PR

Amazon Music Primeの使い方を解説【再生・ダウンロード】

ストリーミング

Amazonはプライム会員に向けて、音楽のストリーミング・サービスを提供しています。その名も、Amazon Music Prime

Amazonプライムに入っていれば、追加料金は不要。Amazonプライムは月額600円なので、他の有料の音楽サービスに比べ割安ですね。

しかもプライムビデオや配送料無料など、プライム会員の特典も使えます。

この記事では、Amazon Music Primeの使い方を解説します。

Amazon Music PrimeとUnlimitedの違い

AmazonはAmazon Music Primeの他に、Amazon Music Unlimitedも提供しています。

Amazon Music Unlimitedは、Amazon Music Primeのアップグレード版

月額1,080円(プライム会員980円)で、ハイレゾの高音質を聴けるのが特徴です。

Amazon Music UnlimitedとAmazon Music Primeを比較したのが、以下の表です。

Amazon Music UnlimitedAmazon Music Prime
月額1,080円(プライム会員980円)600円(Amazonプライム会員料)
年額9,800円(プライム会員のみ)5,900円(Amazonプライム会員料)
楽曲数1億曲1億曲
音質SD・HD・Ultra HDSD
Amazon Music UnlimitedとAmazon Music Primeの比較

以下の記事で、2つの違いを詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

>> Amazon Music UnlimitedとAmazon Music Primeの違い

Amazon Music Primeの使い方

ではここから、Amazon Music Primeの使い方を解説します。

Amazon Music Primeを利用するには、Amazonプライムへの入会が必要です。Amazonプライムの登録方法は、以下の記事を参考にしてください。

>> 【Amazonプライム会員】無料体験の登録・料金と内容も紹介

Amazon Music Primeはブラウザでも聴けますが、スマホ用のAmazon Musicアプリを使うと便利です。アプリもダウンロードしておきましょう。

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

聴きたい曲を探して再生する

準備が整ったら、Amazon Musicアプリを開いてみてください。聴きたい曲の基本的な探し方は、以下2つです。

ホーム画面から聴きたい曲を探す

Amazon Music Primeでは、音楽のほかにポッドキャストを聴けます。

音楽とポッドキャストのメイン画面は分かれており、画面下「ホーム」タブをタップして、画面上部のボタンから選べます。

ホーム上部のボタンで、音楽とポッドキャストのメイン画面を選べる
ホーム画面の上部のボタンで、音楽とポッドキャストのメイン画面を選べる

音楽のホーム画面には、以下のようなリストが並んでいます。

  • 曲を選んで再生できる厳選プレイリスト
  • お客様におすすめのプレイリスト
  • 新着のプレイリスト
  • おすすめのニューリリース
  • お客様におすすめのステーション
  • お客様へのおすすめ

これらプレイリストやアルバムから、好きな曲を探します。

例えば「お客様へのおすすめ」には、再生履歴に関連したプレイリストやアルバムが並んでいます。

画像を左へスワイプすれば、隠れているものが表示されます。右上の「もっと見る」をタップすると、

左へスワイプか、右上の「もっと見る」をタップ
左へスワイプか、右上の「もっと見る」をタップ

プレイリストやアルバムが一覧で表示されます。

プレイリストが一覧表示される
プレイリストが一覧表示される

検索からも、聴きたい曲を探せます。

画面下の「見つける」タブをタップ。遷移した画面上の検索に、曲やアーティスト名を入れて探します。

検索で聴きたい曲を探す
検索で聴きたい曲を探す

もしくは「音楽ジャンル」「聴き方を選ぶ」「ムード・アクティビティ」などから好きなものを選び、プレイリストやアルバムを絞り込めます。

試しに「音楽ジャンル」の「インディー&オルタナティブ」をタップすると、

聴きたい曲の大枠を選ぶ
聴きたい曲の大枠を選ぶ

その中の「人気のプレイリスト」や「人気のアルバム」が表示されます。

選んだジャンルなどから、プレイリストやアルバムを選択できる
選んだジャンルなどから、プレイリストやアルバムを選択できる

「音楽ジャンル」など、それぞれの項目の「もっと見る」をタップすると、

右上の「もっと見る」をタップ
「もっと見る」をタップ

隠れている項目すべてが、一覧表示されます。

隠れている項目がすべて一覧表示される
隠れている項目がすべて一覧表示される

シャッフル再生が基本

こうして好きな曲を選んでタップすると、あることに気づくと思います。選んだ曲が再生されないのです。

Amazon Music Primeは、「厳選プレイリスト」と「自分で作ったプレイリスト」以外、曲を選んで聴くことができません。

曲をタップすると、同じアーティストの別の曲や、同じアルバム内の別の曲、関連する曲などがシャッフル再生されます

この仕様は、検索で曲を選んでも同じです。

曲を選んでタップすると
曲を選んでタップすると
選んだ曲ではなく、同じアルバム内の別の曲が再生された
選んだ曲ではなく、同じアルバム内の別の曲が再生された

スキップは1時間に6回まで

「シャッフルで選ばれた曲が気に入らない」とスキップすると、6回で「スキップの上限回数に達しました。」と画面表示が出ます。

スキップは1時間に6回しかできない
スキップは1時間に6回しかできない

スキップは、1時間に6回までと決められています。「もっと自由な聴き方をしたければ、Amazon Music Unlimitedに登録してね」ということですね。

自由に楽しめるのは、限定されたプレイリスト

操作が不自由なAmazon Music Primeですが、限られたプレイリストでは自由にできます

自由に操作できるプレイリストは、以下の2つです。

  1. 曲を選んで再生できる厳選プレイリスト
  2. 自分で作成したプレイリスト

1. 曲を選んで再生できる厳選プレイリスト

「曲を選んで再生できる厳選プレイリスト」とは、ユーザーの好みから自動作成されたプレイリストです。

トップページのニューリリース下に表示されており、それまでに聴いた曲を元に自動生成されます。

「厳選プレイリスト」は曲指定もスキップも制限なし

2. 自分で作成したプレイリスト

自分でプレイリストを作成した場合も、曲の操作を自由にできます。作成可能なプレイリストは2つまで、曲数は合計で100曲までです。

プレイリストの作成は、画面下の「ライブラリ」タブをタップ。

画面下の「ライブラリ」をタップ
画面下の「ライブラリ」をタップ

「プレイリストを作ろう」をタップして、好みの曲を追加します。ひとつのプレイリストに、最低15曲最高50曲まで追加できます。

「プレイリストを作ろう」に好きな曲を入れる
「プレイリストを作ろう」に好きな曲を入れる

ダウンロードの方法

Amazon Music Primeは、曲をダウンロードしてオフライン再生できます。

ただしダウンロードも制限があります。ダウンロードできるのは、「厳選プレイリスト」と「自分で作成したプレイリスト」の全体のみ

例えば「厳選プレイリスト」の「My ディスカバリー」であれば、このプレイリスト全体はダウンロードできますが、曲単体でのダウンロードは不可です。

「厳選プレイリスト」でも、曲単体はダウンロードボタンを押せない
「厳選プレイリスト」内の曲でも、曲単体はダウンロードボタンを押せない

ダウンロードの設定

では「厳選プレイリスト」を例に、ダウンロードのやり方を解説します。

まずは設定を確認します。画面下の「ライブラリ」タブをタップし、右上の歯車アイコンをタップします。

「ライブラリ」の歯車アイコンをタップ
「ライブラリ」の歯車アイコンをタップ

展開したメニューの「設定」をタップ。

「設定」をタップ
「設定」をタップ

「ダウンロード設定」をタップ。

「ダウンロード設定」をタップ
「ダウンロード設定」をタップ。

Wi-Fi環境のみでダウンロードする場合は、「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」をオンにします。

ダウンロードはプレイリスト全体になるので、一度にダウンロードする曲数が多いです。

ギガの消費が激しいため、「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」のオンをおすすめします。

次にダウンロードの曲の音質を、「標準」か「容量節約」か選びます。「容量節約」を選択するとギガの消費を抑えられますが、音質は低くなります。

ダウンロードする環境と音質を設定する
ダウンロードする環境と音質を設定する

「厳選プレイリスト」からプレイリストを選択

設定が終わったら、実際にダウンロードしてみましょう。

画面下の「ホーム」タブをタップし、「厳選プレイリスト」からダウンロードしたいものを選択します。

試しに「My ディスカバリー」をダウンロードしてみます。

ダウンロードできるのは、「厳選プレイリスト」のプレイリスト全体のみ
ダウンロードできるのは、「厳選プレイリスト」のプレイリスト全体のみ

プレイリストのタイトル下の「ダウンロード」をタップ

「ダウンロード」をタップ
「ダウンロード」をタップ

ダウンロードが開始します。

ダウンロードがスタートする
ダウンロードがスタートする

ダウンロードした曲を聴く

ダウンロードが完了したら、曲を聴いてみましょう。ダウンロードした曲は、オフラインモードで聴けます。

画面下の「ライブラリ」タブをタップし、右上の歯車アイコンをタップします。

「ライブラリ」の歯車アイコンをタップ
「ライブラリ」の歯車アイコンをタップ

展開したメニューの「オフライン再生」をオンにします。

「オフライン再生」をオンにする
「オフライン再生」をオンにする

すると「ライブラリ」がオフライン再生モードになり、ダウンロードしたプレイリストを聴くことができます。

オフライン再生モードでダウンロードしたプレイリストを聴ける
オフライン再生モードでダウンロードしたプレイリストを聴ける

オフライン再生モードからホームボタンをタップすると、以下のように「オンラインでの再生を開始しますか?」と聞かれます。

ホームへ戻ると、ダウンロードした曲は聴けなくなる
ホームへ戻ると、ダウンロードした曲は表示されなくなる

「はい」を選択するとオンライン再生モードに変わり、ダウンロードしたプレイリストは表示できなくなります。

「オンライン再生モードにしたのだから、オンラインで聴いてね」ということのようです。

ダウンロードの仕様のまとめ

以上のようにダウンロードもトリッキーな感じです。今後、もう少し使いやすく、改善されるかもしれません。

ダウンロードの仕様をまとめると、以下になります。

  • ダウンロードできるのは、「厳選プレイリスト」と「自分で作成したプレイリスト」の全体のみ
  • ダウンロードした曲は、オフライン再生モードのみで聴ける
  • オンライン再生モードに戻すと、ダウンロードしたプレイリストは表示できなくなる

まとめ

以上、Amazon Music Primeの使い方の解説でした。特徴をまとめると、以下になります。

  • Amazonプライムに入れば無料で聴ける
  • 曲数は1億曲で、音質は標準(SD)のみ
  • 自由に曲を選べずシャッフル再生となり、スキップは1時間に6回まで
  • 「厳選プレイリスト」と「自分で作成したプレイリスト」のみ、曲指定とスキップが自由にできる
  • ダウンロードは、「厳選プレイリスト」と「自分で作成したプレイリスト」の全体のみ
  • ダウンロードした曲を聴くには、オフライン再生モードにする

アプリの仕様上、不自由な点が多く、最初は戸惑うかもしれません。シャッフル再生のみのBGM用として割り切ると、ストレスを感じないと思います。

もっと自由に高音質な音楽を楽しみたいと思ったら、Amazon Music Unlimitedへのランクアップを検討しましょう。

Amazon Music Unlimitedの無料体験など、以下の記事で解説しています。この記事と合わせて、参考にしてみてください。

>> Amazon Music Unlimitedのお得な料金と無料体験を解説

タイトルとURLをコピーしました