バタフライキーボードとシザーキーボードの違いを解説

Mac

MacBook Proのキーボードが、2019年11月発売の16インチから刷新しました。

評判の悪かったバタフライ構造から、シザー構造へ変更です。

この記事では、バタフライキーボードとシザーキーボードの違いを解説します。

バタフライ構造とは

まずは2019年までAppleが採用していた、バタフライキーボードの構造を解説します。

バタフライキーボードは、蝶々の羽のように、キーを逆ハの字の金具が支えているキーボードです。

金具がバネのように反発し、タッチしたキーを押し戻します。

逆ハの字の反発力でキータッチする

従来よりキーストロークを浅くすることができ、その分、安定性が4倍も向上しました(Appleの発表による)。

MacBook 12インチのため、バタフライ構造を採用

バタフライ構造のキーボードの登場は、2015年MacBook 12インチの発売時です。

当時のAppleのデザインを統括していたジョニー・アイブは、MacBook12インチの発表会で以下のように話しました。

「我々はひとつの組み立てによる、堅牢なバタフライ構造を作成した」

つまりバタフライキーボードとは、MacBook 12インチの極薄ボディを実現するために生み出されたものでした。

バタフライキーボードの3つの欠点

そんなバタフライキーボードは、登場から色々と欠点が指摘されていました。

代表的な欠点は、以下の3つです。

  1. 反応しないキーが出てくる
  2. 打ちづらい
  3. 打鍵音がうるさい

ひとつずつ解説します。

1. 反応しないキーが出てくる

バタフライキーボードは、12インチの極薄ボディのために開発されました。

その薄さゆえ、致命的な欠点を持つことになります。
キーボードの隙間にホコリが溜まると、キーが効かなくなってしまうのです。

ぼくの経験上、無反応になったキーは、隙間をエアダスターでホコリを吹き飛ばすことで復活します。
詳しくは以下の記事に書いたので、参考にしてみてください。

>> バタフライキーボードの無反応時はエアダスターで修復

修復できるにせよ、「またキーが効かなくなるかもしれない」と不安を抱えながら使うのはちょっと嫌ですね。

リニューアルを重ねても、不具合を解消できず

バタフライキーボードの苦情はAppleへ大量に届いていたようです。

Appleでは対象モデルの不具合に対し、販売から4年間の無償修理を受け付けています。
以下リンクは、Apple公式サイトのアナウンスです。

Apple公式サイト >> MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム

無償修理の対象マシンを見ると、2019年モデルも入っています。

2015年にバタフライ構造を採用して以来、何度もキーボードのリニューアルをしたものの、結局不具合を解消できなかったことがわかります。

2. 打ちづらい

バタフライ構造の第2の欠点は、打ちづらさです。
これも、キーの沈み込みがごく浅いために起こった現象です。

ネット上では「指が痛くなる」「疲れる」など、ネガティブな意見をよく見ましたね。

3. 打鍵音がうるさい

最後は、打鍵音です。

バタフライキーボードは、打鍵時に「パチパチパチ」とオハジキを弾いているような音がします。

一般的なラップトップに比べて音が大きく、カフェなど公共の場では使っていると、悪目立ちしてしまいました。

シザー構造のキーボードへ変更

それら欠点がありつつも、バタフライキーボードはホコリが入らないようにしたり、音が鳴らないようにしたりとリニューアルを繰り返しました。

しかし努力も実らず、2019年11月発売のMacBook Pro 16インチからは、以前のシザー構造へ変更されました。

シザー構造とは

変更となったシザーキーボードとは、どういう構造なのか。

シザーとは、ハサミを意味します。
その名の通り、キーの下をハサミのような2枚構造の金具がエックス型で支えます。

下画像は、2015年春のAppleイベント“ Spring Forward”の新MacBook紹介です。

左がシザー構造、右がバタフライ構造です。

左がシザーキーボード、右がバタフライキーボード

バタフライの欠点を解消したシザーキーボード

バタフライ構造が反発力でキーを支えるのに対し、シザー構造は2枚の組み合わせでキーに弾力を持たせるイメージです。

シザー構造はバタフライ構造に比べ、確かに安定性は劣るでしょう。
しかしより深く沈みことで、打ちやすく、静かになり、ホコリにも強くなりました。

シザー構造に戻した結果、バタフライ構造の欠点をすべて修正できたのです。

ボディの薄型化を諦めたApple

キーボードをシザーへ戻した結果、当然ながら厚みは以前よりも増しました。

それまでMacBook Pro 15インチの厚さが15.5ミリだったのに対し、シザーキーボードに戻した16インチは16.2ミリと、0.7ミリ厚くなりました。

キーストロークはそれぞれ、バタフライ構造が0.55ミリ、シザー構造が1ミリ。

その差が0.45ミリあるわけですから、0.7ミリ増加した厚みは、キーボード刷新によるトレードオフが大きいです。

バタフライキーボードとシザーキーボードの打鍵感の違い

シザーキーボードを採用したMacBook Pro 16インチを使ってみると、以前に比べ、確かに打ちやすくなったと感じます。

打ちやすくなったというより、「普通のキーボードになった」がより正確ですね。

シザーキーボードは、バタフライ構造より反発力がそれほど強くありません。
押し込む指の力を、クッションで押し戻す感じです。

2枚のエックス型が効いていて、なおかつキーストロークが深くなったことで、自然な力加減でキーが反応します。

そのため、疲労感もバタフライ構造に比べ軽減しています。

文字を打っていて、心地よさがある

「普通のキーボードになった」と書きましたが、そこはアップルの製品です。
打っていて、表面の触り心地やキーの沈み込む感覚に、なんとも言えない心地よさがあります。

Appleは、この新しいシザー構造にそうとう神経を使ったのでしょう。

バタフライ構造が苦手だったひとにとって、シザー構造のMacBook Proは良い印象を持つはずです。

大きく改善した、打鍵音

打ちやすさだけでなく、打鍵音も改善しました。

バタフライ構造のような「パチパチパチ」という音はなく、無音とまでいきませんが、小さく「カチャカチャ」と鳴る感じ。

平均的なラップトップのキーボードに比べても、静かな部類に入ると思います。

まとめ

以上、バタフライキーボードとシザーキーボードの解説でした。

バタフライキーボードの欠点は、以下の3つ。

  • 反応しないキーが出てくる
  • 打ちづらい
  • 打鍵音がうるさい

それらを解消したシザーキーボードの利点は、以下3点でした。

  • 故障の心配が減った
  • より打ちやすくなり、疲労が軽減
  • 打鍵音が静かになった

特にパソコンで作業する人にとって、キーボードは重要な問題です。

AppleがMacBook Proのキーボードをバタフライ構造からシザー構造へ戻したことは、多くの人にとって歓迎することだったと思います。

ちなみにぼくは、MacBook Proを外付けキーボードで使っています。
使用している外付けキーボードは、HHKBです。

HHKBは、3万円以上する高級キーボードです。
果たしてそれだけの価値が、このキーボードにはあるのか。

以下にレビューを書いているので、合わせて参考にしてみてください。

>> プロご用達のHHKB Professional HYBRID Type-Sをレビュー

タイトルとURLをコピーしました