Dropbox Transfer使い方【ダウンロードしたか確認できる】

仕事ツール

Dropboxの便利な機能のひとつに、Dropbox Transfer(以下、Transfer)があります。

TransferはDropboxのデータを送れる便利な機能です。ただDropboxのデータ送信には、「共有」や「リンクをコピー」もあります。

共有方法がたくさんあると、こんがらがってきますね。

そこでこの記事では、Dropbox Transferの特徴や使い方を解説します。

スポンサーリンク

Dropboxには3種類の共有方法がある

Dropboxには、以下3つの共有方法があります。

  1. 共有
  2. リンクをコピー
  3. Transfer

Dropboxでの共有方法の詳しい紹介は、以下の記事にまとめました。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropbox共有方法の解説。3種類から最適なやり方を選ぶ

Dropbox Transferとは

Transferは、パソコン上のデータを送信できるサービスです。

データのコピーをDropboxのクラウド上にアップし、ダウンロードリンクを相手方へ送信します。いわゆる「ストレージサービス」と同じだと思えばわかりやすいですね。

特徴には、以下があります。

  • データはパソコン上にあれば良い(Dropbox内になくても送れる)
  • パソコン上からデータを右クリックして、すぐに送れる
  • コピーを送るので、送信後データを削除したり移動しても良い
  • 相手方がダウンロードしたかどうかをチェックできる
  • 相手方はダウンロードにDropboxのアカウント不要
  • ダウンロードリンクには有効期限がある
  • 削除して送信の取り消しができる

Dropbox Transferの容量

Transferはストレージサービスと同じように、大容量のデータを送信できます。ただ無制限に送れるわけではなく、プランによって容量が決まっています。

プラン別の容量は以下の通り。

BasicPlus・Business StandardProfessional・Business Advanced
100MB2GB100GB
Dropbox Transferのプラン別の容量

無制限で使えるギガファイル便に比べると、容量の制限があって使いづらさを感じるかもしれませんね。

ただTransferには、パソコン上ですぐに送れたり、ダウンロードしたかどうかを確認できたりする利点があります。

ダウンロードリンクの有効期限

Transferは、ダウンロードリンクに有効期限があります。

Dropboxの他の共有方法である、「共有」「リンクをコピー」には有効期限がないので、これも特徴のひとつです。

有効期限は、BasicとPlusが7日間。ProfessionalとBusiness Advancedは、最大90日まで設定できます。

Dropbox Transfer使い方【ダウンロードしたか確認できる】

ではここから、Dropbox Transferのファイルの転送のやり方を解説します。

転送には、以下3つの方法があります。

  1. パソコンから送信
  2. ウェブブラウザから送信
  3. スマホから送信

ひとつずつ解説します。

1. パソコンから送信

パソコンから送信するには、Dropboxのデスクトップアプリが必要です。

Dropboxアプリのダウンロードは、以下のページに詳しくやり方を書いています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxのメリットと基本的な使い方を解説【初心者向け】

では、ここから具体的な解説です。

まずは、送りたいファイル上で右クリックします。Dropbox内でも、Dropbox外(例えばデスクトップ)でも、どちらのファイルでもOKです。

展開したメニューから、「コピーを送信」をクリックします。

送りたいデータを右クリックし、「コピーを送信」をクリック
送りたいデータを右クリックし、「コピーを送信」をクリック

するとポップアップが表示されます。右下の「転送を作成」をクリック。

「転送を作成」をクリック
「転送を作成」をクリック

「ファイルの送信準備完了」と表示されたら、そのまま「メール送信」を選んで送信するか、「リンクをコピー」して、相手方へダウンロードリンクを送ります。

「メールを送信」か「リンクをコピー」をクリックして送信する
「メールを送信」か「リンクをコピー」をクリックして送信する

2. ウェブブラウザから送信

次に、パソコンのブラウザで転送する方法の紹介です。

Dropboxのサイトにログイン後、左上メニューから「Transfer」を選択します。

左上のメニューから「Transfer」を選択
左上のメニューから「Transfer」を選択

次画面の右にある「転送を作成」をクリック。

「転送を作成」をクリック
「転送を作成」をクリック

次画面の中央に送りたいファイルをドロップするか、「ファイルをアップロード」からファイルを選択。

ファイルをアップロードする
ファイルをアップロードする

アップロード後に、右下の「転送を作成」をクリック。

「転送を作成」をクリック
「転送を作成」をクリック

「ファイルの送信準備完了」が表示されたら、「メールを送信」もしくは「リンクをコピー」で送信します。

「メールを送信」か「リンクをコピー」で送信する
「メールを送信」か「リンクをコピー」で送信する

3. スマホから送信

最後に、スマホで転送する方法です。スマホで転送する場合、送信の対象はDropbox内のファイルのみになります。

Dropboxのスマホアプリをダウンロードします。

Dropbox: ファイル、写真、動画用クラウドドライブ

Dropbox: ファイル、写真、動画用クラウドドライブ

Dropbox, Inc.無料posted withアプリーチ

下の「+ 作成」をタップ。

画面した中央の「+」をタップ
画面した中央の「+」をタップ

下からメニューが出てくるので、「ファイルのコピーを送信する」をタップ。

「ファイルのコピーを送信する」をタップ
「ファイルのコピーを送信する」をタップ

スマホの場合は、Dropbox内のファイルのみ転送が可能です。「Dropboxから追加」をタップして、ファイルを選びます。

スマホの場合は、Dropbox内のファイルのみ転送が可能
スマホの場合は、Dropbox内のファイルのみ転送が可能

選択したファイルに問題がなければ、「次へ」をタップ。

「次へ」をタップ
「次へ」をタップ

任意で「有効期限を設定」「ダウンロードを通知する」を設定し、「次へ」をタップ。

ちなみに、BasicとPlusは7日間以外の有効期限を選べません。

「次へ」をタップ
「次へ」をタップ

「リンクを共有」をタップ。

「リンクを共有」をタップ
「リンクを共有」をタップ

共有の方法が下から現れるので、選択します。

ファイルを共有する
ファイルを共有する

ダウンロード回数の確認

Transferはファイル転送後に、相手方がダウンロードしたか確認できます。

ファイル転送後、ブラウザからDropboxのサイトへ入り、左上メニューからTransferへ移動します。すると、送信したファイルがリスト表示されています。

ファイルの右の数字から、閲覧回数とダウンロード回数を確認できます。

ダウンロード回数や閲覧回数を確認できる
ダウンロード回数や閲覧回数を確認できる

ファイルを削除できる

ファイルを転送した後、「間違っていたから削除したい」と思うことがありますね。Transferは、送信後にファイルの削除が可能です。

ブラウザのDropboxからTransferの画面へ移動し、ファイルの右端の3点リーダーがクリックします。すると、削除のボタンが現れます。

送信後に削除が可能
送信後に削除が可能

削除すれば、相手方がダウンロードリンクをクリックしても、データはダウンロードできません。

まとめ

以上、Dropbox Transferの使い方の解説でした。特徴は以下のとおりです。

  • データはパソコン上にあれば良い(Dropbox内になくても送れる)
  • パソコン上からデータを右クリックして、すぐに送れる
  • コピーを送るので、送信後データを削除したり移動しても良い
  • 相手方がダウンロードしたかどうかをチェックできる
  • 相手方はダウンロードにDropboxのアカウント不要
  • ダウンロードリンクには有効期限がある
  • 削除して送信の取り消しができる

パソコン上のデータを右クリックから送信できるので、手軽に使えますね。相手方が、ダウンロードしたかどうか確認できるのも便利です。

大きなファイルを送信するとき、Dropbox Transferを使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました