WF-1000XM4で使えるイヤーピース3つを比較し1つに決定

イヤホン・ヘッドホン

SONYのWF-1000XM4を使って、一年が経過。

購入以来、付属のイヤーピースを使ってきましたが、多少ひび割れしてきたのと汚れが目立ってきました。

毎日使っているので、傷むのは仕方ないですね。
そのため、サードパーティ製のイヤーピースへ付け替えることに。

そこでこの記事では、WF-1000XM4に使用できる3つのサードパーティ製イヤーピースを比較しました。
結論から書くと、AZLA SednaEarfit Crystalに決めました。

WF-1000XM4で使えるイヤーピース3つを比較し1つに決定

今回、比較したのは、以下3つです。

  1. AZLA SednaEarfit Short
  2. AZLA SednaEarfit Crystal
  3. Comply Tsx-200 アジアンフィット

では早速、実際に着けて音楽を聴いた感想を紹介します。

1. AZLA SednaEarfit Short

AZLA SednaEarfit Short
AZLA SednaEarfit Short
AZLA SednaEarfit Short
AZLA SednaEarfit Short

一つめは、AZLA SednaEarfit Shortです。

シリコン製で、色はブラックのみ。

ワイヤレスイヤホンのイヤーピースで重要なのは、「充電ケースに入るか」です。
AZLA SednaEarfit Shortは、問題なく入りました。

音質は純正イヤーピースに比べ、抜けが一気に良くなりましたね。

音に迫力が増したため、音圧がアップしたようにすら感じます。
低音もよく響きます。

価格もAmazonで1,000円弱と安く、コスパ抜群です。

お試しセットでフィットするサイズを見つける

このイヤーピースはシリコン素材のハードタイプで、伸縮しません。

そのため耳にフィットしたものを選ばないと、遮音性が悪くなったり、耳が痛くなったりします。

このイヤーピースを試す際は、最初にL・M・Sのお試しセットを購入するのがおすすめ。

そのなかで合ったものがあればよいですし、なければそこから、ML・MS・SSなどサイズを絞り込んでいくのです。

2. AZLA SednaEarfit Short

AZLA SednaEarfit Crystal
AZLA SednaEarfit Crystal
AZLA SednaEarfit Crystal
AZLA SednaEarfit Crystal

2つめは、同じAZLA SednaEarfitのCrystalです。

こちらも装着した状態で、充電ケースに問題なく収まりました。

商品名の通り、見た目が透明でスタイリッシュ。
音質もShortと同様、抜けが良くクリアです。
パーカッションの粒立ちが良く、音に関して不満はありません。

Shortと同じサイズ(MS)を買いましたが、少し大きく感じました。
かといって耳に入れてしまえば、違和感を感じませんでしたね。

Shortより遮音性が得られそう

AZLA SednaEarfit Shortはさらさらしたシリコン素材でしたが、Crystalは表面に粘着性があります。

その違いから、少し耳に入りづらく感じたのかもしれません。

サイズが合っていれば、Shortよりさらにフィット感や遮音性を得られると思います。

価格がShortの2倍

ただ問題は、価格です。
Shortより、倍くらい高い値段がします。

かといって、倍ほど良い音ではありません。
少なくとも自分の耳には、ほぼ同じに聞こえます。

一番の違いは、やはり見た目。
Crystalのほうが、無骨なShortに比べかっこいいのです。

見た目にこだわらなければ、価格の安いAZLA SednaEarfit Shortで問題ないですね。

3. Comply Tsx-200 アジアンフィット

Comply Tsx-200 アジアンフィット
Comply Tsx-200 アジアンフィット
Comply Tsx-200 アジアンフィット
Comply Tsx-200 アジアンフィット

3つめは、Comply Tsx-200 アジアンフィットです。

他の2つに比べ形状が大きいものの、こちらも充電ケースにきちんと入りました。

このイヤーピースは、伸縮素材を使っています。
耳に入れるときは、指でぎゅっと潰します。
すると装着後に耳の中で徐々に膨らみ、耳の内側にぴったり収まります。

そういった特殊な素材を使っているので、フィット感は問題ないでしょう。

耐久性に難あり

音質に関してはAZLA SednaEarfitの2つより、多少こもり気味です。
よくいえば、角が取れて聞きやすいといえますね。
低音はしっかり出ている印象です。

このイヤーピースの欠点は、耐久性の弱さです。

ヘビーに使うなら交換の頻度が多くなり、コスパが多少落ちると思います。

3つからAZLA SednaEarfit Crystalを選択

以上、3つを検討した結果、ぼくはAZLA SednaEarfitのCrystalを使うことにしました。

このイヤーピースは、まず音質が良いです。
高音・低音・ボーカルと、バランス良く聴こえます。
あとは、やはり見た目が好みでした。

同じAZLA SednaEarfitでも、Shortはいかにもシリコンな黒色。

イヤホンがブラックなら違和感ないですが、ぼくが使用しているのはプラチナシルバーです。
プラチナシルバーに黒を選択すると、違和感がかなり出ます。

ブラックに比べ透明なCrystalは、使っていてテンションが上がります。
使用する製品の見た目は大事です。

まとめ

ということで、WF-1000XM4で使えるサードパーティ製のイヤーピースの紹介でした。

以下の3つを比べて、「音質・見た目」で2のAZLA SednaEarfit Crystalを選択しました。

  1. AZLA SednaEarfit Short
  2. AZLA SednaEarfit Crystal
  3. Comply Tsx-200 アジアンフィット

イヤホンはイヤーピースを変えるだけで、驚くほど音が変わります。

WF-1000XM4の純正イヤーピースでも何の問題もありませんが、よく聴く音楽のジャンルに合わせサードパーティ製を試しても楽しいと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました