PR

Notionをこんな風に使っています【便利な使い方・活用法】

仕事ツール

Notionが話題になっているのを見て、「Notionってなに?」「メモアプリ?」と気になっている人も多いと思います。

確かにNotionはメモアプリですが、レイアウトを自由に変更できるのが特徴です。

この記事では、ぼくのNotionの使い方を紹介します。活用の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Notionの便利な使い方・活用例

では早速、Notionの活用例を紹介します。Notionで作成している項目は、以下の10個です。一つずつ解説していきます。

  1. inbox
  2. todo
  3. ログ
  4. ピンときたテキスト
  5. よかったお金の使いみち
  6. やりたいことリスト
  7. 観た映画・読んだ本
  8. やって楽しいことリスト
  9. 尊厳の輪
  10. ネタ帳
Notionのページ一覧

1. inbox

NotionでメモしたりWebページを保存したりするときは、とりあえず「inbox」と名付けた場所に入れています。

保存のたびページを指定するよりも、「とりあえず保存する場所」を作っておいた方が楽です。

スマホでもパソコンでも情報はどんどん「inbox」へ一旦入れておき、1日に1回は各ノートへ振り分けて空っぽにする。

これを習慣にすればカオス化せず、Notion内をきちんと整理できます。

2. todo

週ごとに作成しているto doページ
週ごとに作成しているto doページ

次はtodoです。文字通り、その週の「todoリスト」をNotionで作成しています。

todoリストを作成するのは、月曜午前です。1週間のタスクをすべて書き出し、それを曜日ごとへ振り分けています。

このリストを書くようになってから、タスクの完了度がアップしました。

またtodoリストを書き出すことで、「やること・やりたいこと」の両方が明確にもなります。

このページの作り方は、スワンさんの動画を丸パクリしました。概要欄に、テンプレートのリンクが用意されています。

3. ログ

毎日の行動のログ(記録)も、Notionに書いています。その日にやった作業内容や1日の運動量、読んでいる本など。

ログをつけるようにすると、生産性や読書量がアップしました。

記録をつけることで、「生産性の高い時間の使い方をしよう」と自然に意識が働くのだと思います。

「Notionで何をやればいいかわからない」と迷ったときは、ログから始めてみるとすんなりスタートできますよ。

4. ピンときたテキスト

書籍やメルマガなどからピンときたテキストをコピペ
書籍やメルマガなどからピンときたテキストをコピペ

本やメルマガなどで良いと思った箇所を、Notionへコピペしています。それをジャンルごとに分け、時間のあるときに読み返しています。

こういったデータベース的な使い方が、Notionは向いていますね。

5. よかったお金の使いみち

「お金は貯めるより、使い方が難しい」とは、よく聞く話です。

そこで月の終わりに、「良いお金の使い方ができたか」を振り返り、最も良かったと思える使い方を記録しています。

これも記録することで、「お金を効果的に使おう」と意識が向きます。

created by Rinker
¥871 (2024/03/02 01:37:38時点 Amazon調べ-詳細)

6. やりたいことリスト

「やりたいことリスト」もNotionに書いています。「やることリスト」ではなく、「やりたいことリスト」です。

todoリストを作成するときはこの「やりたいことリスト」を見返して、その週に何かできることはないか確認しています。

月曜の朝からtodo(やらなければならないこと)を考えていると、脳みそが萎んできます。「やりたいこと」にも目を向けることで、モチベーションが高まります。

こちらも、先ほど紹介したスワンさんの動画を参考にしました。

7. 観た映画・読んだ本

見た映画と読んだ本をデータベース化
観た映画と読んだ本をデータベース化

観た映画と読んだ本とを記載し、データベース化しています。

印象の薄かった場合、すぐに内容を忘れてしまいます。スコアや簡単な内容を記録すれば、記憶の定着が良くなります。

この記録を付けるようになってから、鑑賞する映画の本数と読む本の量が急増しました。やはり記録を取るだけで、行動が促進されますね。

8. やって楽しいことリスト

「やることリスト」でも、「やりたいことリスト」でもなく、「やって楽しいことリスト」です。

気分が乗らないときでも、想像するだけで楽しくなることを書いています。

「これをやると必ず楽しい気持ちになること」をリスト化しておくと、嫌なことがあってもそのリストを見れば切り替えられます。

いわゆる「自分で自分の機嫌を取る」というやつですね。

Notionに書いておいて、気持ちが沈んだときに見返しましょう。

9. 尊厳の輪

尊厳の輪とは、書籍『Think Clearly』で紹介されていた言葉です。

誰しも「ここから先は譲れない」といった、信念の境界線があると思います。例えば「顧客に嘘はつきたくない」とか、「子どもとの約束は必ず守る」とか。

その境界線(尊厳の輪)を明確にしてノートに記しておくと、複数の選択肢が目の前に現れたとき迷わなくて良いです。

10. ネタ帳

ネタをブログの記事へと発展させる
ネタをブログの記事へと発展させる

Notionは、ブログのネタ帳にも使っています。

何かを思いついたら、ともかくNotionの「inbox」へ入れておきます。そこから「これはブログに使えそうだ」と思えたものを、ネタのページへ移動させます。

ネタのページは一行だけのボードビューにしておき、「これとこれを組み合わせられないかな」とリストを見ながら内容を詰めていきます。

ボードビューを付箋がわりに

Notionの利点の一つは、リストビューやボードビューなど表示を変えられる点です。

特にボードビューはホワイトボードに貼った付箋のような感覚で、発想を広げたりまとめたりするのに便利です。

ブログのネタの書き方は、平岡雄太さんの動画を参考にしました。

まとめ

以上、ぼくがNotionに作成している10個のページを紹介しました。

  1. inbox
  2. todo
  3. ログ
  4. ピンときたテキスト
  5. よかったお金の使いみち
  6. やりたいことリスト
  7. 観た映画・読んだ本
  8. やって楽しいことリスト
  9. 尊厳の輪
  10. ネタ帳


Notionは表を簡単に作成できたりカラムを増やせたりと、レイアウトを変えられるのが良いです。

多機能で取っつきにくい面もありますが、まずは「ログ」や「読んだ本のデータベース」などから始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに同じノートアプリで比較されるEvernoteとは、アプリの性格が異なっていると思っています。

EvernoteとNotionの違いは、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> EvernoteからNotionへは移行しない【両者は特徴が異なる】

タイトルとURLをコピーしました