モーニングページを1年間続けてみて、どんな変化があったか

習慣

モーニングページを始めて、約1年が経過しました。

最初の数週間は億劫で何度かやめようかと思いましたが、習慣化してからはそれほど苦労せず続けてこれています。1年間で、使用したノートは4冊(現在5冊目)。

朝一番にノート3ページ分を文字で埋めるのは、それなりに面倒な作業です。にもかからわず続けてこれたのは、自分にとって何かしらメリットがあるからでしょう。

そこでこの記事では、モーニングページを1年やってみて感じた変化を紹介します。

スポンサーリンク

モーニングページを1年間続けてみて、どんな変化があったか

モーニングページとは何か?モーニングページは、簡単にいえば自分を知るための方法です。

やり方は、書籍『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』に詳しく書かれています。

モーニングページのやり方

やり方は、ごくごくシンプル。

朝起きてすぐに、A4ノート3ページに思いついたことを書く。それを毎朝つづける。

たった、これだけです。

5つのルール

といってもモーニングページには、いくつかのルールがあります。まとめると以下5つです。

  • 文章の流れや構成など、一切気にしない
  • 頭に浮かんだことを、ペンを止めずに書く
  • くだらないことや卑猥なことでも、躊躇せず書く
  • 人に見せない(重要
  • 始めて数週間は、ノートを読み返さない

これらを守ることで、モーニングページの効果が現れます。

『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ではモーニングページを始めて数十年たった人が、いつの間にか夢を実現していた例がいくつか紹介されています。

本の内容を信じるなら、やり始めて数日・数週間で目に見える効果は現れないと思ったほうが良いです。

数年単位で毎日欠かさずやると、思いがけない変化が起こっているかもしれません。

A4ではなく、A5ノートを使用

使用する道具は、A4ノートを使う以外、細かい決まりはありません。といっても、実はぼくはA4ノートを使っていません。使っているのは、ほぼ日の方眼ノート(A5)です。

モーニングページをやってみようと思ったとき、「どう考えてもA4だと、大変すぎて続かない」と考えました。

A4って、かなり大きいですよ…。それを3ページ分、文字だけで埋めるのはかなりハードルが高い。漢字のある日本語は英語に比べ文章の密度が濃いので、日本人はA5でちょうど良いように思います。

ひょっとして1年間つづけられたのは、A5ノートでハードルを下げたからかもしれません。

変化を感じる5つのこと

ここから「実際に1年つづけて、どんな変化があったか」を紹介します。

ただ本音は、「よくわからない」が正直なところ。変化はあるような、ないような…。「メリットが5つありました!」と威勢よくいえないのが辛いところです。

以下に5つあげましたが、これらは「もしかしたら、こういう変化があったのかも」とあやふやな感じです。

  1. ゴシップ情報に反応しなくなった
  2. より意識して時間を使うようになった
  3. より行動的になった
  4. 不安が少なくなった
  5. 昔の嫌なことを思い出すようになった

1. ゴシップ情報に反応しなくなった

Twitterやニュースサイトを見ていると、興味のそそられるトピックを目にします。

以前はそういったトピックをみると、関連した情報をつい漁ってしまいました。要は炎上しているインフルエンサーを、やじ馬で見に行っていたのです。

それが最近は、情報に反応しなくなりました。炎上を目にしても、「なぜ、これが注目されているんだろう?」と以前より俯瞰して見られているように思えます。

2. より意識して時間を使うようになった

以前よりも、時間の使い方に意識的になりました。ほぼ日手帳に行動の記録を書くようになったのも、モーニングページを始めてからです。

ほぼ日手帳をどんな風に使っているかは、以下の記事に詳しく書いています。

>> 書くことなかった「ほぼ日手帳」の使い方がようやく決まり定着

3. より行動的になった

時間を意識して使うようになった結果、行動力が高まりました。

それまでも何かしら行動はしていましたが、もっと何というか、以前よりも「その行動に対する効果」を考えるようになりましたね。

「同じ時間と労力を使うなら、より成果を出せるように」と行動の質を重視する感じです。モーニングページをやる前は、もっといきあたりばったりだったように思います。

4. 不安が少なくなった

毎朝、モーニングページで文章を書いていると、けっこう不安な事柄があふれ出てきます。書きながら、「そうか、こういうことを不安に感じているのか」と客観視している自分がいたりします。

不安は頭の中で考えていると、どんどん大きくなっていきます。それをモーニングページで毎朝、はき出すことで、不安感が以前より軽減しましたね。

5.昔の嫌なことを思い出すようになった

ここまで書いた1〜4は、「モーニングページを始めたら、こういう傾向が出てきたかな…?」と漠然としたものです。

最後に、これはぼくの場合だけかもしれませんが、やたら昔の嫌なことを思い出すようになりました

ピークはモーニングページを始めて、最初の数か月(3か月くらい?)。そのあとは徐々に少なくなり、今はそれほど思い出しません。

今考えると、それは必要な工程だったのかなと思います。

過去の嫌なことを掘り起こすことで、「今をよりよいものにしよう」と行動へ結びついているように思えます。

モーニングページは自分との対話ツール

以上、モーニングページを1年つづけた感想でした。

「結局、モーニングページとは何なのか?」と質問されれば、「自分との対話」とぼくは答えます。

人間は生活しているとき、絶えず何かを考えていますよね。考えているそばから別の思考へ移り、そのほとんどを忘れてしまいます。

モーニングページはそんな過ぎ去っていく自分の思考を、文字にしてノートへ刻んでいく作業です。

いつもは過ぎ去り忘れていく思考を改めて確認することで、「自分はこういうことを考えているのか」と知ることができます。

そうやってノートを通じ毎朝、自分自身と対話する。それがモーニングページの役割かなと思うのです。

まずはやってみよう

といっても、ここに書いたのはあくまで自分の場合。おそらく人によって、現れる効果は変わってくると思います。

この記事を読んでいる人は、モーニングページが気になっているんだと思います。

モーニングページに必要なのは、ノートとペンだけ。気になっているなら、とりあえず明日の朝からやってみましょう。

それだけのコストで、良い変化があるなら儲けものだと思いますよ。

created by Rinker
¥1,158 (2023/02/08 12:31:19時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました