PR

iPadショートカットキー紹介【キーボード操作のストレス減】

iPad

「iPad Proを、Macのように使いたい!」そう思うと、物理キーボードは必須です。

Macと同じようにショートカットキーを駆使すれば、入力が高速になります。

この記事ではiPadのショートカットキーのなかで、覚えると便利なものを厳選して紹介します。

スポンサーリンク

iPadショートカットキー紹介

iPadのキー入力は、専用のフォリオタイプを使うと快適

早速、iPadの厳選ショートカットキーを紹介します。ちなみに使っているアプリ上でコマンドキーを長押しすると、ショートカットキーが表示されます。

アプリ全般

まずは、アプリ全般です。どのアプリを開いているときでも、有効のショートカットキーとなっています。

ショートカット動作
⌘ + スペースアプリ検索
⌘ + Hホーム画面に戻る
⌘ + tabアプリ履歴
⌘ + shift + 3
⌘ + shift + 4
スクリーンショットを撮影
⌘ + option + DDockの表示/非表示
アプリ全般のショートカットキー

⌘ + スペース

「⌘ + スペース」を入力すると、アプリの検索ができます。アプリの頭文字を入力するだけで、検索候補が表示されます。

例えばSafariを開きたいときは、以下のアクションがスムーズです。

「⌘ + スペース」で検索窓を表示、「s」を入力して候補に表示されたSafariを選択

⌘ + H

「⌘ + H」を入力すると、どのアプリからでもホーム画面へ戻れます。Hはhomeの頭文字です。

⌘ + tab

「⌘ + tab」を入力して⌘を押したままtabを離すと、直近で使ったアプリが一覧表示されます。そのままタブキーの入力で、アプリを選べます。

一つ前に見ていたアプリに瞬時に戻りたい場合は、「⌘ + tab」と入力(⌘を押しっぱなしにしない)すればOKです。

⌘ + shift + 3, ⌘ + shift + 4

スクリーンショットを撮影します。

「⌘ + shift 4」を入力するとマークアップ画面が開くので、Apple Pencilでスクリーンショット上にメモしたり、トリミングしたりなど編集が瞬時にできます

⌘ + option + D

Dockの表示と非表示ができます。

Safari

iPadで使用頻度の高いアプリは、Safariです。Safariはショートカットキーを利用すると、ストレスなく操作できます

ショートカット動作
⌘ + N , ⌘ + T新しい画面を開く
⌘ + shift + Nプライベートモード
⌘ + Wタブを閉じる
⌘ + F語句検索
⌘ + R再読み込み
⌘ + 数字キータブを指定して表示
⌘ + ←一つ前に戻る
⌘ + L検索窓へカーソルを移動
スペースキーページを下へスクロール
shift + スペースキーページを上へスクロール
⌘ + ↑ページの最上部に移動
⌘ + ↓ページの最下部に移動
Safariのショートカットキー

⌘ + N , ⌘ + T

新しい画面を開く際には、「⌘ + N」もしくは、「⌘ + T」です。「N」はnew、「T」はtabの略です。

⌘ + shift + N

プライベートモードを開くには、「⌘ + shift + N」を入力。

プライベートモードをやめるには、画面右上の「ページが重なったアイコン」をタップし、「プライベート」をタップすると元に戻ります。

⌘ + W

表示しているページを閉じるには「⌘ + w」を押します。1枚しかタブがない場合、このショートカットを入力すると「ブラウザのお気に入り」が表示されます。

ちなみにMacでは「⌘ + Q」でアプリ終了になりますが、iPad OSにはそのショートカットが割り振られていません。

⌘ + F

ページの中で検索したい語句がある場合は、「⌘ + F」を入力。画面下に検索窓が表示されるので語句を入れれば、ハイライト表示されます。

⌘ + R

ページを再読み込みしたいときは、「⌘ + R」を入力。

⌘ + 数字キー

複数タブを開いているときは、「⌘ + 数字キー」で表示したいタブを選べます。

数字は左から数えたタブに連動しており、「⌘ + 1」なら左端のタブが、「⌘ + 2」なら左から2番めのタブが表示されます。

⌘ + ←

「⌘ + ←」でひとつ前のページに戻れます。その逆で「⌘ + →」なら、ひとつ先のページに行けます。

矢印の代わりに、「」(カギ括弧)でも同じ動作をします。

⌘ + L

「⌘ + L」で、瞬時に検索窓へカーソルを移動できます。ページを開いているときは、URLを選択した状態になります。

スペースキー, shift + スペースキー

「スペースキー」を押すと表示されている画面分、下へスクロールされます。その逆に、「shift + スペースキー」なら画面分、上へスクロールされます。

画面上の長文を読みたいときは、便利な機能です。

⌘ + ↑, ⌘ + ↓

画面の途中で「⌘ + ↑」を押すと、最上部まで一気にスクロールできます。その逆に、「⌘ + ↓」を押すと、一気に最下部までスクロールが可能です。

まとめ

以上、iPadの厳選ショートカットキーの紹介でした。

Smart Keyboard FolioやiPad用のMagic Keyboardが登場したことで、iPadでもショートカットキーを使う機会が増えました。

ショートカットキーを使って、作業を効率化していきましょう。

以下の記事では、iPad Pro用のスマートキーボードフォリオをレビューしています。合わせて参考にしてみてください。

>> Appleスマートキーボードフォリオの使い勝手を実体験レビュー

created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,677 (2024/02/23 18:52:37時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました