【買ってよかった?】食洗機の導入でわかった7つの真実

時短家電

念願だった食洗機を買って5か月。毎日2回は欠かさず稼働しています。もはや、食洗機なしの生活には戻れません。

スイッチひとつで食器を洗い、乾燥までやってくれます。食器洗い専用の家政婦さんを雇っているようなものです。本当に楽になりました。

ただ実際に導入してわかったことも、いくつかあります。

そこでこの記事では、食洗機を使ってみてわかった7つのことを紹介します。

パナソニック「プチ食洗」NP-TCM4-Wを狭いキッチンに設置

使用している食洗機は、パナソニックの「プチ食洗」NP-TCM4-Wです。家のキッチンが狭いため食洗機ラックを購入し、その上に食洗機を置いています。

「キッチンが狭くて食洗機は無理かな…」と思っていたので、食洗機ラックの存在を知ってよかったです。

詳しくは以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> 【狭いキッチン】食洗機を設置するとき必要なものを紹介

【買ってよかった?】食洗機の導入でわかった7つの真実

ではここから、実際に食洗機を5か月間使ってわかったことを紹介します。以下7つあります。

  1. 音はそれなりにうるさい
  2. 乾燥モードですべての食器が乾くわけではない
  3. それほどたくさんの食器は入らない
  4. 食洗機で洗えないものがある
  5. 電気代は多少アップした
  6. 水道代の変動は不明
  7. 分岐水栓にしてよかった

1. 音はそれなりにうるさい

食洗機は、洗浄と乾燥のモードに分かれています。そのうち洗浄は、気になるレベルでうるさいです。

食洗機は内部に貯めた水を、下からのジェット噴射で何度も洗浄します。この噴射の勢いがかなり強く、水の音がそれなりに大きく聞こえます。

ワンルームタイプの1Kの部屋であれば、結構、耳障りに感じるでしょうね。多少の騒音は、設置の際に考慮してください。

2. 乾燥モードですべての食器が乾くわけではない

食洗機は洗浄から乾燥へ自動で切り替わり、熱風で食器を乾かしてくれます。ただし乾燥で完全に乾くわけではありません

終了後に食器を取り出すと、タッパーのふたの溝など入り組んだところは乾ききっていないですね。

乾燥できちんと乾かすには、食器を詰め込みすぎず、隙間を空けるのがコツです。

3. それほどたくさんの食器は入らない

買ったのがパナソニックの「プチ洗浄」なので致し方ないですが、一度にそれほどたくさんの食器は洗えません。

手洗いは嫌だからと食器を詰め込みすぎると、洗浄も乾きも悪くなります。かといって大きな食洗機を設置すると、キッチンを圧迫します。

どちらを取るかトレードオフではありますが、購入時には家電量販店で食洗機のサイズを見てみるのが良いですね。

4. 食洗機で洗えないものがある

食洗機は60度~80度くらいのお湯で洗浄するため、高温で変形するプラスティック製容器などは洗えません。

それをわかっていながら無印良品の冷水筒を洗浄したところ、ヒビが入ってしまいました。

他にも炊飯ジャーの内釜など、テフロン加工も不可です。結局「食洗機だけで洗い物はすべてOK」とはならず、手洗いするものは毎食後に必ず発生します

5. 電気代は多少アップした

食洗機を使って気になるのは電気代です。導入後に去年の同じ時期と比べたところ、電気代が約1,000円アップしていました。

もちろん気候の違いでエアコンの稼働時間などが変わるので、すべて食洗機の影響ではないと思います。それでも食洗機の導入で電気代がアップするのは間違いないところ。

ただ「電気代がアップした分で、食器を洗ってくれる人を雇った」と思えば、かなりリーズナブルと思えますね。

6. 水道代の変動は不明

食洗機は中に水を貯めて、ジェット噴射で何度も洗浄とゆすぎをします。そのため手洗いよりも、使う水の量が少ないです。

その分、水道代は安くなっていると思いますが、去年と金額を比べてもそれほど違いは見られませんでした。これは多少期待はずれ。

食洗機を導入しても、それほど水道代の節約にはならないかもしれません。

7. 分岐水栓にしてよかった

食洗機の設置にあたり、分岐水栓式にするかタンク式にするか迷いました。

分岐水栓式は、使用する水を水道から直接取り入れます。一方タンク式は備え付けのタンクへ、数リットルの水を汲み入れて使います。

どちらも一長一短あるものの、分岐水栓式のほうが圧倒的に楽です。毎回、タンクへ水を入れる手間があったら、結局、食器洗いが面倒になったでしょう。

どちらかで迷っているなら、分岐水栓式をおすすめします。

おすすめの時短家電を5つ紹介

食洗機だけでなく、時短家電を使うと家事にかかる時間を劇的に短縮できます。おすすめは時短家電は、以下の5つです。

  1. ルンバ(お掃除ロボット)
  2. 食器洗い乾燥機
  3. ホットクック
  4. ヘルシオ
  5. ドラム式洗濯乾燥機

以下の記事で、おすすめの時短家電をランキングで解説しています。合わせて参考にしてみてください。

>> 【買ってよかった】おすすめの時短家電5選をランキングで紹介

まとめ

以上、食洗機を使ってみて気づいた7つを紹介しました。

  1. 音はそれなりにうるさい
  2. 乾燥モードですべての食器が乾くわけではない
  3. それほどたくさんの食器は入らない
  4. 食洗機で洗えないものがある
  5. 電気代は多少アップした
  6. 水道代の変動は不明
  7. 分岐水栓にしてよかった

音がしたり電気代が掛かったりするものの、食洗機を導入して満足です。

食洗機を設置して得られるのは「時間」です。毎日食器洗いに30分掛かっていたなら、ひと月で15時間も時短できます。

「食洗機を導入しようか、どうしようか」と悩んでいるひとがいたら、全力で背中を押しますよ。検討してみてください。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥58,000 (2023/02/09 08:41:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フィニッシュ
¥559 (2023/02/08 19:17:59時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました