Dropbox Basic無料とPlus有料の違いを解説【料金・機能】

仕事ツール

Dropboxには、無料版と有料版があります。無料版は容量が2GBしかないため、ヘビーに使っていると有料版への移行を考え始めますね。

といってもサブスクなので、「有料版にすると、どのくらい変わるのか」とメリットが気になります。

そこでこの記事では、Dropboxの無料版(Basic)と有料版(Plus)の違いを解説します。

Dropboxのプランの違い【料金・機能】

まずは、料金の違いから見ていきます。

Basicは、言うまでもなく無料です。Plusは月額か年額を選べます。年額の15,840円を選ぶと、月換算1,320円と少しお得になります。

Basic(無料)Plus(有料)
料金無料月額1,650円、年額15,840円
BasicとPlusの料金

またDropbox Plusは、ソースネクスト Dropbox Plus 3年版で安く利用できます。以下の記事に詳しくまとめたので、合わせて参考にしてみてください。

>> Dropbox Plusを割引で安く買う方法【2TBを最安値で】

機能の比較

続いて、BasicとPlusの機能の違いです。

BASIC(無料)Plus(有料)
容量2GB2TB
どこからでもアクセス
スマートシンク×
共有リンクの送信
Dropbox Paper
デバイスデータの遠隔削除×
ファイル復元30日間30日間
優先チャットサポート××
優先メールサポート×
BasicとPlusの機能の違い

最も大きな違いは、やはり容量ですね。Basicの2GBに対し、Plusは2TBと1000倍あります。

Plusはスマートシンクを使える

容量だけでなく、Plusはスマートシンクが大きいです。

スマートシンクとはパソコン上に仮想ファイルを表示し、Dropboxのクラウドのみにデータを保存する機能のこと。

スマートシンクを活用すると、パソコンの容量を節約できます。スマートシンクについては、以下に詳しくまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxスマートシンク使い方【パソコン容量を気にしない】

他の有料プランの料金

Dropboxを個人で使う場合、Plus以外にもFamilyとProfessionalがあります。それぞれの料金と容量は以下の通りです。

PlusFamilyProfessional
料金(月額)1,650円2,750円2,640円
料金(年額)15,840円26,400円26,400円
ユーザー数1最大61
容量2TB2TB3TB
Dropbox 有料プランの料金と機能

2TBでは足りない人は、3TBのProfessionalを。複数人で使う場合は、最大6人まで使用できるFamilyを選択すると良いですね。

上位のプランは、使える機能も多くなります。以下のDropbox公式ページから、有料プランの詳しい機能を確認できます。

参考 >> Dropbox公式 すべての機能を比較

Basic(無料)に向いている人

ではここから、それぞれのプランに向いている人を解説します。

Basicに向いている人のポイントは、以下2つです。

  • とりあえずDropboxを試してみたい
  • チームでDropboxを使うことになった

とりあえずDropboxを試してみたい

無料版に最も向いているのは、「Dropboxをとりあえず使ってみたい」というひとですね。

やはり、いきなり有料版を使うのは抵抗があります。そんなとき、お試しできる無料版は助かります。

Dropboxの基本操作は、パソコン上の指定したフォルダへデータを出し入れするだけ。使い勝手は、無料版で十分に体験できます

Dropboxの基本的な使い方は、以下の記事にまとめてあります。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxの使い方とメリットを解説【初心者にもわかる】

チームでDropboxを使うことになった

2つ目は、Dropboxをチームで使うことになった場合です。

Dropboxの機能の1つに、共有フォルダがあります。Dropboxの特定フォルダに、複数人がデータの出し入れをできる機能です。

チームとしてDropboxを使用することになったら、共有フォルダを使用すると思います。共有フォルダは、無料のBasicでも使えます。

共有フォルダの使い方は、以下に詳しく書きました。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropbox「共有」の特徴と使い方【チームで共同編集】

Plus(有料版)に向いている人

有料版のDropbox Plusに向いているひとのポイントは、以下2つです。

  • 複数端末を使う人
  • パソコンの容量を節約したい人

複数端末を使う人

最も向いているのは、複数端末を使う人です。

Dropbox Plusの容量は、2TBあります。2TBあれば進行中のデータをほぼすべて入れることができ、Dropboxで同期してあらゆる端末からデータを使えます。

複数端末を使っている人は、容量の豊富なDropbox Plusを使うことで、作業効率をアップできます。

パソコンの容量を節約したい人

2つ目はスマートシンクを利用しての、パソコン容量の節約です。

Dropbox有料版の便利な機能が、スマートシンク。スマートシンクはパソコン上に仮想ファイルを置いて、データをオンラインのみに保存できる機能です。

使う見込みのないデータをオンラインのみに上げれば、パソコンの容量を減らせます。

必要なときは、パソコン上の仮想ファイルをダブルクリックするだけ。すぐにダウンロードが開始されます。

まとめ

以上、DropboxのBasic(無料版)とPlus(有料版)の比較でした。

大きな違いは、以下2つです。

  • 容量の違い(2GBと2TB)
  • スマートシンクを使えるかどうか

お試しで使ってみるならBasicを、仕事でがっつり使うならPlusを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました