PR

【効果の高い】おすすめモーニングルーティンを12個紹介

習慣

朝の時間をどう使うかは、とても重要です。

脳は寝ているときに、前日の出来事を整理してクリアにします。朝に作業すると、効率よく進められるのはそのため。

脳がクリアなので、再起動したパソコンのように処理能力が1日で最も高いのです。

そんな貴重な朝の時間を有効に使う、「おすすめモーニングルーティン」を12個紹介します。

効果の高いモーニングルーティンで、一日のスタートにブーストを掛けましょう。

スポンサーリンク

おすすめモーニングルーティンを12個紹介

紹介するモーニングルーティンは、大きく以下2つにわけられます。

それぞれ6つずつ、おすすめモーニングルーティンを紹介します。

頭と体が目覚めるモーニングルーティン

最初は頭と体が目覚める、おすすめモーニングルーティンです。

「朝の過ごし方で、その日のすべての調子が決まる」といっても過言でないです。以下6つがあります。

  1. スムーズなしで起きる
  2. 一杯の水を飲む
  3. ご褒美を用意する
  4. ラジオ体操する
  5. 家の周りを散歩する
  6. ヨガをする

1. スムーズなしで起きる

アラームには止めた後に鳴り始める、スムーズ機能が付いています。目覚めた直後は頭が働かず、「もう少しだけ寝よう…」とスムーズ機能を使いがち。

しかしスムーズは使わず、セットした時刻で起きるようにしたほうが良いです。

自分との約束を守り、朝から自己肯定感を高く保つ

アラームは、前日の自分との約束です。「この日に起きよう」と前日の自分が未来の自分と約束し、アラームをセットしたのです。

その約束をスムーズ機能で反故にすると、「自分との約束は破ってもよい」と脳が覚えます。

他の誰より信頼すべきは、自分自身です。その信頼を、スムーズ機能ひとつで裏切ることになります。その結果、朝一番から自己肯定感を下げてしまいます

アラームが鳴ったらきっぱり布団から出て、「今日も良い日になるぞ!」と1日をスタートしましょう。

2. 一杯の水を飲む

人間は寝ているとき、500ml以上の水分を汗や呼吸で失います。朝起きたときに、すでに軽い脱水状態にあるといっても良いです。

朝起きてまず最初に、コップ一杯の水を飲む。それだけで全身に水分が行き渡り、身体が目覚めます。腸を刺激するため、お通じも良くなります。

3. ご褒美を用意する

布団からなかなか抜け出せないなら、起きたあとのご褒美を用意するとよいです。

コーヒーやチョコレート、美味しい朝食があると思えば、布団から出るモチベーションが高まります。

コーヒーやチョコレートなどカフェインは脳を活性化するし、ホテルのような美味しい朝食があると思えば、朝の楽しみが増えませんか?

嫌々起きるより楽しみな気持ちで起きた方が、目覚めが良いです。

前日の夜のうちにご褒美を用意し、朝がくるのを楽しみに眠りにつきましょう。

4. ラジオ体操する

朝は、体がまだ眠っている状態です。コーヒーなどで覚醒させるのもいいですが、ラジオ体操すると一発で目覚めます

ラジオ体操は、日本人なら誰しも経験あるはずです。あのリズミカルな音楽を聞けば、勝手に体が動くほど染み付いているでしょう。

筋肉を適度に動かすことで自律神経が整い、代謝が上がって体が目覚めます。

YouTubeには、NHKのラジオ体操の動画がアップされています。YouTubeのライブラリに保存して、早速、明朝からやってみましょう。

無理せず、適度に体を動かす

ただし起きてすぐ激しく体操すると、体をいためる危険があります。あくまでもラジオ体操は、体を目覚めさせるのが目的。

体操は起きてしばらく経ってから、適度な動きで行なうのが良いです。

5. 家の周りを散歩する

在宅勤務なら、ぜひ仕事前にやってほしいのが散歩です。朝起きたら、まず外の光を浴びる。それが、心にも体にもいちばんです。

通勤があれば強制的に陽の光を浴びますが、在宅勤務は家から一歩も出ず仕事をスタートしがち。

10分程度でも家の周りを散歩すれば、セロトニンが活性化して1日のパフォーマンスがアップします。

体内時計が正常に戻るため、夜の寝付きもよくなりますね。

6. ヨガをする

深い呼吸をしながらゆったり体を動かすヨガも、運動と同じように体を目覚めさせる効果があります。

ヨガをすることで、睡眠時に活発となる副交感神経が交感神経へ切り替わります。

血流が促進し血圧や体温が上昇し、脳が目覚めます。骨盤矯正もされるので、ヨガをした後は体が軽く感じます。

5分間だけでも十分な効果があるので、モーニングルーティンに組み込んでみましょう。以下は5分で体がスッキリする、朝ヨガのおすすめ動画です。

B-life YouTubeチャンネルより

自分を成長させるモーニングルーティン

後半は自分を成長させてくれるモーニングルーティン6つです。毎日やることで、数年後には良い変化を実感できます。

  1. モーニングページを書く
  2. 瞑想をする
  3. 1日の予定を組む
  4. ブログを書く
  5. 本を読む
  6. 勉強する

1. モーニングページを書く

モーニングページとは、ノート3ページ分に思いつく限りの文章を書くワークです。

モーニングページは、心の奥底に眠っている気持ちを浮かび上がらせます。

毎日続けると「やりたいことが実現する」と言われている、その名の通り朝に適した習慣です。

やり方や効果など、詳しくは以下の記事にまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> モーニングページでやりたいことが明確に【2カ月の効果】

2. 瞑想をする

10分程度、瞑想するのもオススメです。

脳は常に何かしらを考えています。いつも雑念がある状態では、心が落ち着きません。

瞑想することで頭がクリアになり、集中力が高まります。小さなことに反応しなくなり、気分が穏やかに。生産性もアップします。

瞑想については、以下の記事に詳しくやり方を書いています。参考にしてみてください。

>> 瞑想で脳を休ませる【つい不安なことを考える人に効果的】

3. 1日の予定を組む

「今日はあれをやって、これをやって…」と頭の中で段取りを組むと、脳のメモリーを無駄に消費します。起床後に、1日のスケジュールを書き出してしまいましょう。

スケジュールを立てる際は、「緊急ではないが重要なこと」の時間をしっかり確保するようにします。

それを意識せずスケジュールを組むと、1日の多くが緊急な用事で埋められます。

緊急ではなく重要なことを予定に入れる

緊急な用事は、あなたにとって緊急なのではありません。それを頼む人にとって、緊急なのです。

「緊急なこと」に忙殺されると、自己成長のための時間を確保できません。

スケジュールに自己成長の事柄を組み込み、未来の自分とって重要なことを積み上げていきましょう。

以下の記事に、デジタルカレンダーを使った効果的な予定の組み方をまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>> Mac純正カレンダー効果的使い方【通知・色分け・繰り返し】

4. ブログを書く

朝の時間に、文章を書くのもおすすめです。それもモーニングページのような自分のためのものでなく、ブログなど発信するものを書くのです。

発信を前提に執筆すると、表現をわかりやすくしたり、論理的に考えたり、そのことについて詳しく調べたりと、自分の考えが先鋭化します。平たくいうと、頭が良くなります

文章の執筆は、夜より朝が断然よいです。夜の疲れた脳で書くより、何倍も速く質の高い文章を書けます。

以下の記事に、ブログをやるメリットをまとめています。合わせて参考にしてみてください。

>>ブログをやる11のメリットを解説【収益化・身につくスキル】

5. 本を読む

本はコスパの高いツールです。ビル・ゲイツの考えを直に聞く機会はほとんどの人が持てませんが、彼の考えをまとめた著作なら2,000円前後で手に入ります。

特に朝に読むなら、人生の指針になるような影響力の高い本がよいです。

すでに内容を知っていても、良書は読み返すたび新しい発見や響く言葉が見つかります。朝に15分でも読むだけで、自分の生き方を見つめ直せます。

6. 勉強する

朝に勉強するのも効果的です。

資格取得やTOEICのスコアアップなどでも良いですし、仕事に直結するプレゼンや営業トークなども本や動画から学べます。

自己成長には、継続的な勉強が大切」そうわかっていても、夜は疲れて勉強しても頭に入ってきません。

電話やメッセなど邪魔が入らず頭がクリアな朝は、勉強に最も適しています。

まとめ

以上、おすすめモーニングルーティンを12個紹介しました。

頭と体が目覚めるモーニングルーティン

  1. スムーズなしで起きる
  2. 一杯の水を飲む
  3. ご褒美を用意する
  4. ラジオ体操する
  5. 家の周りを散歩する
  6. ヨガをする

自分を成長させるモーニングルーティン

  1. モーニングページを書く
  2. 瞑想をする
  3. 1日の予定を組む
  4. ブログを書く
  5. 本を読む
  6. 勉強する

これらすべてを組み込むのは難しいですが、気になったものがあれば1つでもやってみてください。朝の過ごし方が確実に変わります。

貴重な朝の時間を、有意義に使っていきましょう。

created by Rinker
¥1,811 (2024/04/21 03:00:56時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました