Dropboxスマートシンクの使い方【オンラインのみに保存】

仕事ツール

パソコンには、容量(ストレージ)があります。予算の関係で少ないストレージを選択すると、保存したデータが圧迫してきてヒヤヒヤしますね。

こういったストレージ不足の悩みは、Dropboxのスマートシンクを使えば解決できます。

そこでこの記事では、Dropboxのスマートシンクを使って、パソコンの容量を節約する方法を紹介します。

スポンサーリンク

スマートシンクは有料プランのみ利用可能

スマートシンクは、Dropboxの無料プラン(Basic)では使用できません。有料プランのいずれかに加入する必要があります。

Dropboxの個人向け有料プランは、以下の通りです。

PlusFamilyProfessional
料金(月額)1,650円2,750円2,640円
料金(年額)15,840円26,400円26,400円
ユーザー数1最大61
容量2GB2TB3TB
Dropbox 個人向け有料プランの料金と機能

Dropbox Plusは安く利用できる

有料のDropbox Plusには、公式サイトより安く買う方法があります。以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

>> Dropbox Plus(有料)を安く買う方法

Dropboxのデスクトップアプリをインストールする

さらにスマートシンクを使うには、Dropboxのデスクトップアプリが必要です。

Dropboxアプリのダウンロードは、以下のページに詳しくやり方を書いています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxのメリットと基本的な使い方を解説【初心者向け】

Dropboxスマートシンクの使い方【オンラインのみに保存】

ではここから、スマートシンクの使い方を解説します。

パソコンで指定したDropboxのフォルダへデータを入れると、緑色のレ点マークがつきます。

緑色のレ点は、Dropboxのクラウドと使っているパソコンの両方にデータのある状態です。

緑色のレ点は、クラウドとパソコンの両方にデータがある状態
緑色のレ点は、クラウドとパソコンの両方にデータがある状態

頻繁に使うデータならこのままで良いですが、使う見込みのないものもあるでしょう。

使う見込みのないデータをパソコンのストレージに残すのは、容量の無駄遣いです。そこで、Dropboxのスマートシンクを利用しオンラインのみの保存にします。

使わないファイルを「オンラインのみ」にする

しばらく使わないデータ(ここでは「テスト」)を、右クリックします。すると展開したメニューに、「オンラインのみにする」という項目があるのでクリックします。

「オンラインのみにする」をクリック
「オンラインのみにする」をクリック

アラートが出たら、「更新を続行」をクリック。

「更新を続行」をクリック
「更新を続行」をクリック

緑のレ点が灰色の雲マークに変わりました。これでスマートシンクが完了です。

オンラインのみの保存は、灰色の雲マークに変わる
オンラインのみの保存は、灰色の雲マークに変わる

フォルダ(ファイル)は変わらずパソコン上に表示されていますが、実際にはパソコンに存在せず、Dropboxのクラウドのみに保存されています。

こうしてパソコン内の使わないデータをクラウドのみへ保存すれば、パソコンのデータ量を減らせます

使うときには、ダブルクリックでダウンロード

データを使うときは、ファイル上でダブルクリックすればオッケーです。Dropboxのクラウドからパソコンへダウンロードされ、使用可能となります。

フォルダごとダウンロードするには、フォルダを右クリックします。

展開したメニューの「オフラインアクセスを許可」をクリックすると、緑のレ点マークになり、パソコン上とクラウドの両方にデータのある状態になります。

「オフラインアクセスを許可」をクリック
「オフラインアクセスを許可」をクリック

ダウンロードはファイルの大きさや回線状況によって、待たされることがあります。頻繁に使うデータは、パソコン上にも保存しておくと良いですね。

まとめ

以上、Dropboxのスマートシンクの解説でした。

使用しないデータはスマートシンクを利用し、クラウドのみの保存にしましょう。パソコンの容量を節約できますよ。

ただスマートシンクは、Dropboxの有料プランのみ利用可能です。Dropboxの無料と有料の比較は、以下の記事を参考にしてみてください。

>> Dropbox Plus有料とBasic無料の違いを解説【料金・機能】

タイトルとURLをコピーしました