Dropboxリンクをコピーの使い方【ファイルを簡単に共有】

仕事ツール

Dropboxには、データの共有方法が3つあります。

なかでも「リンクをコピー」は、Dropbox内のファイルのリンクを送信するだけと簡単です。受信者はDropboxアカウントなしで、ダウンロードできます。

そこでこの記事では、Dropboxの「リンクをコピー」のやり方を解説します。

スポンサーリンク

Dropbox共有方法の3種類の違い

Dropboxの共有方法は、以下の3種類です。

  1. 共有
  2. リンクをコピー
  3. Transfer

この記事では、「2. リンクをコピー」を解説します。

3種類あるDropboxの共有方法の違いは、以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxの3種類の共有方法の違い【最適なやり方を選ぶ】

「リンクをコピー」の特徴

「リンクをコピー」の特徴は以下です。

  • 対象データのリンクをコピーして送信するだけと手軽
  • 受信者はDropboxアカウントなしでもダウンロードできる
  • 送信後にデータを変更できる

すぐにデータを共有したいと思ったら、この「リンクをコピー」が最も簡単です。受信者にDropboxアカウントの必要なし。

データ送信後に、データの変更や削除ができるのも安心ですね。

Dropboxリンクをコピーの使い方【ファイルを簡単に共有】

ではここから、「リンクをコピー」の使い方を解説します。データだけでなく、フォルダ単位でも送信可能です。

パソコンから送信

まずは、パソコンで「リンクをコピー」を使う方法です。パソコンで使うには、Dropboxのデスクトップ・アプリが必要です。

Dropboxのデスクトップアプリのダウンロードは、以下のページに詳しくやり方を書いています。合わせて参考にしてみてください。

>> Dropboxのメリットと基本的な使い方を解説【初心者向け】

送信したいファイルを右クリックし、展開したメニューの「Dropbox リンクをコピー」をクリックします。

右クリックして、「Dropboxリンクをコピー」をクリック
右クリックして、「Dropboxリンクをコピー」をクリック

コピーしたリンクを、共有したい相手へメール送信すればOKです。

ウェブブラウザから送信

ウェブブラウザで送信するには、Dropbox公式サイトにログインします。

送りたいファイルをポインタでホバーすると、右端に「リンクをコピー」が表示されるので、それをクリックします

ポインタをホバーして表示された「リンクをコピー」をクリック
ポインタをホバーして表示された「リンクをコピー」をクリック

リンクが作成されたら、「リンクをコピー」をクリック。このコピーしたリンクを送信すれば、オッケーです。

表示された「リンクをコピー」をクリック
表示された「リンクをコピー」をクリック

スマホから送信

スマホから「リンクをコピー」を使うには、Dropboxのスマホアプリをダウンロードします。

Dropbox: ファイル、写真、動画用クラウドドライブ

Dropbox: ファイル、写真、動画用クラウドドライブ

Dropbox, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリを起動したら、画面下の「ファイル」タブをタップし、送りたいデータの右端の「…」をタップします。

送りたいデータの「…」をタップ
送りたいデータの「…」をタップ

画面下から出てきたメニューの「共有」をタップ。

「共有」をタップ
「共有」をタップ

展開したメニューの「リンクを共有」をタップ。

「リンクを共有」をタップ
「リンクを共有」をタップ

メールやLINEなど送りたい方法を選び、リンクをペーストして送信します。

送りたい方法を選んで、ペーストして送信
送りたい方法を選んで、ペーストして送信

Dropboxアカウントなしでも、ダウンロード可能

メールを受け取った人がリンクをクリックすると、ブラウザのDropboxが開き送信したファイルが表示されます。

ダウンロードは、「Dropboxに保存」か「ダウンロード」をクリックします。

リンクをクリックするとDropboxの画面が開く
リンクをクリックするとDropboxの画面が開く

ダウンロードは、送信先がDropboxに登録していなくてもできます。送信先がDropboxにログインしている場合は、そのままDropbox内へダウンロード可能です。

送信後に、データを変更できる

「リンクをコピー」は、Dropbox内のデータのリンクを送ります。そのため元データを変更すると、送信先がダウンロードするデータも変わります。

リンクを送ったあとに、「データを変更したい」と思えば、元データを変更すればオッケーです。送信先がリンクをクリックすると、変更されたデータがダウンロードされます。

元データを削除すれば、リンクも削除となる

同じ理屈で元データを削除したり別の場所へ移動したりすると、送信先がリンクをクリックしても「このアイテムは削除されています」と出てダウンロードできなくなります。

リンク元のデータを削除したり別の場所へ移動すると、リンクをクリックしてもダウンロードできない
リンク元のデータを削除したり別の場所へ移動すると、リンクをクリックしてもダウンロードできない

メールを送ったあとに、データを変更できたり削除できたりするので便利です。

まとめ

以上、Dropboxの「リンクをコピー」の解説でした。特徴は以下の通りです。

  • 対象データのリンクをコピーして送信するだけと手軽
  • 相手方はDropboxアカウントなしでダウンロードできる
  • 送信後にデータを変更できる

大きな容量のデータでも、右クリックしてコピーしたリンクを送るだけで完了します。簡単にファイル送信できますね。

Dropboxに登録し、「リンクをコピー」を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました