Notionをこんな風に使っています【10の使い方を紹介】

仕事ツール

周りでも、Notionを使う人が増えてきました。

「Notionってなに?」「メモアプリ?」と気になっている人もいると思います。

Notionはたしかにメモアプリですが、レイアウトを自由にアレンジでき多機能なのが特徴です。

そこでこの記事では、ぼくのNotionの使い方を紹介します。

Notionをこんな風に使っています【10の使い方を紹介】

Notionで作成している項目は、以下の10ページです。

  1. inbox
  2. todo
  3. ログ
  4. ピンときたテキスト
  5. よかったお金の使いみち
  6. やりたいことリスト
  7. 見た映画・読んだ本
  8. やって楽しいことリスト
  9. 尊厳の輪
  10. ネタ帳
Notionのページ一覧

では、一つずつ解説していきます。

1. inbox

何かメモをするときは、とりあえず「inbox」と名付けた場所に入れています。

Notionはスマホアプリもありますが、操作は圧倒的にパソコンがやりやすいです。そこで「inbox」に溜まったメモは、パソコンのNotionで適切なページへ振り分けています。

Notion - notes, docs, tasks

Notion – notes, docs, tasks

Notion Labs, Incorporated無料posted withアプリーチ

2. todo

週ごとに作成しているto doページ
週ごとに作成しているto doページ

文字通り、その週の「to doリスト」をNotionで作成しています。

このページの作り方は、スワンさんの動画を丸パクリしました。概要欄に、テンプレートのリンクまで用意されています。

その週のto doを作成するのは、月曜午前です。1週間のタスクをすべて書き出し、それを曜日ごとへ振り分けています。

このto doを書くようになってから、タスクの完了度がアップしました。またto doを書き出すことで、「やること・やりたいこと」の両方が明確にもなりましたね。

とてもおすすめです。

3. ログ

毎日の行動のログ(記録)も、Notionに書いています。内容は、その日にやった作業や1日の歩数、読んでいる本など。

ログをつけるようになると、生産性や読書量がアップしました。

記録をつけることで、「生産性の高い時間の使い方をしよう」と意識が自然に向くように思います。

4. ピンときたテキスト

書籍やメルマガなどからピンときたテキストをコピペ
書籍やメルマガなどからピンときたテキストをコピペ

本やメルマガなどで良いと思った箇所を、Notionへコピペしています。それをジャンルごとに分け、時間のあるときに読み返しています。

こういったデータベース的な使い方が、Notionは向いていますね。

5. よかったお金の使いみち

「お金は貯めるより、使う方が難しい」とは、よく聞く話です。

そこでNotionを使い、「良い使い方ができたかどうか」を月の終わりに振り返り、最も良かったと思える使い方を記録しています。

6. やりたいことリスト

「やりたいことリスト」もNotionに書いています。

リストにしたやりたいことは、ピックアップしてto doリストへも書いて日々のモチベーションを高めています。

これも、先ほど紹介したスワンさんの動画を参考にしました。

7. 見た映画・読んだ本

見た映画と読んだ本をデータベース化
見た映画と読んだ本をデータベース化

見た映画と読んだ本とを記載し、データベース化しています。

この記録を付けるようになってから、鑑賞する映画の本数と読む本の量が急増しました。先ほども書きましたが、記録を取るだけで行動が促進されますね。

8. やって楽しいことリスト

「やりたいことリスト」ではなく、「やって楽しいことリスト」です。

気分が乗らないときに、想像するだけで楽しくなることを書いています。ここから、to doへ落とし込んだりもします。

自分の「これをやると必ず楽しい気持ちになる」を把握しておくと、嫌なことがあっても切り替えられます。いわゆる「自分で自分の機嫌を取る」というやつですね。

9. 尊厳の輪

尊厳の輪とは、書籍『Think Clearly』で紹介されていた言葉です。

誰しも「ここから先は譲れない」といった、信念の境界線があると思います。その境界線(尊厳の輪)を明確にしておくと、選択肢が目の前に現れたとき迷わなくて良いです。

その尊厳の輪も、Notionに書いています。

10. ネタ帳

ネタをブログの記事へと発展させる
ネタをブログの記事へと発展させる

Notionは、ブログのネタ帳にも活躍しています。書き方は、平岡雄太さんの動画を参考にしました。

何かを思いついたら、ともかくNotionの「inbox」へ入れておきます。

そこから「これはブログに使えそうだ」と思えたものを、ネタのページへ移動させます。さらにブログを書くときにリストを眺めて、いくつかネタを組み合わせて記事へ膨らませています。

Notionに書く利点は、ボード形式を活用できる点です。一覧性が良く「これとこれを合わせると内容が濃くなる」など、ネタ同士の組み合わせも思いつけます。

まとめ

以上、Notionに作成している10個のページを紹介しました。

  1. inbox
  2. todo
  3. ログ
  4. ピンときたテキスト
  5. よかったお金の使いみち
  6. やりたいことリスト
  7. 見た映画・読んだ本
  8. やって楽しいことリスト
  9. 尊厳の輪
  10. ネタ帳


Notionの利点の一つは、表を簡単に作成できたりカラムを増やせたりと、レイアウトを自由に変えられる点ですね。

テキストを書くだけでなく、データベースを作れるのも便利です。

Notionは多機能で取っつきにくい面もありますが、まずは「to do」や「読んだ本のデータベース」などから始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに比較されるEvernoteとは、アプリの性格が異なっていると思っています。EvernoteとNotionの違いを以下の記事に書きました。合わせて参考にしてみてください。

>> EvernoteからNotionへは移行しない【両者は特徴が異なる】

タイトルとURLをコピーしました