【WF-1000XM4】充電ランプからバッテリー残量を判別

イヤホン

WF-1000XM3の発売から2年、2021年6月25日に待望の新機種WF-1000XM4が登場しました。

WF-1000XM3からの進化は色々ありますが、嬉しいのがワイヤレス充電に対応したことです。USB-Cケーブルを接続せずとも、充電器に充電ケースを置くだけで充電できます。

バッテリーの状態は充填ケースのランプの色で確かめられます。そこでこの記事では、WF-1000XM4のランプの色について解説します。

スポンサーリンク

USB-Cとワイヤレス充電に対応

WF-1000XM4にはリチウムイオン電池が内蔵されており、充電ケースに入れると自動的に充電がスタートします。

充電ケースには、USB-Cの差込口があります。USB-Cケーブルから電源コンセントに接続するか、もしくはパソコンにつなげて給電できます。

充電ケースの背面に、USB-Cの差込口がある
充電ケースの背面に、USB-Cの差込口がある

Qi規格のワイヤレス充電器を使えば、ワイヤレス充電もできます。ワイヤレス充電はSONYのロゴを上にして、Qi規格のワイヤレス充電器の上に置きます。

SONYのロゴを上にして、Qi規格のワイヤレス充電器の上に置く
SONYのロゴを上にして、Qi規格のワイヤレス充電器の上に置く

充電ケースの充電をスタートすると、オレンジランプが点灯します。充電が完了すると、オレンジランプが消えます。

満充電までの時間は、イヤホン・充電ケースともに残量ゼロの状態から3時間です。

ランプが赤色になったら、充電を停止しよう

充電中にランプが赤色に点灯したら、バッテリーの温度が高すぎるなど異常が発生しています。充電を中止して、しばらく経ってからやり直しましょう。

再び異常が発生するようなら、イヤホンをリセットしてみたほうが良いです。

WF-1000XM4のリセットのやり方は、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> WF-1000XM4のタッチセンサーが反応しない時はリセットを

【WF-1000XM4】充電ランプからバッテリー残量を判別

WF-1000XM4は充電ケースのランプの色を見れば、イヤホンとケースのバッテリーの状態がわかります。

以下のように少し複雑ですが、「オレンジが点灯したら充電する」と覚えておけばオッケーです

充電ケースの蓋を開けた際のランプの色

充電ケースの蓋を開けると、ランプが緑もしくはオレンジに点灯します。

イヤホンが入っている状態で蓋を開けて緑ランプが点灯すれば、イヤホンが満充電の合図です。イヤホンが入っていない状態で蓋を開け緑ランプが点灯したら、充電ケースが満充電になっています。

またイヤホンが入っている状態で蓋を開け、オレンジランプが点灯したら、イヤホンのバッテリー残量が94%以下。イヤホンが入っていない状態で蓋を開け、オレンジに点灯したら、充電ケースのバッテリー残量が30%以下になっています。

蓋を開けたときのランプの色イヤホンが入っているイヤホンが入っていない
イヤホンが満充電充電ケースが満充電
オレンジイヤホン残量94%以下充電ケース残量30%以下
充電ケースの蓋を開けたときのランプの色

イヤホンを取り出したときのランプの色

充電ケースからイヤホンを取り出すときにも、ランプから充電の状態がわかります。

充電ケースからイヤホンを取り出す際、緑ランプが点灯したら、イヤホンが満充電になっています。充電ケースへイヤホンを収納する際、緑ランプが点灯したら、充電ケースが満充電です。

また充電ケースからイヤホンを取り出す際、オレンジに点灯したら、イヤホンのバッテリー残量が94%以下です。イヤホンを収納する際、オレンジに点灯したら、充電ケースのバッテリー残量が30%以下になっています。

ランプの色イヤホンを取り出すイヤホンを収納する
イヤホンが満充電充電ケースが満充電
オレンジイヤホン残量94%以下充電ケース残量30%以下
イヤホンを取り出す・収納時のランプの色

まとめ

以上、WF-1000XM4充電ケースの、ランプの色の解説でした。

充電ケースのランプが点灯するのは、以下のタイミングです。

  • 充電ケースを充電中
  • 充電ケースの蓋を開けたとき
  • 充電ケースからイヤホンを取り出すとき
  • 充電ケースにイヤホンを収納するとき

充電中以外にランプがオレンジに点灯したら、充電ケースの充電をスタートする」と覚えておけば、問題ないですね。

充電が切れると、ワイヤレスイヤホンは使用できません。早めの充電を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました