なぜ夜中にルンバが勝手に動き出すのか?原因を特定

ルンバ 時短家電

ボタン一つで、お掃除をやってくれるルンバ。

とても便利なロボットですが、掃除機だけあって稼働中はそれなりにうるさいです。

そのためルンバは外出中に稼働させることが多いのですが、夜中に突然動き出す事態に遭遇しました。
しかも何度も。

夜中にルンバが動き出すと、安眠妨害も甚だしい。

調べたところ、ルンバの内蔵時計が狂っていたことが原因でした。

正確なはずの内蔵時計が、なぜおかしくなったのか?

なぜ夜中にルンバが勝手に動き出すのか?原因を特定

ことの発端は、旅行から帰ってきた日です。

一週間ほど家を空けて戻ってみると、ルンバが部屋の隅で息絶えていました。

いつもルンバを、14時にタイマーしていました。
旅行中もタイマーの時刻通りに稼働し、ホームへ戻る前に充電の切れた日があったのでしょう。

ルンバを充電スポットへ設置したところ、その日の夜中に突然動き出したのです。

セットしているはずの14時には稼働せず

最初は誤作動かと思いましたが…。
3日連続で夜中に動き出したため、「さすがにこれはおかしい」と調査してみることに。

ちなみにその日以降、タイマーセットしているはずの14時には、動き出しませんでした。
その時点で、原因に気づけばよかったです。

原因は内蔵時計の狂い

夜中に突然動き出すのは、どう考えてもタイマーが悪さしているとしか思えない。
そのため、とりあえずセットしていたタイマーを切りました。

次に内蔵時計を調べてみたら、なんと12時間ぐらい狂っていました。

ルンバが夜中に突然動き出すようになったのは、内蔵時計がおかしくなっていたからでした。

電力が完全に切れると、時計も止まってしまう

これは一週間、家を空けて、充電切れのルンバを放置したのが原因です。

充電切れで動かなくなるのはよくあることですが、それが長期間になると時計を稼働する電力も使い果たしてしまうのです。

その後、充電すると、狂ったままの状態で時計が再スタートし、セットしていたタイマーも狂った時刻(今回の場合は夜中)で稼働してしまうというわけです。

結局、タイマー自体をやめました

そこで時計を正確な時刻に直したところ、ルンバは夜中に動き出さなくなりました。
あっさり解決です。

タイマー機能は、掃除し忘れの防止に役立ちます。
便利な機能ではありますが、旅行など長期不在時にはタイマーをオフにしたほうが良いですね。

ルンバが突然動き出したときは、時計やタイマーが狂っていないか調べてみてください。

定期的な部品交換で、ルンバは生き返る

ちなみにルンバが自力でホームへ戻れないケースが頻発したら、バッテリーの寿命です。
ルンバのバッテリーは3年ほどで寿命がきます。

バッテリー交換は、裏蓋を開ければ簡単にできます。

以下にルンバのバッテリー交換について書きました。
合わせて参考にしてみてください。

>> ルンバがホームへ戻らなくなったら、バッテリー劣化を疑おう

また、フィルターなどパーツが劣化してきたら、新品の部品へ取り替えるのをおすすめします。
取り替えたときの様子は、以下の記事をどうぞ。

>> 【お手入れ】お掃除ロボット・ルンバのパーツ買い替えたら生き返った

タイトルとURLをコピーしました