ルンバのデュアルアクションブラシを交換【寿命は1年】

ルンバ 時短家電

ルンバはお掃除ロボットだけに、使っているとパーツがヘタってきます。

パーツのうち吸込口のブラシやフィルターなどは、自力で交換が可能です。そのまま使いつづけると掃除機能が低下するので、定期的に交換しましょう。

そこでこの記事では、ルンバのパーツ交換を解説します(※ ルンバ880を使用しています)。

スポンサーリンク

ルンバのデュアルアクションブラシを交換【寿命は1年】

自分で交換できるルンバのパーツは、以下の通り。

  • エッジクリーニングブラシ
  • デュアルアクションブラシ
  • ダストカットフィルター

これらは純正品がルンバ公式サイトで売っているほか、サードパーティ製をAmazonなどで購入できます

サードパーティ製は純正品に比べ、価格が安いです。性能も変わらないので、安く済ませたい人はサードパーティ製を購入すると良いと思います。

パーツの交換を写真付きで紹介

では実際に交換したときの様子を、写真とともに紹介します。使用しているのはルンバ880です。

ルンバ880
ルンバ880

パーツの取り替えは、ルンバの底面に集中しています。

左上の黄色のパーツが、エッジクリーニングブラシ。壁沿いのホコリをかき出します。真ん中の2本のロールが、デュアルアクションブラシ。ゴミを巻き込んで吸い取ります。

ルンバ
交換パーツはルンバの底面に集中している

アマゾンでサードパーティ製を購入

交換パーツはAmazonで購入できます。以下のセットで2,000円前後とお得です。

ルンバ
Amazonで購入した交換パーツ

公式サイトのデュアルアクションブラシには、以下の記述があります。

アイロボット独自のゴム製デュアルアクションブラシ。
ブラシが摩耗したとき、破損したときに交換してください。
交換目安は半年から1年に1回です。

iRobot公式サイト「デュアルアクションブラシ」より

パーツの状態に関わらず、半年から1年での交換が推奨されていますね。忘れないように、交換時期をリマインダーにセットしておきましょう。

エッジクリーニングブラシを交換

エッジクリーニングブラシは、マイナスのネジで固定されています。ネジを取れば簡単に交換できます。

ルンバ
エッジクリーニングブラシはマイナスドライバーで外す

新品に交換しました。ブラシがしっかりしていて、ホコリを十分にかき取れそうです。

ルンバ
新品に交換したエッジクリーニングブラシ

デュアルアクションブラシの交換

デュアルアクションブラシを取り出すには、黄色の2つのレバーを内側へ押し込みカバーを外します。

黄色のレバーを内側に押し込む
黄色のレバーを内側に押し込む

デュアルアクションブラシは、2本のローラーで形状が異なっています。間違わないよう、イラストでナビゲートされています。

イラストに従って、新品のパーツに交換する
イラストに従って、新品のパーツに交換する

先端の突起をはめ込んで取り付けます。金具の形状も六角形と四角形に分かれており、それぞれイラストが描かれています。

金具の形状がイラストで描かれている
先端の形状がイラストで描かれている
ルンバ
六角形と四角形に分かれている突起

イラストの指示に従いデュアルアクションブラシをはめ込み、カバーを元通りに。これで完了です。

デュアルアクションブラシをセットする
デュアルアクションブラシをセットする

ダストカットフィルターを交換

最後に、ダストカットフィルターを交換します。

ルンバ
ダスト容器のダストカットフィルターを新品に交換

ルンバはホコリとともに、空気を吸い込みます。ダストカットフィルターでホコリを遮断し、空気だけを排出する仕組みです。

そのためダストカットフィルターが詰まっていると空気が循環せず、モーターに負担が掛かります。定期的な掃除とパーツ交換を忘れずに。

まとめ

以上、ルンバのパーツ交換の解説でした。

パーツは消耗品なので、長く使っていると機能が低下してきます。半年から1年を目安に、新品のパーツへと交換しましょう。

Amazonで交換セットが安く買えるので、型番に合ったものを購入してみてください。

またルンバが充電スポットへ戻らなくなったら、バッテリーの寿命かもしれません。以下の記事にルンバのバッテリー交換について解説しました。合わせて参考にしてみてください。

>> ルンバが充電スポットへ戻らなくなったら、バッテリーの交換を

タイトルとURLをコピーしました