Amazon Music HDで最高の音楽体験【音質や料金など解説】

ストリーミング

ストリーミングで、ハイレゾを聴ける時代がやってきました。

Amazonが運営するAmazon Music Unlimitedは、月額980円でハイレゾ音質が楽しめるストリーミングサービスです。

何百万枚のCDを持ち歩くことは不可能ですが、Amazon Musicに加入していれば、スマホで9000万曲をいつでも聴けます。

そこでこの記事では、Amazon Music Unlimitedの最高音質を楽しむ方法、料金プランなど詳しく解説します。

Amazon Music HDで最高の音楽体験【音質や料金など解説】

Amazon Music HD

Amazonは、2つの音楽配信サービスを提供しています。

ハイレゾ音質を聴けるのが、Amazon Music Unlimited
もうひとつが、プライム会員になると無料で聴けるAmazon Music Primeです。

まずはこの2つの違いを解説します。

  1. Amazon Music Unlimited
  2. Amazon Music Prime

1. Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedは、月額980円で加入できるAmazonの音楽配信サービスです。

配信している楽曲の数は、実に9000万曲以上。
CDやハイレゾレベルの音質を楽しめるのが特徴です。

ちなみにもともとAmazonは、Amazon Music UnlimitedとAmazon Music HDの2つにプランを分けていました。

HD音質以上を聴くにはAmazon Music Unlimitedから追加で1,000円払い、Amazon Music HDへランクアップする必要があったのです。

それら2つのプランが2021年6月より統合され、追加料金なしで高音質を楽しめるようになりました。

2. Amazon Music Prime

一方、Amazon Music Primeは、アマゾンのプライム会員に向けたものです。

こちらはプライム会員に入っているだけで、無料で利用できます。
いわば、プライム会員のおまけ的な立ち位置ですね。

そのため、Amazon Musicに比べ楽曲数は劣ります。
その数、200万曲。
音質も標準のみ(高音質は不可)です。

Amazon Music Unlimitedの料金まとめ

Amazon Music Unlimitedの料金は月額980円ですが、少しお得に利用できるオプションがいくつかあります。

表にまとめると、以下になります。

Amazon Music UnlimitedAmazon Music Prime
月払い980円
月払い(プライム会員)880円500円(プライム会員料)
年払い(プライム会員)8,800円4,900円(プライム会員料)
ファミリープラン月払い1,480円
ファミリープラン年払い(プライム会員)14,800円
ワンデバイスプラン480円
月払い(学生)480円250円(プライム会員料)
年払い(学生)2,450円(プライム会員料)

では、5つのお得な支払い方法について解説します。

  1. プライム会員になる
  2. 年払いにする
  3. ファミリープランを使う
  4. Echoシリーズで使う
  5. 学生プランを利用する

1. プライム会員になる

Amazonには、様々な特典を受けられるプライム会員があります。

プライム会員に入るとAmazon Music Primeが無料で聴けるほか、Amazon Music Unlimitedの料金も980円から880円と100円安くなります。

プライム会員については、以下の記事で詳しく解説しています。
合わせて参考にしてみてください。

>> Amazonプライム会員の解説【配送料無料・映画見放題】

2. 年払いにする

プライム会員は、Amazon Music Unlimitedの支払いを年払いにできます。

年払いの料金は8,800円。
月換算733円と、けっこうお得です。

3. ファミリープラン

Amazon Music Unlimitedには、ファミリープランが用意されています。

最大6アカウント・同時配信6台まで可能です。

料金は月額1,480円。
2人で利用すれば、十分に元が取れますね。

こちらもプライム会員は、年払い14,800円(月換算1,233円)で利用可能です。

ファミリープラン・年額プランへの変更方法

ファミリープランや年払いへの変更は、ブラウザのウェブプレーヤーから行えます。

Amazon Music 選択ページの右上「ウェブプレーヤーを聴く」をクリックし、次ページの右上の歯車アイコンから「Amazon Musicの設定」をクリック。

すると、ファミリープランや年払いへ変更できる画面へ移ります。

4. Echoシリーズで使う

Amazonが発売しているスマートスピーカー・EchoシリーズにAmazon Music Unlimitedを設定すると、「ワンデバイスプラン」として月額480円で利用できます。

ただし登録できるのは、Echoシリーズ1台のみ。
音質はSD音質のみで、HD以上の音質は不可となっています。

5. 学生プランを利用する

大学や専門学校などに所属している人は、学生プランを利用できます。

料金は480円と、一般料金に比べ半額近いです。
新規会員登録の無料体験も、6ヶ月間可能とかなり優遇されています。

一般会員と同じく、HD以上の高音質での再生も可能。

ただし学生プランを利用できるのは、最大4年間。
また学生といえど、高校生以下は利用できません。

Amazon Music Unlimitedの登録方法

ここから、Amazon Music Unlimitedの登録方法を解説します。

ちなみにAmazonは新規登録者を対象に、Amazon Music Unlimitedの無料体験を30日間設けています。

まずは、画面中央の「無料で試す」をタップします。

Amazon Music
「無料で試す」をタップ

Amazonにログインしていなかったら、ログイン画面へ移ります。

ログイン後、「お支払い方法」など確認し、「今すぐ登録」をタップして完了です。

Amazon Music
「今すぐ登録」をタップして完了

新規会員の場合、まずは30日間の無料体験期間がスタートします。
無料体験期間中に解約すれば、料金は発生しません。

登録後はAmazon Musicのアプリをダウンロードして、早速、音楽を楽しみましょう。

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

Amazon Music Unlimitedで、最高音質を聴くには

Amazon Musicのアプリをダウンロードしたら、最高音質を聴くための設定が必要です。

アプリのホーム画面右上の、歯車アイコンをタップします。

右上の歯車アイコンをタップ
右上の歯車アイコンをタップ

「設定」をタップ。

「設定」をタップ
「設定」をタップ

「ストリーミング設定」をタップ。

「ストリーミング設定」をタップ

Wi-Fiもモバイルデータも、デフォルトでは「標準」にチェックが入っています。

高音質を聴く際には、「自動」もしくは「HD/Ultra HD」にチェックを入れます。

「自動」もしくは「HD/Ultra HD」にチェックを入れる
「自動」もしくは「HD/Ultra HD」にチェックを入れる

ちなみに高音質はギガの消費が激しいため、モバイルデータでの消費を抑えたい場合は、モバイルデータを「標準」にしておくと良いです。

最高音質とは?

Amazon Music Unlimitedは、最高音質で音楽を楽しめるのが売りです。

ただ「最高音質といわれても、それって個人の感覚の問題では?」といった意見もあると思います。

もちろん個人の感覚も大切ですが、実は音質は数字で測れます。

音質を測る際の指標が、「bit」と「kHZ」です。
Amazon Musicの音質を解説するために、まずはこれら2つの単位を解説します。

bit(ビット)とは

bit(ビット)は、量子化ビット数を表す値です。

「量子化ビット数」と聞くと難しくて身構えてしまいますね。
要はこの値が大きいほど処理できる信号の値(ダイナミックレンジ)が広くなり、音の解像度がアップします。

ストリーミング再生の場合、この値は16bitもしくは24bit。
16bitと24bitとを比べると、値の大きい24bitのほうが「音の解像度が高い」となります。

kHZ(キロヘルツ)とは

もうひとつのkHZ(キロヘルツ)は、サンプリング周波数を表します。

「サンプリング周波数」とは、また難しい言葉です。

皆さんご存知の通り、音とはもともとアナログです。
それをネット回線で聴くには、アナログをデジタル信号へ置き換える必要があります。

この置き換えた際に「1秒間で何回処理するか」を表すのが、サンプリング周波数(kHZ)です。

kHZが高いほどデジタル信号がなめらかにつながり、「音質が良い」と感じます。

CDの音質は16bit / 44.1kHZ

bitとkHZとを説明されても、実際の数字の例を聞かないとよくわからないですね。

bitとkHZのわかりやすい指針が、CD音源です。
CDの場合、bitは16、kHZは44.1です。

この値は、以下のように表現されます。

CDの音質 = 16bit / 44.1kHZ

Amazon Music Unlimitedは、このCD音質と同等、もしくはそれを上回る高音質で音楽を聴けます。

つまりAmazon Musicを使えば、何千万枚ものCDを持っているのと同じことになるのです。

CD音質以上のハイレゾ級もAmazon Musicで聴ける

さらにAmazon Music Unlimitedには、最高で「24bit / 192kHZ」の音源が用意されています。

CDが16bit / 44.1kHZなので、数字的にはその倍以上の解像度です。
音質の高さの度合いが、分かると思います。

いわゆるハイレゾと呼ばれる音質のkHZは96~192です。
そのためAmazon Musicは、「ハイレゾ級の解像感をストリーミングで聴けるサービス」というわけです。

ただし、Amazon Musicのすべての曲がハイレゾ級ではありません。

いちばん多いのはHD音質で、現状のハイレゾ音源は全体の一部となっています。

空間オーディオも楽しめる

Amazon Musicは、空間オーディオでも音楽を聴けます。

空間オーディオとは平面の横空間だけでなく、上からも含めた立体空間で聴こえる音楽体験です。

現状ではハイレゾ音質と同じく、一部の曲のみ対応しています。

空間オーディオについては、以下の記事に詳しく書いています。
合わせて参考にしてみてください。

>> Amazon Music空間オーディオが全ヘッドホン・イヤホン対応

ハイレゾの楽曲を数値で確認

Amazon Music Unlimitedは、「すべての曲がハイレゾ音質ではない」と書きました。
「標準音質・CD音質・ハイレゾ音質」の3種類の音質が、ごちゃまぜになっています。

聴いている人にとっては、「それが標準なのか高音質なのか」と気になりますね。
Amazon Musicでは、聴いている曲の音質をリアルタイムに確認できます。

曲に音質の表記がある

聴いている曲のタイトル左上に、「SD・HD・Ultra HD」のいずれかの表記があります。

曲に音質の表記がある

それぞれの表記は、再生中の音質を表しています。

  • SD = 標準音質
  • HD = CD音質
  • Ultra HD = ハイレゾ音質

表記をタップすると情報が詳しくわかる

さらにその表記をタップすると、bit(ビット)とkHZ(キロヘルツ)の情報が表示されます。

例えば以下の情報を見てみると、楽曲の品質はUltra HDとなっています。

しかしそれに対し、出力は「16bit / 44.1kHZ」と表記されています。

最大音質を再生できていないようです。

最大音質で再生できていない

これは再生に使っているスマホとブルートゥースのどちらか(もしくは両方)が、「16bit / 44.1kHZ」までしか対応していないからです。

このようにAmazon Music Unlimitedの高音質を楽しむには、曲だけでなく出力するスマホやイヤホンにひと工夫が必要です。

スマホでUltra HDを聴く

では、どうすればスマホでUltra HDを聴けるのか。

スマホの多くの最高音質は、24bit / 48kHZまでです(機種によって変わります)。

スマホで「24bit / 96kHZ」や「24bit / 192kHZ」などハイレゾを聴くには、DACと呼ばれるコンバーターをつなげて、有線イヤホンで聴く必要があります。

DACは100万円を越える高額なものもありますが、1万円程度で買えるUSBタイプもあります。

ちなみにぼくは、ハイレゾを聴くときは小型で安価なUSB-DACのIKKO Zerda ITM03を使っています。
以下の記事で紹介しているので、興味ある方は読んでみてください。

>> USB-DACのIKKO Zerda ITM03レビュー【スマホで高音質】

パソコンでUltra HDを聴く

Amazon Music Unlimitedは、スマホだけでなくパソコンのアプリもあります。

パソコン作業中に音楽を聴くなら、パソコンのアプリを使うのが便利ですね。

ただしパソコンの音質は、デフォルトで制限がかかっています。
制限をMAXまで引き上げて、音質を最大まで引き出しましょう。

Macの出力フォーマットを最大にする方法

Macの場合「ユーティリティ → Audio MIDI設定」と進み、フォーマットを最高(画像の場合は96,000Hz)に変更します。

これで96kHZまでの出力が可能となります(Windowsは、やり方がわかりません。ごめんなさい)。

オーディオ設定で出力のkHZを最大に

排他モードで聴く

さらにパソコンのアプリでは、「排他モード」を設定できます。

排他モードとは、ミュージックプレイヤー以外の操作音など鳴らさないようにするモードです。

パソコンを操作していると、エラー音などがピコピコ鳴ります。
音楽を聴いていて、そういった操作音まで拾ってしまうと非常に耳障り。

排他モードをオンにすれば、音楽だけに集中できて快適度がアップします。

やり方はパソコンのAmazon Musicアプリを起動後、曲の選択時に表示される右下のスピーカーマークをクリックします。

右下のスピーカーマークをクリック

「利用可能なデバイス」というポップアップが出るので、区切り線の下の聴きたい端末を選び、「排他モード」にチェックを入れるとOKです。

「排他モード」にチェックを入れる

まとめ

以上、Amazon Music Unlimitedの解説でした。

ひと昔前は、多くの人がCDで音楽を聴いていました(そのもっと前はレコード)。

ネットからダウンロードで聴くスタイルを経て、ストリーミングが主流になってからは、音質より曲数や便利さがもてはやされました。

しかし音楽を楽しむのに必要なのは、やはり音質。
Amazon Musicは、「ストリーミングの音質の壁」をぶち破ったサービスです。

ハイレゾ級の音質は、新規会員登録なら30日間無料で体験できます。

Amazon Music Unlimitedの最高な音質を体験してみてください。

タイトルとURLをコピーしました