Dropboxの3種類の共有方法を解説【最適なやり方を選ぶ】

仕事ツール

Dropboxは、データの共有を簡単にできます。しかも種類は3つ。

3種類それぞれに利点があるので、最適なものをその都度、使い分けていきましょう。

そこでこの記事では、Dropboxの3種類の共有の特徴を詳しく解説します。

スポンサーリンク

Dropboxの3種類の共有方法を解説【最適なやり方を選ぶ】

Dropboxの共有方法は、以下の3種類です。

  1. 共有
  2. リンクをコピー
  3. Transfer

それぞれ、以下のような特徴があります。

1. 共有

共有の特徴は以下です。

  • ファイルやフォルダを共有できる
  • 共有する人を、「編集可能」としてメンバーにできる
  • 共有フォルダで最新情報を共有できる

「共有」は、複数でデータを共有する際に利用します。

例えば「share」というフォルダを、共有フォルダに指定したとします。

「share」に新しいデータを入れたり、データを編集したりすると、メンバーのフォルダも最新に更新されます。

「共有」の詳しい解説記事

「共有」の使い方は、以下の記事に詳しくまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropbox「共有」特徴と使い方【チームで共同編集できる】

2. リンクをコピー

「リンクをコピー」の特徴は以下です。

  • 対象データのリンクをコピーして送信するだけと手軽
  • 相手方はDropboxアカウントがなくてもダウンロードできる
  • 送信後にデータを変更できる

「リンクをコピー」は、すばやくデータを送りたいときに適しています。

データを右クリックして、「リンクをコピー」をクリックするだけ。あとはメールなどにコピペすれば、相手方はダウンロードできます。

相手方は、Dropboxアカウントを持っていなくてもダウンロード可能です。

またDropbox内のデータのリンクを共有するため、元データを変更すれば、相手方がダウンロードするデータも変更されます。

送信後にデータの変更や削除をできるので、安心して使えますね。

「リンクをコピー」の詳しい解説記事

「リンクをコピー」の使い方は、以下の記事に詳しくまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxリンクをコピーの使い方【ファイルを簡単に共有】

3. Transfer

「Transfer」の特徴は以下です。

  • コピーを送るので、送信後データを削除したり移動しても良い
  • 相手方がダウンロードしたかどうかをチェックできる
  • 相手方はダウンロードにDropboxのアカウント不要

「Transfer」は、Dropboxに上げてあるデータのコピーを相手方へ送ります。

そのため元データを削除したり移動したりしても、相手方は影響を受けません。

また「リンクをコピー」と同じように、ダウンロードにDropboxのアカウントは必要ありません。

相手方がダウンロードしたかどうか、データを閲覧したかどうかも確認できます。

「Transfer」の詳しい解説記事

「Transfer」の使い方は、以下の記事に詳しくまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropbox Transfer使い方【ダウンロードしたか確認できる】

まとめ

以上、Dropboxの3つの共有方法の解説でした。

特徴をひとことで伝えるなら、以下のような感じです。

  • 「共有」…チームで共有フォルダを使いたい
  • 「リンクをコピー」…送信後にもデータを変更したい
  • 「Transfer」…相手がダウンロードしたかどうか知りたい

それぞれの特徴をいかして、Dropboxでデータ共有をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました