Mac純正カレンダー効果的使い方【通知・色分け・繰り返し】

Mac・iPad

カレンダーの使い方ひとつで、生活がかわります。

スケジュール管理に欠かせないツールといえば、カレンダーです。
特にスマホやパソコンのカレンダーは、入力や削除を簡単に行えるので便利。

Mac・iPhone・Apple Watchなどアップル製品を使っているなら、Macの純正カレンダーがおすすめです。

Appleのカレンダーは、「通知・色分け・繰り返し」の3つの機能が便利です。

そこでこの記事では、Macのカレンダーで生活を快適にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

Mac純正カレンダー効果的使い方【通知・色分け・繰り返し】

ここでひとつ質問です。
カレンダーの予定には、何を書き込んでいるでしょうか。

もし割り込んできた予定だけを入れているなら、その考えを180度かえてみてください。

カレンダーには「自分の行動」を入れる

もちろん、忘れないように割り込みの予定を入れるのも大事です。それ以上に大切なのが、自分の行動の入力です。

それも「自分の行動のすべて」を入力するのです。
それこそ朝の支度時間から、通勤のための移動時間、ランチ、入浴などすべてです。

入力のポイントは、以下3つです。

  1. 通知をペースメーカーにする
  2. 色分けで、自己成長の時間を作る
  3. 繰り返し機能を使う

ひとつずつ解説します。

1. 通知をペースメーカーにする

カレンダーに予定を入力する前に、通知の設定をします。通知は、以下から設定できます。

環境設定 > 通知 > イベント

Mac カレンダー
環境設定から、通知を設定をしておく

おすすめは、イベントの5分前です。

5分前に通知設定すると、「朝食・移動・ランチタイム…」と予定ごとに、Apple IDで紐づけているiPhoneやApple Watchへ通知が届きます。

「そんな毎日のルーティンは、わざわざカレンダーに入れなくてもわかるよ」と思われるかもしれません。

自分の行動をカレンダーに入れる理由は、忘れなくするためではありません。
生活のペースを乱さないために行うのです。

カレンダーの通知が、あなたのペースメーカーになる

マラソン選手は、走っているときに腕時計を見てペースを確認します。

それと同じように、その日の予定を順調に過ごせているか、カレンダーの通知をもとに確認していきます。

通知よりも何かの予定が遅れているなら、次の日から「これは思ったより時間がかかるから、もっと余裕を持とう」と調整ができます。

その結果、自分が最も快適に過ごせる生活のリズムを、自然とつかめます。

つまりカレンダーの通知機能が、あなたに寄り添うコーチの役目をするのです。

2. 色分けで、自己成長の時間を作る

カレンダーに書いている予定は、項目別に色分けをします。色分けの仕方は、以下のとおりです。

【色分け項目を作成】
ファイル → 新規カレンダー → 好きな名前を付ける

【予定を色分けする】
新しく予定を入力するときに、プルダウンメニューから項目を選択する

Mac カレンダー
予定を入力するときに色分け設定する

自分の行動は、4つに分けられる

色分けの項目に必ず入れてほしいのが、「自分自身」の時間です。

自分の行動は、「緊急度」と「重要度」によって、以下の4つに分けられます(書籍『7つの習慣』より)。

  • 【第一領域】緊急かつ重要
  • 【第二領域】緊急ではないが重要
  • 【第三領域】緊急だが重要ではない
  • 【第四領域】緊急でも重要でもない

カレンダーを意識せずに使うと、多くの人が第一領域と第三領域で予定を埋めてしまいます。

第一領域と第三領域のほとんどは、周りから求められることです。

「あれを明日までにやってほしい」「今日中にあれを用意して」と、周りの人はどんどん頼み事をしてきます。

それら周りからのオーダーばかりやっていると、充実感はあるかもしれませんが、いつまで経っても成長できません。

第二領域の時間を確保する

そこでカレンダーの色分けを利用し、第二領域の「緊急ではないが重要」を意識的に増やすようにします。

「意識的に増やす」がポイントです。

第二領域は緊急ではないため、カレンダーに入力しないと腰が上がりません。

例えば「英語の勉強を毎朝8時から」「会計の勉強を12時半から」など自分の将来に役立つことを予定に入れて、通知が来たらそれを自動的にやるようにする。

その時間に何か頼まれごとをしても、「予定が入っています」と断るようにする。

そうして自己成長のための時間をカレンダーで確保し、通知にそって毎日、行なうようにします。

3. 繰り返し機能を使う

日々の行動は、ほとんどが習慣です。

そのため自分の行動は、繰り返し設定で入力の手間が省けます。

繰り返しの設定方法

新規イベント作成時に「繰り返し」をクリックすると、項目が出てきます。

毎日やっていることなら、「毎日」を。
毎週やっていることなら、「毎週」を選択します。

より細かく設定する場合は、「カスタム」を選択します。

Mac カレンダー
カスタムで細かく繰り返し設定できる

カスタムでは、以下の繰り返し設定を行えます。

  • 何日おきに行うか
  • 何週ごとの何曜日に行うか
  • 何ヶ月ごとの何日に行うか
  • 何ヶ月ごとの第何週の何曜日に行うか
  • 何年ごとの何月の第何週の何曜日に行うか

一度、イベントを入れて繰り返しを設定すれば、それ以降、指定した間隔で予定が繰り返し表示されます。

まとめ

以上、Macのカレンダーを使って、生活を快適にする方法を紹介しました。

ポイントは以下です。

  • 割り込みだけでなく、自分の予定も入れる
  • 通知をペースメーカーにする
  • 自分にとって「重要で、緊急でないこと」を意識的に入れる
  • 繰り返し設定で入力を楽にする

カレンダーは主体的に使用すると、大きな効果を発揮します。自分なりにアレンジを加えて、使いこなしてみてください。

created by Rinker
¥1,694 (2023/02/08 13:13:22時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました