iCloud+を50GBにするメリット【月額130円で快適になる】

iPhone

iPhoneを使っていると、「iCloudが容量不足です」とアラートが出るようになります。

このアラートを無視している人は、たくさんいると思います。ぼくも長年無視していましたが、iCloud+の50GBに登録したところ一気に快適になりました

そこでこの記事では、iCloud+を50GBにするメリットについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

iCloudとはAppleのクラウドサービス

そもそもiCloudとは何か。cloudは英語で、「雲」を意味します。

つまりiCloudは、iPhoneやiPadに入っている写真などのデータを、機種本体ではなく上空の雲(Appleのサーバ)へ保存する仕組みです。

iCloudのデータはどの端末からでも使用可能

例えばiCloudが50GBあると、50GB分のデータが機種本体ではなくAppleのサーバへ預けられます。

その分、使っているiPhoneやiPad、Macの容量を使わずに済む仕組みです。

またデータがサーバ上にあるため、どの端末からでも同じデータを扱えるのも魅力です。

「iPhoneで撮った写真を、Macですぐ編集」そんなことが簡単にできます。

iCloudは無料で5GBまで使える

そんな便利なiCloudですが、無料で使えるのは5GBまで。5GBというとそこそこあるように思えますが、実はそうでもありません。

iPhoneはアプリの情報などを、iCloudへ自動的にバックアップしています。

このおかげでiPhoneの機種変時にデータを復元できますが、バックアップだけで1.5GB以上はデータを使います。

バックアップを差し引けば、無料分の残りは3.5GBです。

写真1,000枚、動画1時間で使い果たす

残り3.5GBも、写真を1000枚、もしくは動画を1時間ほど撮れば使い果たします(写真1枚につき3MB、フルHD動画1分あたり60MBで計算)。

iPhoneを購入した多くの人が、ごく普通の使い方で容量不足になるのは当然なのです。

iCloudを無料のまま使い続ける方法

もちろん課金することなく、iCloudを無料5GBのまま使い続けることもできます。

方法は以下3つです。

  1. アラートが出ても無視し続ける
  2. 不要なデータを削除する
  3. バックアップや写真を同期しない

1. アラートが出ても無視し続ける

iPhoneを使っていると、iCloudの容量不足でアラートが出ます。単純な話、このアラートを無視し続ければ、課金せず使い続けられます

iCloudの無料5GBがなくなると困ること

ただしiCloudの無料5GB分の容量を使い果たしたあとは、バックアップ以外のデータがiPhone本体にしか保存されません

iPhoneを新しく買い換えると、iCloudに保存されていない写真や動画がすべて消滅します。

そのため写真や動画など残しておきたいデータは、外部のハードディスクなどへ保存したほうが良いですね。

2. 不要なデータを削除する

2番めの方法は、アラートが出るたび写真や動画など大きなデータを消去する方法です。

iCloudはメールやメモなど多くのデータを保存できますが、容量の大きなものはやはり写真と動画です。

アラートが出たら必要のない写真や動画を削除し、トータルのデータ量を5GB以内に収める。

そうしてやりくりすれば、アラートは表示されなくなります。

削除すると2度と写真は戻ってこない

ただ写真や動画のどれが不要かは、未来にならないとわかりません。

削除した数年後に、「あの写真を残しておけばよかった…」と後悔する可能性はおおいにあります。

そのためiCloudに入れない写真や動画は、削除前に外部のハードディスクなどへ保存するのをおすすめします。

3. バックアップや写真を同期しない

3番めの方法は、「大きなデータをiCloudに保存しないよう設定する」です。

iCloudはどのデータを同期するか設定で決められます。

多くの容量を消費するiPhoneのバックアップや写真アプリの同期をオフにすれば、アラートは出ずに無料の5GBのまま使い続けられるでしょう。

バックアップの同期オフはおすすめしない

ただし、バックアップや写真の同期オフはおすすめしません

万が一iPhoneが壊れた場合、それまで本体のみに保存していたデータがすべて消滅する可能性があります。

同期をオフにする場合も、バックアップはMacのiTunesに、写真と動画は外付けハードディスクや別のクラウドサービスへ保存したほうが良いと思います。

iCloudの同期オフの方法

以下、iCloudの同期オフの方法を紹介します。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 一番上のアカウント名をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「写真」「iCloudバックアップ」など同期したくないものをオフにする

