WF-1000XM4のタッチセンサーが反応しない時はリセットを

イヤホン・ヘッドホン

WF-1000XM4は、かなり良いイヤホンですが…。

難点がひとつあります。
タッチセンサーの反応が悪いのです。

ぼくも購入してからタッチセンサーの感度の悪さに悩まされましたが、リセットすることで大きく改善しました。

そこでこの記事では、WF-1000XM4のタッチセンサーの改善方法を解説します。

WF-1000XM4のタッチセンサーが反応しない時はリセットを

WF-1000XM4のリセット方法は特殊です。
一度に2つのイヤホンを同時にリセットできず、片方ずつで行います。

以下、リセットの手順です。

  1. イヤホンを1つだけ充電ケースへ入れて、蓋を閉める
  2. 充電ケースを電源プラグに接続する
  3. 接続後、20秒以内に充電ケースの蓋を5回以上、開閉する
  4. 充電ケースのランプが赤に点滅し始める
  5. そのまま放置すると、充電ケースのランプが緑で4回点滅する
  6. リセット終了
  7. 本体を取り出して、もう片方の本体を同じようにリセットする
リセットは本体を片方ずつセットして行う
リセットはイヤホンを片方ずつセットして行う

リセット後に症状をチェック

リセットが完了したら、実際に症状が直っているか確かめてみてください。
これでも反応が悪ければ、初期化を検討しましょう。

リセットで直らなければ、初期化の方法もある

リセットでも症状が直らない場合、初期化の方法があります。
ただし初期化すると製品が工場出荷状態に戻り、設定やペアリング情報などが削除されます。

スマホやパソコンなど複数端末にペアリングしていると、再ペアリングが手間。
初期化は最終手段としたほうが良いですね。

初期化の手順は、以下の通りです。

  1. イヤホンを2つとも充電ケースへ入れる
  2. 充電ケースの蓋を開けたまま、両方のタッチセンサーを指先で十秒間触れたままにする
  3. 充電ケースのランプが赤に点滅しはじめたら、5秒以内に指を離す
  4. 初期化が成功すると、緑のランプが4回点滅する
初期化は本体を両方セットして行う
初期化は両方のイヤホンをセットして行う

イヤホンの片方から音が聞こえなくなったら

他にも、WF-1000XM4で頻繁に発生する不具合に、片方のイヤホンから音が鳴らなくなる現象があります。

これは単純なやり方で、改善します。
音のしないイヤホンを耳から外し、またしっかりと着け直すのです。

この現象はどうやら、イヤホンがゆるくなると起こるようです。

WF-1000XM4は「装着しているかどうか」をイヤホン内側のセンサーで感知しており、片耳のイヤホンを外すと音をストップします。

このセンサーが、過敏に反応しているのが原因と考えられます。

そのため片耳から頻繁に音がしなくなるようなら、そもそもイヤーチップが耳に合っていない可能性があります。

フィットしているイヤーチップを、選んでみてください。

それでも改善しなければ、Bluetoothの再接続

イヤーチップをフィットさせても片耳から鳴らなくなるなら、Bluetoothに問題があるかもしれません。

両耳のイヤホンを充電ケースに入れて、もう一度、両方を耳に着け直してBluetoothに接続します。

それでも改善しないようなら、この記事で紹介している「リセットもしくは初期化」をやってみましょう。

不具合を感じたら、まずはリセットを

以上、WF-1000XM4のタッチセンサーの改善方法について解説しました。

タッチセンサーの操作性の低さは、前作のWF-1000XM3からの問題です。

左右独立型ワイヤレスイヤホンは形状がごく小さいため、本体で操作をするのが物理的に難しいですね。
さらに感度が悪いとなると、操作が非常にストレス。

不具合を感じたときは、まずはリセットを試してみてください。

WF-1000XM4はイヤーチップを交換すると音質が良くなる

タッチセンサーの問題を別にすればWF-1000XM4は音質もよく、優れたノイズキャンセリング・イヤホンです。

そんなWF-1000XM4は、イヤーピースを交換するとより良い音質になります。

以下に、ぼくが試してみたWF-1000XM4のイヤーピースを解説しています。
合わせて、参考にしてみてください。

>> WF-1000XM4で使えるイヤーピース3つを比較し1つに決定

タイトルとURLをコピーしました