ドラム式洗濯乾燥機で衣類が乾かない【解決の6ポイント】

時短家電

洗濯乾燥機は便利です。
ボタン一つで、洗濯から乾燥まで自動でやってくれます。

買ってしばらくしてから思った洗濯乾燥機のメリットは、以下の記事に書きました。
>> ドラム式洗濯乾燥機は必要?使ってみて「買ってよかった」

ただ使いはじめて、「洗濯物が乾かないな」といった疑問が何度かありました。
その都度、調べたり色々試したりして、改善させています。

そこでこの記事ではドラム式洗濯乾燥機の乾燥機能の改善方法を、以下2パターンに分けて解説します。

  • ドラム式洗濯乾燥機を買ったばかりなのに乾かない【解決の3ポイント】
  • 買って1年くらい経ち、乾かなくなってきた【解決の3ポイント】

ドラム式洗濯乾燥機を買ったばかりなのに乾かない【解決の3ポイント】

乾燥機能の改善は、使用している期間によってかわります。

最初に、「買ってすぐなのに乾かないケース」の改善方法です。
方法は3つあります。

  1. 設定を見直す
  2. 衣類の量を適切にする
  3. 乾燥フィルターを乾燥が終わる度に掃除する

1. 設定を見直す

同じような悩みを持っている人も、おそらくこの「設定を見直す」でほとんど解決すると思います。

例えば自分の使っているシャープES-S7Eの場合、乾燥に3種類の設定があります。
その3つは、以下です。

  • 標準
  • 念入り
  • ひかえめ

買ったばかりの設定は、「標準」になっていました。
これを「念入り」に変えてみたところ、半乾きがほぼなくなりました。
ES-S7Eの場合の設定方法は、ロック解除を押しながら電源を入れ乾燥ボタンを押し、0〜1の番号を選択してスタートボタンを押します。

【設定内容】
0 … 標準
1 … 念入り
2 … ひかえめ

「衣類が乾かない」と疑問に思ったときは、まず説明書を読んで、乾燥の設定が弱めになっていないか確認してみてください。

2. 衣類の量を適切にする

設定を 「念入り」にしても、衣類の一部が乾かないときがあります。
そのときに共通していたのは、「洗濯物の入れすぎ」でした。

洗濯乾燥機は電気代を節約するため、センサーで乾き具合を確かめながら稼働します。
そのため洗濯物が乾いていなくても、センサーが「乾いている」と判断し、運転をやめてしまうケースがあります。

面倒なときは、ついドラム内にぱんぱんに洗濯物を入れたくなります。
そこをぐっとこらえ、適切な量(洗濯容量の半分)に洗濯物を減らすときちんと乾きました。
乾かないときは、一度に入れる衣類を少なくしてみる。
単純ですが、効果があります。

3. 乾燥フィルターを乾燥が終わる度に掃除する

ドラム式洗濯乾燥機には、乾燥フィルターがついています。
乾燥フィルターの役目は、洗濯槽とファンの間のホコリのキャッチです。
このフィルターが目詰まりすると空気が循環しなくなり、洗濯槽に湿った空気が溜まったまま。
どれだけ乾燥をかけても、いつまでも乾きません。

乾燥機能を低下させないように、面倒でも乾燥フィルターは終わる度に綺麗にするようにしましょう。

買って1年くらい経ち、乾かなくなってきた【解決の3ポイント】

次は、購入から1年くらい経って乾かないケースです。
改善方法は、以下の3つがあります。

  1. 洗濯槽クリーナーで掃除する
  2. 乾燥経路をブラシで掃除する
  3. 分解清掃する

1. 洗濯槽クリーナーで掃除する

洗濯機は水を使うため、カビが発生しやすいです。
定期的に塩素系の洗濯槽クリーナーを使って、カビの除去を行います。

塩素系のクリーナーを使用すると、糸屑なども流れ落ちます。
その結果、乾燥機能が改善する可能性があります。

洗濯槽クリーナーは、メーカーが専用のものを発売しています。
自分の使っているシャープのES-S7Eの場合は、ES-CDが販売されています。

2. 乾燥経路をブラシで掃除する

ドラム式洗濯乾燥機は、湿った空気をファンで吸い上げて排出します。
その際に乾燥経路にホコリや糸屑が付着し、空気の流れを悪くすることがあります。
その結果、洗濯槽の湿った空気が行き場を失い、洗濯物が乾かないという事態に。

乾燥経路の掃除は乾燥フィルターを外して、排水溝を掃除するブラシなどである程度とることができます。
自分は以下の製品を使用しています。

created by Rinker
コジット
¥507 (2022/09/27 09:21:25時点 Amazon調べ-詳細)

ただあくまでもパイプ用なので、力を入れてゴシゴシ掃除すると、乾燥経路の壁面を傷つけてしまいます。
傷つけないよう注意しながら使用した方が良いです。

3. 分解清掃する

最も効果的なのは、分解清掃することです。
専門業者に頼めば、1万5千円〜2万円程度の予算で綺麗にしてくれます。

また機種によっては、自力で分解清掃も可能です。
自力で清掃できれば今後使っていて乾かなくなってきても、業者を呼ばずに対応できます。

自分の使っているシャープのES-S7Eの場合、ファンを綺麗にすることで乾燥機能が復活しました。
詳しいやり方を、以下の記事で解説しています。
参考にしてみてください。

>> 自力の分解清掃でシャープ・ES-S7Eの乾燥機能が完全に復活

購入期間によって適切な対処を

せっかくドラム式洗濯乾燥機を買っても、肝心の乾燥がうまくいかないのは困ります。
購入してからの期間によって、今回紹介した方法を試してみてください。

この記事が、参考になれば幸いです。

created by Rinker
コジット
¥507 (2022/09/27 09:21:25時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました