WF-1000XM4徹底レビュー【メリット5つとデメリット3つ】

イヤホン

SONYのWF-1000XM4を購入して、2か月が経ちました。

WF-1000XM4は左右分離型のワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載しています。ポイントとなるのは、やはり音質とノイズキャンセリング機能ですね。

ほぼ毎日2時間以上、使ってみて、良い点と今ひとつに感じる点がありました。そこでこの記事では、WF-1000XM4の良い点と今ひとつな点を解説します。

スポンサーリンク

WF-1000XM4徹底レビュー【メリット5つとデメリット3つ】

WF-1000XM4は、SONYが2021年6月25日に発売したノイズキャンセリング・イヤホンです。前作WF-1000XM3の正統な後継機で、左右分離型のワイヤレスタイプとなっています。

WF-1000XM3とWF-1000XM4の比較

前作WF-1000XM3とWF-1000XM4の比較は、以下です。

WF-1000XM3WF-1000XM4
発売日2019年7月13日2021年6月25日
メーカー価格27,500円33,000円
重量約8.5グラム×2約7.3グラム×2
カラーリングブラック、プラチナシルバーブラック、プラチナシルバー
コーデックSBC, AACSBC, AAC, LDAC
SoCQN1eV1
アップスケーリング機能DSEE HXDSEE Extreme
スピーク・トゥ・チャットなしあり
防水機能なしIPX4相当の防滴機能
充電時間約1.5時間約1.5時間
急速充電10分充電で90分再生可能5分充電で60分再生可能
Qi規格のワイヤレス充電非対応対応
連続音声再生時間最大6時間(NCオン)最大8時間(NCオン)
連続通話時間最大4時間(NCオン)最大5.5時間(NCオン)
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.0Bluetooth標準規格 Ver.5.2
WF-1000XM3とWF-1000XM4の比較

前作に比べるとスペック面では、ほぼ全方位に渡ってアップデートされています。特に以下の点が良いですね。

  • LDACに対応
  • IPX4相当の防滴
  • ワイヤレス充電

コーデックにSONY独自のLDACが加わったことで、対応しているAndroidは最大990kbpsまで高音質で聴けます

防滴仕様も嬉しいポイントです。着けたまま安心してジョギングができそうです。ワイヤレス充電が搭載されたことで、「置くだけ充電」できて楽になりました。

WF-1000XM4の良いと感じる5点

WF-1000XM4
SONYが2021年6月25日に発売したWF-1000XM4

ではここからWF-1000XM4を使ってみて感じた、良い点と今ひとつな点を紹介します。まずは良い点から。以下の5つがあります。

  1. ノイズキャンセリング機能がよくなった
  2. 自然な外音取り込み
  3. 音質が良い
  4. ブルートゥースの切り替えが素晴らしく良い
  5. 充電ケースのワイヤレス充電が便利

1. ノイズキャンセリング機能がよくなった

SONYによると前作のWF-1000XM3に比べ、低音から中高音域の全域でノイズキャンセリングが性能アップしています。

実際に装着してみると、低音域のノイズカットが良くなった印象です。ノイズキャンセリング機能をオンにすると、空調など低域の環境音はほぼ完全にカットされます。

ただし高音域のカットは、まだ苦手かなと思います。カフェなどで使用すると、店員さんの声や食器の音、エスプレッソマシンのスチームの音などが聴こえてきます。

それら高音域も音楽を鳴らすと、ほぼ気にならないレベルまで相殺されます。まだまだ伸びしろはありそうですが、WF-1000XM4でも満足できるレベルです。

2. 自然な外音取り込み

WF-1000XM4は、「ノイズキャンセリング・外音取り込み・どちらもなし」の3種類からモードを選べます。

そのうち外音取り込みは外部マイクから周囲の音を拾い、イヤホンを着けながら環境音を聴けます。オフィスや自宅など周囲から話しかけられる環境で使うなら、外音取り込み機能が便利です。

スピーク・トゥ・チャット機能が便利

外音取り込み機能も、多少ホワイトノイズが聞こえるものの自然に聞こえるレベルです。

またWF-1000XM4には、「スピーク・トゥ・チャット機能」が付いています。自分が声を発すると自動的に音楽が止まる機能で、話しかけられたときなど有効ですね(設定でオンオフが可能)。

3. 音質が良い

音質に関しては、不満がほぼないです。多少、派手な色づけがされていますが、クリアで高音の粒立ちが良いです。低音も主張しすぎず、しっかりと曲を支えるイメージです。

WF-1000XM4には曲の解像度をアップスケーリングする、DSEE Extremeが搭載されています。圧縮された音源をAIで解析し、ハイレゾ並みの情報量に補って再生する機能です。

DSEE Extremeは体感でそこまで大きな違いはない

正直いうとDSEE Extremeをオン(アプリの設定では「Auto」)にしても、あまり劇的な違いは感じません。

「DSEE Extremeで音質が向上した」とプラシーボ効果があるので、オンにすると音に対する満足感は上がると思います。

ただしDSEE Extremeをオンにすると、バッテリーの消費が激しくなるので注意が必要です。アプリの設定でオフにもできます。

4. ブルートゥースの切り替えが素晴らしく良い

WF-1000XM4を使って感心したのが、デバイスからデバイスへのブルートゥースの切り替えの快適さです。前作のWF-1000XM3より数段、やりやすくなりました。

前作は一度ブルートゥースを切ってから、別のデバイスにつなぎ直す必要がありました。一方、WF-1000XM4は切る手間がなくなり、すぐにつなげられます。

デバイスのペアリングは最大8台まで可能です。スマホやタブレット、パソコンなど、持っている機器すべてをペアリングしておけば、WF-1000XM4を耳に着けたままデバイスを横断できます。

5. ケースのワイヤレス充電が便利

地味にありがたいのが、充電ケースのワイヤレス充電対応です。充電ケースをワイヤレス充電器に置くだけで、自動的にスタートします。

USB-Cのケーブルをさして充電するのは、なにげに手間。置くだけで充電できるのは、やはり楽です。

WF-1000XM4の今ひとつな3点

ここからはWF-1000XM4の今ひとつな点を3つ紹介します。次作以降の改善に期待です。

  1. 耳へのフィット感が今ひとつ
  2. タッチセンサーの感度が良くない
  3. たまに片方が聴こえなくなる

1. 耳へのフィット感が今ひとつ

WF-1000XM4本体というよりイヤーピースの問題ですが、耳へのフィット感が今ひとつです。

WF-1000XM4のために新開発されたのが、ノイズアイソレーションイヤーピース。さらさらとした触感に適度な弾力があり、耳の中に無理なく入れられます。

その代わりといっては何ですが、着けているうちに緩くなってくる感触があります

純正が合わなければサードパーティ製を

ただしこれは、ぼくの耳だけかもしれません。イヤーピースが合わない場合は、サードパーティ製を使う選択があります

以下の記事に、WF-1000XM4用のサードパーティ製イヤホンについて紹介しています。合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM4で使えるイヤーピース3つを比較し1つに決定

2. タッチセンサーの感度が良くない

WF-1000XM4はタッチセンサーで音量や再生停止、ノイズキャンセリングのオンオフなど操作できます。このタッチセンサーの感度が、今ひとつです。

耳に着けたままタッチセンサーを操作しても、反応しないことが多々あります

ただし一度、WF-1000XM4をリセットしたところ、タッチセンサーの反応の悪さはかなり改善されました。

以下の記事にリセットのやり方を紹介しています。合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM4のタッチセンサーが反応しない時はリセットを

3. たまに片方が聴こえなくなる

音楽を聴いていると、たまに片耳から音が鳴らなくなります。対処法は簡単で、イヤホンをいったん外し、改めて着け直すとまた音が鳴り始めます。

カフェなど混雑している場所でよく発生するので、ブルートゥースが混線するのかもしれません。

WF-1000XM4の開封レビュー

ではここから、写真を交えて開封レビューを紹介します。

WF-1000XM4の外箱は、かなりシンプル。いつもの家電っぽいSONYの箱からガラリと変わり、スッキリしています。

小さくスッキリしたデザインの外箱
小さくスッキリしたデザインの外箱
左がWF-1000XM3、右がWF-1000XM4のパッケージ
左がWF-1000XM3、右がWF-1000XM4のパッケージ
エンボス加工で「1000X SERIES」と書かれている
エンボス加工で「1000X SERIES」と書かれている

箱を開けると、WF-1000XM4の充電ケースが現れます。

紙に包まれた充電ケース
紙に包まれた充電ケース

充電ケースの下には、取扱説明書とUSB-A・USB-Cケーブル、イヤーピースが収まりよく入っています。

充電ケースを取り出したところ
充電ケースを取り出したところ
クイックスタートがイラストで解説されている
クイックスタートがイラストで解説されている
イヤーピースとケーブルのイラスト
イヤーピースとケーブルのイラスト
イヤーピースのサイズは、S・M・Lの3種類
イヤーピースのサイズは、S・M・Lの3種類
充電用のUSB-Cケーブル
充電用のUSB-Cケーブル

ノイズアイソレーションイヤーピースは、ポリウレタンフォームを素材に使っています。耳の形状に応じ柔軟に変化するため、より着けやすく、遮音性が高まっています。

柔らかい素材のノイズアイソレーションイヤーピース
柔らかい素材のノイズアイソレーションイヤーピース

小さく軽くなった充電ケース

WF-1000XM3に比べ、充電ケースが小型化しました。イヤホン収納時の重さは、WF-1000XM3の92グラムに対し、WF-1000XM4は約40%減の55グラムです。

WF-1000XM4の充電ケース
WF-1000XM4の充電ケース
左がWF-1000XM3(約92グラム)、右がWF-1000XM4(約55グラム)
左がWF-1000XM3(約92グラム)、右がWF-1000XM4(約55グラム)

充電ケース裏面には、USB-Cの差し口があります。

WF-1000XM4
充電はUSB-Cケーブルもしくは、ワイヤレス充電

WF-1000XM4は充電ケースのランプの色で、バッテリー残量がわかります。以下の記事に詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM4の充電ランプの色でバッテリーの状態がわかる

イヤホン本体がオーバル型から丸型に

充電ケースだけでなく、本体の形状もWF-1000XM3から大きく変わりました。WF-1000XM3のオーバル型から、丸型へ変更です。

丸い形状が耳のくぼみにちょうど収まり、フィット感が向上しています。

丸い形状のWF-1000XM4本体
丸い形状のWF-1000XM4本体
充電ケースから取り出したところ
充電ケースから取り出したところ
上がWF-1000XM3、下がWF-1000XM4。WF-1000XM4は、かなり小さくなった
上がWF-1000XM3、下がWF-1000XM4。WF-1000XM4は、かなり小さくなった
WF-1000XM4
丸い金属部分で風切り音をキャッチし、ノイズ低減する
イヤーピースを耳にねじ入れて装着する
イヤーピースを耳にねじ入れて装着する

タッチセンサーのデフォルトの設定

WF-1000XM4は前作同様、イヤホンのタッチセンサーをタップして操作できます。タッチセンサーのデフォルトの設定は以下の通りです。

L側R側
1回タップノイキャン/外音取り込み切り替え再生/一時停止
2回タップ受話/終話曲のスキップ・受話/終話
3回タップ前の曲に戻る
触れたままクイックアテンションモードSiri or Googleアプリ起動/解除・
通話移管
左右同時に触れたまま
(約5秒間)
ペアリングペアリング
WF-1000XM4のタッチセンサーの操作方法

タッチセンサーの操作は自由に変更できる

タッチセンサーの操作は、自分好みに変更できます。変更はSONYのアプリで行います。

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

Sony Corporation無料posted withアプリーチ

やり方はアプリを起動して、「システム」タブをタップ。「タッチセンサーの機能を変更」の右下の歯車アイコンをタップします。

「システム」の「タッチセンサーの機能を変更」をタップ

左か右のタブをタップして、好みの操作にそれぞれ変更します。

左・右それぞれの操作を変更する

イヤーピースのフィット感を測定できる

WF-1000XM4では、イヤーピースがフィットしているかを測定できます。イヤーピースがフィットしないと、ノイズキャンセリング機能が低下します。きちんとチェックしておきましょう。

やり方はアプリの「システム」タブから、「最適なイヤーピースを判定」をタップ。

「システム」から「最適なイヤーピースを判定」をタップ

次ページの画面下の「装着状態をテストする」→「測定開始」と進むと、測定がスタートします。

内蔵マイクから密閉状態を測定する
内蔵マイクから密閉状態を測定する

イヤホンから5秒ほど音楽が流れ、反響音を内部マイクが拾い密閉度を測定。イヤーピースが耳にフィットしていると、「密閉されています。」とメッセージが表示されます。

「密閉されています。」と測定されればOK
「密閉されています。」と測定されればOK

まとめ

以上、WF-1000XM4を2か月使ってみた感想を紹介しました。

気になる点はあるものの、トータルでは十分に満足している製品です。特にメリットに感じたのは、以下の通りです。

  1. ノイズキャンセリング機能がよくなった
  2. 自然な外音取り込み
  3. 音質が良い
  4. ブルートゥースの切り替えが素晴らしく良い
  5. 充電ケースのワイヤレス充電が便利

屋内でも屋外でも、WF-1000XM4を使って快適に音楽を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました