MacBook Proで充電できずバッテリー切れした時の対処方法

Mac・iPad

MacBook Proで、急に電源トラブルが発生。
充電できない上、バッテリーが切れてしまいました。

相当焦りましたが、SMCリセットで復活させることができました。

そこでこの記事では、MacBook Proで電源が入らず、さらにバッテリー切れになったときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

MacBook Proで充電できずバッテリー切れした時の対処方法

ある朝、MacBook Pro16インチ(Intel)を開いたところ、バッテリー残量が数パーセントの表示。

USB-Cを差し込みましたが、給電しません。

再起動しましたが、やはり充電できず。
そのままバッテリー残量が、1%に低下してきました。

バッテリーがなくなる恐怖心

1%になると、「バッテリー切れで復活できないのでは?」と恐怖心が生まれますね。

トラブル時は、何はなくとも原因の特定です。

電源アダプタが壊れているのかと別デバイスへつなげましたが、きちんと給電されます。

MacBook Proの特定の端子が壊れているのかと思いましたが、4端子すべてに差し込んでも認識しなかったです。

原因は、Macのシステムの不具合のようでした。

バッテリー不足でセーフブートもできない

セーフブートしようかと思いましたが、バッテリー残量が1%だと起動中に落ちてしまうかもしれません。

それはさらなる故障の原因になりそうなので、避けたいと思いました。

ちなみにセーフブートとは、起動ディスクのチェックと必要に応じ修正する再起動方法です。
セーフブートのやり方は、以下の記事に書いてあります。

合わせて参考にしてみてください。

>> Macキーボードで遅延や文字変換が重い時にやること8つ

SMCリセット

そこで、「SMCリセット」することにしました。

SMCとは「System Management Controller」の略で、Macの電源管理を制御する部分の略称です。

電力供給しないなら、SMCリセットすれば改善の可能性がありそうです。

IntelチップとAppleシリコンで、SMCリセットは異なる

SMCリセットは、AppleシリコンとIntelチップとでやり方が異なります。

Appleシリコンの場合は、再起動するだけでSMCリセットも行われます。

Intelチップは、以下の手順です。

  1. 「左側のControlキー・Optionキー・右側のShiftキー」の3つを同時に押し、7秒間そのまま
  2. 7秒後に電源キーを加え、計4つのキーを押したまま、もう7秒間待つ
  3. 指を離した後しばらく待ち、再度電源キーを押してMacを起動する
MacBook Pro SMCリセット
macOSユーザガイドより

SMCリセットを試したところ、Macがログイン画面に変わりました。

しかし電源をさしても、画面のバッテリー表示は充電中になりません。

「失敗したか…」と思いましたが、どうやらSMCリセットで不具合は直っていたようです。

ログインしたら症状が直っていた

「試しに起動させてみるか」とパスワードを入力すると、通常画面へ移行しました。

右上のバッテリー表示を見ると、なんと充電中になっています。
無事、電源供給が行われていました。

まとめ

以上、SMCリセットでMacを修復した経緯の紹介でした。

Macの修復には再起動やセーフブートがありますが、電源トラブルはSMCリセットが有効です。

Macで電源トラブルがあった場合は、SMCリセットを試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました