イヤホンは有線と無線どちらが良い?メリット・デメリット

イヤホン

イヤホンには大きく、「有線か無線か」の選択肢があります。

人気は断然、無線のブルートゥース・イヤホンですね。ただし有線イヤホンが完全に廃れたわけでなく、使っているひとは一定数でいます。有線には有線の良さがあるからです。

そこでこの記事では、有線イヤホン・無線イヤホンのメリットとデメリットを解説します。

スポンサーリンク

有線イヤホンの7つのメリット

有線イヤホンのfinal E3000
有線イヤホンのfinal E3000

有線と無線とを比べれば、一見、無線のほうが使い勝手よさそうに思えます。何よりケーブルがないため、使っていてわずらわしさを感じません。

しかし無線イヤホンと比べると、有線には以下7つのメリットがあります

  1. バッテリーを必要としない
  2. 音質が良い
  3. 有線イヤホンのほうが小型
  4. 価格が安い
  5. 耳から落ちても安全
  6. 音が途切れない
  7. 遅延しない

ひとつずつ解説します。

1. バッテリーを必要としない

無線イヤホンのいちばんの欠点は、バッテリーが要ることです。この「バッテリーが切れたらおしまい」は、無線イヤホンを使う上でプレッシャーです。

無線イヤホンは充電ケース付きのため、2回くらいは満充電できます。ケースごと満充電して出かければ、バッテリー切れの心配はほぼないです。

しかしバッテリー切れの可能性はゼロではないし、心配ごとが増えるのに違いありません。

有線はスマホにさせば使える

一方、有線は、バッテリーなしで使用できます。スマホにケーブルをさせば、何の心配もなく音楽を聴けます。「バッテリーをなしで使用できる」は、有線イヤホンの最も大きなメリットです。

2. 音質が良い

有線の2つ目のメリットは、音質の良さです。

無線イヤホンは、ブルートゥース接続して使います。ブルートゥースで音を拾うには、音源データを圧縮する必要があります。

コーデックの形式

主なブルートゥースのコーデックは、以下です。

SBC / AAC / aptX / aptX HD / aptX LL / LDAC

iPhoneのコーデックは、SBCとAACだけです。Androidは機種によって、LDACのようにハイレゾの「24bit / 96kHz」まで対応しているものがあります。

一方、有線イヤホンはブルートゥース接続ではないので、音源をコーデックへ変換する必要がありません。そのため劣化が起こらず、音質面では有線イヤホンが圧倒的に優位です

有線イヤホンはDACが使える

Apple MusicAmazon Music Unlimitedなど、ストリーミングで音楽を聴いている人も多いでしょう。

ストリーミングは高音質化の傾向にありますが、情報量を削らずにスマホで聴くには、DACと呼ばれるコンバーターが必要です。

DACはスマホとイヤホンをそれぞれケーブルでつなぐため、有線イヤホンでないと使えません。

ストリーミングの最高音質を聴くには、無線イヤホンでは無理。有線イヤホンが必要なのです。

またDACについては、以下の記事でぼくの使用しているものをレビューしています。合わせて参考にしてみてください。

>> 【スマホで高音質】USB-DACのIKKO Zerda ITM03レビュー

3. 有線イヤホンのほうが小型

無線イヤホンは本体に、ブルートゥースのパーツとバッテリーを組み込みます。そのためほとんどが、一般的な有線イヤホンより形状が大きいです。

イヤホンが大きいと、それだけ耳への負担も大きい。イヤホンに軽さや小ささを求めるなら、有線がおすすめです。

4. 価格が安い

イヤホンは、ピンきりの世界です。上を見たらきりがありません。

それでも同じ価格帯なら、無線より有線のほうが音質は上。コスパは有線イヤホンの方が良いといえます。

無線イヤホンは、パーツと開発費で割高に

無線イヤホンが割高なのは、詰め込むパーツが多いからです。ブルートゥースとバッテリーのパーツの分だけ、有線イヤホンよりコストが掛かります。

またワイヤレスイヤホンは、開発途上の製品です。有線イヤホンに比べ開発費が掛かるため、価格に乗せられてしまいます。

5. 耳から落ちても安全

ワイヤレスイヤホンの主流は、左右分離型です。耳から落ちると、そのまま地面をコロコロ転がります。

その点、有線イヤホンは、落下してもケーブルでつながっているため安心です。「落ちたらどうしよう」と余計な心配をする必要がありません。

無線イヤホンに比べ有線は、落下してなくしたり故障したりするリスクがとても低いです。

6. 音が途切れない

ブルートゥース接続の無線イヤホンは、環境によって接続が不安定になります。カフェなど電波の飛び交う場所は、音が途切れたり、切断が切れたりします。

電波の干渉がなくとも片方が聞こえなくなったり、ブツブツと異音がしたりと、無線イヤホンはトラブルが多いです。

一方、有線イヤホンはケーブルに異常のない限り、音が途切れたり異音したりはありません。使っていてストレスが低いのは、間違いなく有線イヤホンですね。

7. 遅延しない

無線イヤホンはブルートゥース接続のため、少なからず遅延が発生します。

音楽を聴くだけなら問題ないですが、アクションゲームで使う場合は、違和感を感じるひとがいるかもしれません。

その点、有線イヤホンは遅延がありません。遅延をゼロにしたいなら、有線イヤホンを選択するしかありません。

無線イヤホンのメリット

無線イヤホンのSONY WF-1000XM4
無線イヤホンのSONY WF-1000XM4

有線イヤホンの良さばかり書きましたが、盛り上がっているのは圧倒的にワイヤレスイヤホンです。

その理由は、無線イヤホンには大きなメリットが2つあるからです。

  1. ケーブルがなく快適
  2. 進化を体感できる

1. ケーブルがなく快適

無線イヤホンのいちばんのメリットは、なんといってもケーブルのないことです。それに尽きます。

ジョギングなどスポーツするときはもちろん、椅子に座っての作業もケーブルなしはとても快適。ワイヤレスの快適さに慣れると、有線イヤホンには戻れなくなります。

2. 進化を体感できる

無線イヤホンのメリットの2つめは、進化を体感できる点です。

ワイヤレスイヤホンは、今まさにメーカーがしのぎを削っている製品です。新商品の発売ごとに、形状が小さくなったり、ノイキャン性能がアップしたりと、大きな進化を感じます。

無線イヤホンはスマホとセットで使用する、デジタルデバイスのひとつです。デジタルデバイスとしての進化を体感できるのも、無線イヤホンの大きなメリットですね。

まとめ

以上、有線イヤホンと無線イヤホンの解説でした。

有線イヤホンのメリットは、以下のような感じ。

  1. バッテリーを必要としない
  2. 音質が良い
  3. 有線イヤホンのほうが小型
  4. 価格が安い
  5. 耳から落ちても安全
  6. 音が途切れない
  7. 遅延しない

一方、無線イヤホンの良さは、以下のような感じでした。

  1. ケーブルがなく快適
  2. 進化を体感できる

有線には有線の、無線には無線の良さがあります。両方のイヤホンを所持して、使い分けるのがベストですね。

色々なイヤホンを試してみて、自分にとって最適なものを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました