーブ(赤)
  2. エクササイズ(緑)
  3. スタンド(青)

ひとつずつ解説します。

1. ムーブ(赤)

いちばん外側の赤色は、体を動かした際の活動量(ムーブ)を表します。

意識して運動したときだけでなく、通勤や家の掃除、階段の上り下りなど、あらゆる活動で消費した総カロリーを計算します。

2. エクササイズ(緑)

2番目の緑色は、意識して体を動かした際の運動量(エクササイズ)を表します。

例えば通勤で15分歩く場合、のんびり歩いてもエクササイズは進みません。早歩き以上のウォーキングであれば、エクササイズとしてカウントされ、リングが進みます。

3. スタンド(青)

いちばん内側の青色は、1日に立ち上がった回数(スタンド)を表します。

測定は1日の活動時間を12時間として、1時間に一度、1分間以上たちあがって歩いたり運動した際にカウントされます。

50分間すわったままのときは、Apple Watchが「あと少しです!」と促してくれます。

アクティビティのゴールを調整する

3つの円の進み具合を確認すれば、意識的に体を動かすようになりますね。

ただし目標を達成できない(リングを閉じられない)日が続くと、モチベーションが落ちてしまいます。初期設定の目標をクリアできないなら、低く設定し直すとよいです。

目標値の変え方は、Apple Watchの「アクティビティ」を開き、下にスクロール。「ゴールを変更」をタップします。

「ゴールを変更」をタップ

最初にムーブの目標値の調整画面が表示されます。

マイナスとプラスのボタンで調整するか、デジタルクラウンを回して変更し、「次へ」をタップ。エクササイズの変更画面へ移ります。

ムーブの目標値を変更する

エクササイズの目標値を変更して、「次へ」をタップ。

エクササイズの目標値を変更する
エクササイズの目標値を変更する

最後にスタンドの目標値を変更して、「OK」をタップすれば完了です。

スタンドの目標値を変更する
スタンドの目標値を変更する

アクティビティの通知をオフにする

アクティビティはその日の達成度に応じて、何度か通知がきます。最初のうちは「Apple Watchから励まされた。嬉しい!」と思えても、しょっちゅう通知が来ると邪魔に感じてくるかもしれません。

これらアクティビティの通知はオフにできます。やり方は、ペアリングしているiPhoneのWatchアプリを起動します。

Watchアプリを起動する
Watchアプリを起動する

「アクティビティ」をタップ。

「アクティビティ」をタップ
「アクティビティ」をタップ

「通知オフ」を選択します。これでアクティビティの通知は来なくなりますが、スタンドの通知は別に設定が必要です。

「通知オフ」を選択する
「通知オフ」を選択する

スタンドの通知(リマインダー)をオフにする

1時間に1度、スタンドを促してくれる通知は、ひとによってはうっとうしく感じるかもしれません。集中して作業しているときに通知が来ると、集中力が途切れてしまいますね。

スタンドの通知は、iPhoneのWatchアプリのアクティビティを「通知オフ」にしてもオンのまま残るので、「スタンドリマインダー」を個別にオフにします。

「スタンドリマインダー」をオフにする
「スタンドリマインダー」をオフにする

アクティビティをiPhoneのフィットネスアプリで確認する

アクティビティは、iPhoneアプリのフィットネスと連動しています。フィットネスを見ることで、より詳しいデータを大きな画面で確認できます。

確認するには、iPhoneの「フィットネス」をタップ。

iPhoneの「フィットネス」をタップ

「概要」の「アクティビティ」をタップ。

Apple Watchで自動計測しているデータを、大きな画面で見ることができます。

現時点のアクティビティを確認できる
現時点のアクティビティを確認できる

リングのゴールは、iPhoneからも変更可能

ちなみにリングの目標値は、iPhoneのアクティビティの「ゴールを変更」でも変えることができます。

iPhoneのアクティビティ「ゴールを変更」からも、目標値を変えられる
iPhoneのアクティビティ「ゴールを変更」からも、目標値を変えられる

アクティビティの履歴を確認する

Apple Watchを着けてしばらく経ったら、アクティビティの履歴を確認してみるとよいです。曜日や季節によって、達成度に変化があると思います。

履歴はアクティビティのトップ画面の右上の、カレンダーアイコンをタップします。

カレンダーアイコンをタップ

Apple Watchを着け始めてからの、アクティビティの履歴を確認できます。

履歴を確認できる

気になる日にちをタップすると、詳しい情報が表示されます。

ヘルスケアの詳細を設定し、より正確なデータをとる

Apple WatchをiPhoneにペアリングしてヘルスケアを使い始めると、初期設定として身長や体重など入力していると思います。

これらに変化があれば、その都度、修正するとより正確なデータを取得できます。

ヘルスケア詳細の修正は、アクティビティのトップ画面の右上にある自分のアイコンをタップします。

アクティビティのトップ画面の自分のアイコンをタップ
アクティビティのトップ画面の自分のアイコンをタップ

「ヘルスケアの詳細」をタップ。

「ヘルスケアの詳細」をタップ
「ヘルスケアの詳細」をタップ

変化のあった項目をタップして修正し、右上の「完了」をタップして終了です。

変化のあった箇所を修正して、右上の「完了」をタップする
変化のあった箇所を修正して、右上の「完了」をタップする

まとめ

以上、Apple Watchのアクティビティの解説でした。

基本的には着けっばなしで、通知のアドバイスに励まされながら体を動かす感じです。数値を確認することで意識的に体を動かすようになり、健康な状態を維持できます。

Apple Watchは良い機能がたくさんありますが、アクティビティは最も基本的で効果の高い機能です。

アクティビティを確認すると、より健康的な生活を心がけるようになりますよ。

またアクティビティの他にも、自動計測する機能がApple Watchにはたくさんあります。以下にまとめたので、合わせて参考にしてみてください。

>> Apple Watchのヘルスケア機能7選【着けるだけで自動計測】

created by Rinker
技術評論社
¥1,738 (2022/11/28 21:53:43時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました