iCloud+を50GBにするメリット【月額130円で快適になる】

仕事術

iPhoneを使っていると、「iCloudが容量不足です」とアラートが出るようになります。

このアラートを無視している人は、たくさんいると思います。

実際にぼくも長年無視してきましたが、iCloud+の50GBに登録したところ一気に快適になりました。

そこでこの記事では、iCloud+について詳しく解説します。

iCloud+を50GBにするメリット【月額130円で快適になる】

そもそもiCloud+とは何か。
cloudは英語で、「雲」を意味します。

つまりiCloud+は、iPhoneやiPadに入っている写真などのデータを、本体ではなく上空の雲(Appleのサーバ)へ保存する仕組みです。

iCloud+にあるデータはどの端末からでも使用できる

例えばiCloud+が50GBあると、50GB分を機種本体ではなくAppleのサーバへ預けられます。

その分、使っているiPhoneやiPad、Macの容量を使わずに済みます。

またデータがサーバ上にあるため、いつでもどの端末からでも同じデータを扱えるのも魅力。
「iPhoneで撮った写真を、Macですぐに編集」そんなことが簡単にできます。

iCloud+は無料で5GBまで使えるが…

便利なiCloud+ですが、無料で使えるのは5GBまで。
5GBというとそこそこあるように思えますが、実はそうでもありません。

iPhoneはアプリの情報などを、iCloud+へ自動的にバックアップしています。

バックアップのおかげで、新しいiPhoneを購入したときに同じデータを復元できますが、このバックアップだけで1.5GB以上はデータを使います。

残り3.5GBも、写真を1000枚、もしくは動画を1時間ほど撮れば使い果たします(写真1枚につき3MB、フルHD動画1分あたり60MBで計算)。

iPhoneを購入した多くの人が、ごく普通の使い方で容量不足になるのは当然のことなのです。

iCloud+を無料のままで使い続ける方法

もちろん課金することなく、無料5GBで使い続けることもできます。

方法は以下の3つです。

  1. アラートが出ても無視し続ける
  2. アラートが出たら、不要なデータを削除する
  3. バックアップや写真を同期しない設定にする

1. アラートが出ても無視し続ける

iPhoneを使っていると、iCloud+の容量不足のアラートが出現します。

アラートが出ても無視し続ければ、課金せずに使い続けられます。
これがいちばん簡単な方法ですね。

ただしiCloud+の無料5GB分を使い果たしたあとは、バックアップ以外の一切のデータがiPhone本体にしか保存されません。

その場合、古いiPhoneを売却して新しいiPhoneへ買い換えると、iCloud+に保存されていない写真や動画がすべて消滅してしまいます。

そのため写真や動画など残しておきたいデータは、外部のハードディスクなどへ保存する手間が生じます。

2. アラートが出たら、不要なデータを削除する

2番めの方法は、アラートが出るたびに写真や動画などの大きなデータを消去する方法です。

iCloud+はメールやメモなど多くのデータを保存できますが、大きなものはやはり写真と動画です。

アラートが出たら必要のない写真や動画を削除し、5GB以内に収める。
そうすれば、アラートは表示されなくなります。

ただその写真や動画が不要かどうかは、未来になってみないと本当のところはわかりません。

削除した数年後に、「あの写真を残しておけばよかった…」と後悔する可能性があります。

3. バックアップや写真を同期しない設定にする

3番めの方法は、iCloud+に保存しないよう設定する方法です。

iCloud+は、どのデータを同期するか設定で決められます。

容量をたくさん消費するバックアップや写真アプリの同期をオフにすれば、アラートは出ずに無料の5GBのままで使い続けられるでしょう。

ただ一応やり方を下記に書いておきますが、バックアップや写真アプリの同期オフはおすすめしません。

iPhoneが壊れたときには、それまで本体のみに保存したデータがすべて消滅してしまいます。

バックアップや写真アプリの同期をオフにする場合は、バックアップはMacのiTunesに、写真と動画は外付けハードディスクや別のクラウドサービスへ保存したほうが良いです。

以下、iCloud+の同期オフの方法です。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 一番上のアカウント名をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「写真」「iCloudバックアップ」をオフにすれば、それぞれの同期がオフになる

iCloud+の料金

以上のように無料の5GBで使えなくもないですが、やはり余裕ある容量にすると一気に快適になります。

「容量が足りません」とアラートが出てくるのは、ストレスでもありますね…。

iCloud+の容量は、以下の料金で増やせます。

容量料金
5GB無料
50GB月額130円
200GB月額400円(家族6人で共有可能)
2TB月額1,300円(家族6人で共有可能)
iCloud+の容量と料金

容量アップの手順は、以下の通りです。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 一番上のアカウント名をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「アカウントのストレージを管理」をタップ
  5. 「ストレージプランを変更」をタップ
  6. 希望のストレージをタップする

50GBで十分、幸せになれる

有料は3種類あるものの、200GBや2TBはiPadやMacで日常的に大きなデータを使う人向けですね。

またiCloud+は、Google OneやDropboxなど他のクラウドと比べて割高です。

iPhoneのバックアップや写真に使うだけなら、50GBで十分です。

50GBで保存できる範囲

iCloud+は、iPhoneやiPad、Macのデータを保存しておけます。

といっても、同期されるもののうちメモやSafariのパスワード、カレンダーなどは、それほど容量を取りません。

やはり容量をたくさん使うのは、写真と動画。
また添付するデータの量と大きさによっては、メールも容量を取ります。

写真は約16,000枚、動画は約14時間、保存可能

例えば写真と動画であれば、50GBで写真16,000枚、動画14時間を保存できます(写真1枚につき3MB、フルHD動画1分あたり60MBで計算)。

それだけ保存できれば、ほとんどの人は大丈夫じゃないかなと思います。

50GBで足りなければ、別のクラウドへ自動保存する

もし写真や動画をたくさん撮る人で、「50GBだと、とても足りないよ」という場合は、それらをGoogle OneやDropboxなどへ自動保存するようにしても良いと思います。

特にDropboxは、個人的に長年使っている好きなサービスです。
別記事にDropboxの詳しい解説を書いているので、興味ある人は以下の記事を参考にしてみてください。

>> Dropbox Plus有料とBasic無料の違いを解説【料金・機能】

まとめ

以上、iCloud+の解説でした。

130円といえども、毎月支払うのは抵抗ある人も多いと思います。
かく言うぼくもそうでした。

ぼくがiPhoneを初めて購入したのが2011年。
AppleのiCloudは同じ2011年に始まっていたものの、iCloud+50GBの課金をスタートしたのは2019年からでした。

それまでの8年間、残しておきたい写真や動画は別に保存していましたが、それ以外はiPhoneの買い替えのたびに消滅してしまいました。

失くなったデータは、2度と元に戻せません。

今となっては8年間にiPhoneで撮った写真の多くを見れないわけで、「もっと早くiCloudに入っておけばよかったな」と思います。

50GBの月額130円はそれほど大きな金額ではないので、大切なデータをきちんと残しておきたい人は、入っておくのが良いのではと思います。

iCloud+ 50GBを含んだ、パッケージプランのApple One

実はこの記事で紹介したiCloud+の50GBは、Apple Oneというサービスに含まれています。

Apple Oneとは、「iCloud+ 50GB・Apple Music・Apple TV+・Apple Arcade」の4サービスを月額1,100円で利用できるパッケージプランです。

iCloud+50GBとApple Musicを合わせれば1,110円なので、この2つを使うだけで元が取れます。

Apple Oneの解説は、以下の記事に書いてあります。
この記事と合わせて、参考にしてみてください。

>> Apple Musicなど4サービス使えるApple Oneの登録・解約を解説

タイトルとURLをコピーしました