iCloud+を50GBにするメリット

以上のように無料の5GBで使えなくもないですが、iCloudを余裕ある容量にすると一気に快適になります。

「容量が足りません」のアラートを一日になんども目にするのは、ストレスでもありますからね…。

iCloudの容量は、以下の料金で増やせます。

容量料金
5GB無料
50GB月額130円
200GB月額400円(家族6人で共有可能)
2TB月額1,300円(家族6人で共有可能)
iCloud+の容量と料金

ちなみに「iCloud」は、クラウドのシステム名です。50GB以上の有料プランをAppleは、「iCloud+」と分けて呼んでいます。

iCloudの容量アップの手順

iCloudの容量アップの手順を解説します。iPhoneの「設定」を開き、一番上のアカウント名をタップします。

自分のアカウント名をタップ
自分のアカウント名をタップ

「iCloud」をタップ。

「iCloud」をタップ
「iCloud」をタップ

「アカウントのストレージを管理」をタップ。

「アカウントのストレージを管理」をタップ
「アカウントのストレージを管理」をタップ

「ストレージプランを変更」をタップ。

「ストレージプランを変更」をタップ
「ストレージプランを変更」をタップ

アップグレードするプランを選択し、右上の「購入する」をタップで完了です。Appleに登録しているクレジットカードで、毎月、決済されます。

好みのアップグレードを選択する
好みのアップグレードを選択する

バックアップや写真の保存は50GBで十分

iCloud+の有料プランは、以下3種類あります。

  • 50GB
  • 200GB
  • 2TB

といっても200GB以上は、動画などで大きなデータを扱う人向けですね。iPhoneのバックアップや写真の保存に使うなら、50GBで十分です。

50GBでどれだけ保存できるか

iCloudは、同じアカウントのiPhoneやiPad、Macのデータを保存しておけます。

といっても同期されるデータのうち、メモやSafariのパスワード、カレンダーなどは、それほど容量を取りません。

やはり容量をたくさん使うのは、写真と動画です。また添付するデータによっては、メールも容量を取ります。

写真は約16,000枚、動画は約14時間

例えば写真と動画であれば、50GBで写真16,000枚、動画14時間を保存できます(写真1枚につき3MB、フルHD動画1分あたり60MBで計算)。

さすがにそれだけ保存できれば、ほとんどの人は大丈夫じゃないかなと思います。

容量写真動画
50GB16,000枚14時間
50GBで保存できる写真と動画

写真をDropboxへ自動保存する方法

Dropboxの有料プランを使っていて容量が余っているなら、iPhoneの写真を保存すると経済的です。

iPhoneにDropboxのアプリをダウンロードすれば、撮影した写真を自動保存するよう設定できます。

以下の記事に、iPhoneの写真をDropboxへ自動保存する方法をまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> iPhoneで撮った写真を自動的にDropboxへ保存する方法

まとめ

以上、iCloud+の50GBの解説でした。

無料5GBは、容量不足のアラートがわずらわしいです。50GBにするとアラートが消え、iPhoneで撮った写真をそのままiCloudに保存しておけます。

50GBの月額130円は、およそペットボトル1本分の価格。月に1度、飲料水1本分くらいの価値は、iCloud+50GBにはあると思います。

またAppleの4サービスがセットになったApple Oneに加入すると、iCloud+(50GB)も付いてきます。

Apple MusicApple TV+を使う人は、Apple Oneに入るのも1つの方法ですね。

Apple Oneの解説は、以下の記事に詳しくまとめました。合わせて、参考にしてみてください。

>> 【Apple Oneとは?】Apple Musicなど4サービスのお得セット

created by Rinker
Apple(アップル)
¥119,800 (2023/01/31 16:30:50時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました